マイクラ戦闘地帯NEXT鯖 #マイクラ軍事部 #マイクラ建築

NEWS コーナー

1707 コメント
views
11 フォロー

支部にもあったニュースコーナーだよ。

paeria
作成: 2022/07/27 (水) 10:59:47
通報 ...
  • 最新
  •  
1676
リバティニア 2024/06/24 (月) 06:45:27 修正

チャイニーズ・デモクラシー
連合王国前首相であったエイムズ・ウォーカーが台湾に対する特別軍事作戦の開始を宣言してから一年が経ったこの日。中華連邦首相であるリチャード・T・ウィンストンは正式に、汎太平洋共同体への加盟と民主主義の存続を条件に連合王国からの独立を宣言した。
またこれと同時にウィンストンは建国日である7月22日に初となる国民投票による連邦首相選挙の実施と自身の辞任を表明しており、現在では中国国民党代表である高創明主席が大衆保守主義を掲げ国内右派からの支持を得ている一方で民主進歩党代表として出馬予定の陳遜徳が台湾の高度経済成長と積極的外交を公約に更なる復興を望む若年層からの支持を集めている。

1679
リバティニア 2024/06/25 (火) 22:54:06

チャールズ殿下、ベルリンへ出発
本日午前10時ごろ、エリザベス女王陛下の王配として知られるチャールズ殿下が国際親善の為アルゴン第三帝国首都ベルリンに向け、政府専用機にて出発されたことが明らかとなった。
チャールズ殿下はベルリン到着後、第三帝国の総統であるアドルフ・ヒトラー氏との面会や晩餐会などを予定されており、2日目にはブランデンブルク門を始めとする第三帝国の観光名所を視察する予定である。

1680
アルゴン第三帝国 2024/06/25 (火) 23:07:04 修正 >> 1679
1681
リバティニア 2024/06/25 (火) 23:31:10 >> 1680
1682
ルビコニアンデスモル 2024/06/30 (日) 03:03:19

モルトラヴィス帝国、アルゴン政府の参戦受諾
モルトラヴィス帝国政府は、アルゴン第三帝国によるサウジ侵攻への参戦要請を受諾しサウジアラビア現地政府へ宣戦布告した。イラク内戦後、南部に駐留していた「イラク停戦監視軍」がイラク国境を越えてサウジへと進出し戦闘を開始したと思われる。以降、現地のアルゴン軍と共同してサウジ攻略を行うものとみられており、冷戦が終結した今、中東情勢を不安視する声も少なくない。

1683
リバティニア 2024/06/30 (日) 14:42:18

サウジアラビア戦争
アフロイジア・ベフラィエンら約40名の活動家が殺害され、ECSC諸国がサウジアラビア王国に宣戦布告し始まったサウジアラビア戦争の知らせはすぐに世界中に広がった。
同じくイスラム圏であるイラン民主共和国最高指導者のムクタフィー師とクルディスタン人民共和国大統領のメッシュ氏はアルゴン第三帝国を始めとするECSC諸国を最も強い言葉で非難しており、サウジアラビアに対する物資支援を約束している一方、イラク内戦で本格的介入の姿勢を見せていた連合王国首相のテイラー氏は今回の軍事侵攻に対し在留邦人の撤退や難民救助などは行うとコメントしているものの戦争に関しては不介入を表明している。

1684
唐揚げ指令 2024/06/30 (日) 16:25:47 2ceb4@306ea

合衆国政府、アルゴン政府からの要請を受諾
レッドオーシャン政府はアルゴン政府のサウジアラビア王国への軍事作戦の介入要請を受諾、サウジアラビア王国への宣戦布告を発することを決定、今日未明に宣戦布告文をサウジアラビア王国政府に通達したことを記者会見で発表した。

1685
ルビコニアンデスモル 2024/07/04 (木) 08:30:34 修正

南ア連、LCWSS本格導入を決定
南アメリカ連合共和国政府は、国内の経済の立て直しや失業者対策を目的として、帝国国務省とエレナ・ニーナが共同開発した包括的生涯福祉支援システムを本格的に導入を行うと発表した。「LCWSS(通称∶レコウェス)」は、犯罪者の早期発見だけでなく利益・資源の適切な分配、一般市民への人生設計の提案など様々な分野に対応し国家の総合的な発展を促進させるものと政府は説明しているものの、一部の情報筋などは、LCWSS導入を「監視国家」や「帝国の侵略政策」などと批判している。
南ア連成立後間もなく、一部都市圏ではLCWSSの部分的な導入が行われ大きな治安回復が見られたことが今回の全国での本格的導入決定に繋がったとみられる。

1686
リバティニア 2024/07/05 (金) 21:11:24 修正

西方方面軍が台湾に集結
トラスト侵攻前の緊張が今再び訪れようとしているようだ。本日王立陸軍西方方面軍最高司令官であるウィリアム・ブランチャード元帥は利西方方面軍の全部隊が台湾北部に集結し本格的な軍事演習を開始したことを表明した。
今回の軍事演習は近年行われてきた連合王国軍の中でも最大規模のものとなっており、現地のトラスト侵攻が終わった今、サウジアラビア戦争によるECSC諸国への対抗の意味があると予想する人々がいる一方で一部の戦争ジャーナリストは今回の軍事演習の理由について時々飛び込んでくるトラストのストライキをはじめとする政情不安に関わってきているのではないかと予想している。
また中華連邦に住む多くの市民達は今回の西方方面軍の動きに対し警戒感を持つ人々も少なくなく、定期会見時には連合王国のアーキンソン国防大臣は記者団からの質問に対しノーコメントを貫いている。

1687
まだ考えない人 2024/07/05 (金) 21:40:55 修正

福州市で地下トンネル発見
今日2024年7月5日、トラスト共和国の福建省福州市で下水道の工事中に地下トンネルが発見された。
この地下トンネルは最近作られた物だとみられており、密輸ルートの1つと予想されている。
また現地警察は他にも数本のトンネルがあると予想しており、現在対応に追われている。
写真:発見された地下トンネル。
画像1

1688
あーねむ 北米独立国家連合 2024/07/06 (土) 07:45:10

IFA社 セントリオル・ユニオン加盟へ
 北米最大の個人携行装備製造メーカーであった
IFA社(インターナショナル・ファイアー・アームズ)は今日付でセントリオル・ユニオンに加盟することを発表した。国内最大手軍需企業であったIFAはユニオンの北米市場参入により年々業績を悪化させており、先月の北米陸軍正式採用ARトライアルでは、ユニオン製のAR-17がIFAのPKR-556に勝利してM17として採用されており、その影響もあって吸収された形となった。これにより国内の軍事産業はユニオンが独占していることとなり、競争力の弱体化などが危惧されている。

1689
オーガスレリア連合王国 2024/07/07 (日) 18:20:31

オーガスレリア軍、サウジに宣戦布告
今朝、オーガスレリア政府は会見でECSC諸国に呼応する形でサウジアラビア政府に対し宣戦を布告した。
布告後オーガスレリア軍と見られる機甲大隊規模の戦車部隊を含む大部隊がイラクからサウジアラビアへと越境したことが確認された。
また、オーガスレリア空軍はサウジ首都近郊の軍事施設を空爆したと発表。戦闘のさらなる激化が懸念される。

1690
アルゴン第三帝国 2024/07/08 (月) 00:41:54

チャールズ王婿 ベルリン訪問

本日正午。利国王婿チャールズ殿下が首都ベルリンへ到着し厳戒態勢の引かれる中、盛大なるパレードを持ってして栄光ある我らが(ライヒ)へと迎え入れられた。

総統閣下はチャールズ殿下と握手を交わした際「貴殿の到着を私を含め、この国にいる全ての人々が心待ちにしていた」と述べられている。

午後からは政府高官を交えた晩餐会等も予定されており両国間関係改善の一助になるであろうと期待が寄せられている。

▽パレードにて民衆へと手を振る総統閣下 チャールズ殿下

狙い:
冷戦時に撒いたプロパガンダの影響で、アルゴン国内には決して少なくない反利感情が残っており今回、訪問したチャールズ王婿を『知的かつ理解力があり、アルゴンへ歓迎するに相応しい人間』として宣伝することによって今後、利国との外交を行う際に起こりうる国内の反発をできるだけ少なくしようとする狙いがあります。

1691
リバティニア 2024/07/14 (日) 11:50:24

台湾首相選挙、2週間前に迫る
7月22日の中華連邦の独立に伴う首相選挙はついに2週間前に迫っている。
現時点で首相選への出馬を表明しているのは老年層から支持がある中国国民党主席の高創明氏、自由主義を掲げる自由民主党党首の宋倫譜氏、若年層からの支持が高い民主進歩党代表の陳遜徳氏、中道右派である中国民衆党党首の郭栄範氏の計4名であり、台北、高雄、台中などの大都市では候補者達が大規模な街頭演説を行う中、高氏につぎ支持を獲得している陳氏は演説において次のように述べた。
「民主主義を『人民の人民による人民の為の政治』とするならば何故今諸君ら人民が改革を望んでいるのにそれを実現しようとしないのか。私は民主進歩党の代表として改革派の最前線に立ち民主主義の実現の為に動く事を約束しよう」

1692
アルゴン第三帝国 2024/07/14 (日) 22:19:23

アルゴン軍 侵攻を開始
13日未明、アルゴン第三帝国陸軍がイラク、サウジアラビア間の境界を越境しアラー、トゥライフを初めとした北部国境州の地域へ対し侵攻を開始したことが確認されました。前線付近の街では既に民間人の死者が多数報告されており、サウジアラビア政府は『国際社会での平和実現を大きく揺るがしかねない、極めて身勝手な行為である』と述べ強く批難しています。

欧州ネットニュースより

1693
あーねむ 北米独立国家連合 2024/07/14 (日) 23:35:27 修正

北米独立国家連合 サウジ侵攻へ言及

 昨日夜、北米連合政府は会見で、アルゴン軍を始めとした欧州諸国によるサウジ侵攻へ声明を発表した。内容はサウジ、ECSC双方への自制を求める内容であり、一部からは「日和見的である」と非難されている。また、当社記者による「ICFの派遣はあり得るか」という質問に対しては返答を差し控えている。    NY Times 7/14

1694
オーガスレリア連合王国 2024/07/15 (月) 19:36:05

オーガスレリア軍、メディナ大規模空爆
オーガスレリア王立空軍は発表で、サウジアラビアの都市であるメディナ近郊の軍事施設や市内の対空ミサイルやレーダー、政府施設を目標とし、ステルス爆撃機B−125で空爆を行ったと発表した。現地メディアはこの爆撃により軍事施設だけではなく一般施設にも被害が及び、市民に被害が出たと報じた。
一方政府は会見で「今回のサウジアラビアのアルゴン帝国民への暴挙はECSC諸国の安全保障を脅かす行為であり、軍事作戦はは妥当である」とし、世界諸国を牽制した。

1695
オーガスレリア連合王国 2024/07/15 (月) 20:34:20

オーガスレリア軍、メディナ大規模空爆
オーガスレリア王立空軍は発表で、サウジアラビアの都市であるメディナ近郊の軍事施設や市内の対空ミサイルやレーダー、政府施設を目標とし、ステルス爆撃機B−125で空爆を行ったと発表した。現地メディアはこの爆撃により軍事施設だけではなく一般施設にも被害が及び、市民に被害が出たと報じた。
一方政府は会見で「今回のサウジアラビアのアルゴン帝国民への暴挙はECSC諸国の安全保障を脅かす行為であり、軍事作戦はは妥当である」とし、世界諸国を牽制した。

1696
まだ考えない人 2024/07/15 (月) 22:07:41

莆田暴動

「番組の途中ですが、緊急速報をお届けします」

1697
あーねむ 北米独立国家連合 2024/07/15 (月) 22:22:12 >> 1696

始まりましたか…

1698
リバティニア 2024/07/15 (月) 22:38:55

トラストが内戦状態に陥る
中国大陸に再び混乱が訪れた。
どうやら企業父権主義の実験場となっていたトラスト民主共和国が崩壊し、多数の異なる思想を持った勢力が戦い続ける不毛な内戦状態に陥ったようだ。このような事態を招いた明確な原因は数十年とまではいかないもの少なくとも数年は極秘にされるであろうが、多くの専門家の間では統治機構の能力不足の可能性が高いとういう事で意見が一致している。
また連合王国政府は緊急会見で現地の行政長官だった楊煌明氏と各国企業の代表を一時的に軍の保護下に置き、トラスト自警団を始めとする治安維持組織を解体。現状への適応の準備と新しい支配体制の確立を目指しており、利軍は未だ本格介入の姿勢は見せていないが、それも時間の問題と考えられている。

1699
リバティニア 2024/07/15 (月) 22:39:13 >> 1698

画像1

1700
ルビコニアンデスモル 2024/07/16 (火) 18:23:29

CNBZ、トラストから撤退か
バルセロナ=ザリツィア造船公社は、トラストの造船施設や支社施設を売却すると発表し事実上のトラストからの撤退することとなった。
理由として、近日再燃したトラストでの戦闘で支社や造船施設への被害が懸念されること、更に民主共和国の崩壊によりその後の利益が不透明で、損益が大きく上回るとされたことの2点を挙げている。
自社の利益よりも、支社社員の人命を優先するとして、支社社員及びその家族の国籍を問わず、トラスト国外への退避を希望する人へ、帝国本土への避難のための船、航空機を手配しその際に発生する避難費用も本社側が負担するとしている。
同じくトラストに進出したカスティーリャ・イ・レオン先端電子部品製造所も工場の閉鎖及び避難費用の負担を発表しているが、エレナ・ニーナからは声明が発表されていない。

1701
オーガスレリア連合王国 2024/07/16 (火) 21:46:06

オーガスレリア民間企業、トラストから続々退避
オーガスレリア政府は会見で、現在トラストで発生している内戦を受けて邦人の保護・救出のために航空機を手配していることを報じた。またオーガスレリア企業は続々退避・撤退を模索しているものの、その見通しが立たないことからオーガスレリア軍派遣を要望していることを発表した。しかしながら他国の事案であることから正規軍ではなくオーガスレリア国内の民間軍事企業に企業施設の防衛、従業員の保護を委託することを決定した。

1703
グラペジア共産主義共和国連邦 外務省 2024/07/17 (水) 21:02:18

サスペジア、ナルヴィクを占拠
サスペジア革命戦線は、両軍同士の激戦の末、ナルヴィクを占拠したと公に公表した。
現地で撮影された写真には、ナルヴィクから撤退するグラペジア軍が写されており、行軍時の兵力との差から専門家は「地形を熟知する地元兵に包囲される形で攻撃され、多大な損害を被った。また、この戦いでサスペジア側は多くの捕虜と鹵獲兵器を得た可能性が高く、今後の戦闘を優位に進めていくかもしれない」との見解を示していた。
これに関しグラペジア政府は、サスペジア革命戦線を"国家にあだなす逆賊"と表現し、今後も徹底抗戦の姿勢を見せた。

1704
まだ考えない人 2024/07/17 (水) 21:21:40

トラストへの大規模「駐屯」

今朝未明、チェコ政府の発表によって
昨日深夜にトラストへの大規模治安維持作戦が行われたことが明らかになった。
発表によると、市内の主要な空港と港湾にチェコ空挺軍が強行駐屯を行っており、
部隊は軽微の損害を受けたことが報告されている。
また、既にこれらの施設を利用して民間人の退避作戦が始まっていることが発表された。
(写真:市内の空港に展開するチェコ空挺軍のLTvz.83A。)

1705
すりごま[日本] 2024/07/18 (木) 21:42:10

トラスト内戦、日本企業も撤退準備
 先日おきたトラスト内戦の影響を受け、同地へ進出していた日本生物化学工業、東亜自動車廠の二社は撤退を検討していることを発表した。すでに邦人の避難準備は行われており数日以内に準備が完了する予定となっている。

1706
まだ考えない人 2024/07/20 (土) 21:54:57

チェコ軍、トラスト湾岸を制圧か
今日チェコ政府により発表された情報によると、
第12独立自動車歩兵旅団・第9海兵旅団「ヤーラ・チムルマン」を主力とする
上陸軍がトラスト湾岸の主要な港を制圧したことが明らかになった。
発表によると民間人の退避は順調に進んでおり、このままのペースで作戦が進行すれば
内陸部の住民や外国人の救出も可能になるとしている。
(写真:湾岸部を制圧したチェコ空挺軍のBVP-3M1。)
画像1

1707
ただのカカシ 2024/07/21 (日) 23:01:50 修正

クリストン大統領、トラトス内戦への参戦を申し入れ
本日の定例記者会見にてクリストン大統領はチェコ政府、リバティニア政府に参戦要請を申し入れたとのこと。
これによりワルシャワ国際空港には24時間以内に展開可能な第32空挺機械化師団が到着しておりいつでも出撃可能とのこと。