WarThunder Wiki

航空機に関する質問を解決しあうスレ

129 コメント
views
4 フォロー

航空機に関する質問を解決しあうスレ コメント欄 https://wikiwiki.jp/warthunder/自由掲示板/航空機に関する質問を解決しあうスレ

patpat
作成: 2018/05/11 (金) 16:23:53
通報 ...
1
名前なし 2018/05/17 (木) 16:36:15 64404@8eb9a

機体の寸法等は全く変わらず、80kg重くなる代わりに135馬力増えると、全体的に性能は下がるんでしょうか……? 最高速と加速、上昇力は上がって旋回半径は気持ち大きくなる、というくらいの認識でいるんですが

2
名前なし 2018/05/17 (木) 17:26:36 c12cf@16a82 >> 1

えらく数字が具体的だけど何か特定の機体のことを言ってる?

4
名前なし 2018/05/17 (木) 17:36:15 修正 64404@8eb9a >> 2

シーファイア3LFとスピットMkIXです。同高度での馬力で勝るはずのIXが負けてる上、海面高度におけるスピットIXとシーファイア3LFの旋回率がほぼ同等(試算値です)だったので、あれ?と思って

3
名前なし 2018/05/17 (木) 17:34:16 2712b@5261b

WEPって水メタ噴射の事であってる?それで水メタ噴射って何に噴きかけてるの?

5
名前なし 2018/05/17 (木) 18:50:25 c12cf@16a82 >> 3

War Emergency Power(戦時緊急出力)の略だよ。水メタではない。水メタは圧縮された熱い吸気に水を吹きかけて気化熱で温度を下げるもの。吸気温度を下げるとノッキングしにくくなるのでブースト圧を上げられる。ちなみにメタノールは凍結防止のために混ぜられてるだけ

6

WEPってそういう略なのね…水メタはエンジンに噴きかけてるって認識でok?

7
名前なし 2018/05/17 (木) 19:17:26 c3477@5418a >> 5

違う。スーパーチャージャーのローターに向かって噴射する。エンジン外側を冷却しているのではなく、シリンダーに入る吸気を冷却している。

8
名前なし 2018/05/17 (木) 19:19:33 7b6f7@6088f >> 5

エンジンじゃなくて圧縮空気ね。ヴォイルシャルルの法則がいいかな。一応[[参照ページ>http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/therm/kitai/boiru.html]]を

9
名前なし 2018/05/17 (木) 19:29:38 c3477@5418a >> 5

スーパーチャージャーとかターボチャージャーで馬力を稼いでるエンジンは高速回転(大出力)時に、ガソリン混合気が点火栓で点火される前に爆発し始める【ノッキング】を起こすの。ピストンが上死点を超えてからの絶妙のタイミングで点火されないといけないガソリンエンジンでのノッキングは、出力も下がるし、エンジンの大振動を引き起こすの。ノッキングを防止すれば、安心して高速回転させらるから、エンジンの最大回転数が上がって、最大出力が上がるの。

10

同じエンジンでノッキングを防止する方法が四つ有る。一つはノッキングを起こしにくい、ハイオクガソリンを使うこと。二つ目は高速回転時にはわざとガソリン過剰で燃料を送ってガソリンの気化熱で混合気を冷やすこと。三つ目はスーパーチャージャーやターボチャージャーとシリンダーの間に中間空気冷却器をつけること。四つ目が高速回転時に吸気に水を噴射して直接吸気を気化熱で冷却すること。

12

なるほど、ようやく水メタ噴射の意義がわかりましたわ。本当にありがとうございます!(wtボイス)これで熟睡できる。

13
名前なし 2018/05/17 (木) 20:11:57 c3477@5418a >> 5

それぞれの欠点も有るのよ、ハイオクガソリンは化学工業に投資して、良質油の油田を握ったままにしないといけない。中間空気冷却器は重い(つまりもっと馬力が要る)し、ダクトが延びるからスーパーチャージャーやターボチャージャーも大型高回転にしないといけない。ガソリン噴射は燃費くそ悪いし、ガソリンを消費する割には冷えない、しかも排気管出口で未燃のガソリンが燃焼して機体を痛めるし、夜間、敵に発見されやすい。水メタ噴射は使わないときは、エンジン一発あたり100kgは死重が増えることになる。100kg有ったら99式20mm機関砲が余計に積めるからね。

14
名前なし 2018/05/17 (木) 20:16:31 c3477@5418a >> 5

結局、米英は極めて高出力のエンジンにハイオクガソリン。独は高出力エンジンに水メタ。日はやや高出力エンジンに水メタおよび軽量機体。ソ連は高回転過給エンジンを諦めて、運用を低高度高加速に徹する事で戦争を生き抜こうとしたんだね。

15
名前なし 2018/05/26 (土) 21:20:48 67d46@e54db

日本のエンジンの離昇出力のマージンってどれくらいなの? 米軍機、というかマーリンはWEPに5時間くらいのマージンを持ってたらしいけど

16
名前なし 2018/05/27 (日) 09:32:58 修正 13e1c@77b3e >> 15

5分の連続運転を何度かやってテストする、と聞いた事がありますが、詳しくはわかりません。

17
名前なし 2018/05/28 (月) 19:45:19 02732@5261b

P-51とかは急降下して700キロ後半まで行っても平気だけど全金属化されたYak-3でも700前半が限界ってのは、この差はどこで生まれるの?どの部分を頑丈にすれば限界速度を伸ばせるの?

18
名前なし 2018/05/28 (月) 21:29:11 7b6f7@6088f >> 17

一例だけですが簡単に。主翼の桁構造(骨組み)や翼断面形状も関係しますのでただ単に材料強度を上昇させるだけでは限界速度は上昇しないようです。

19

なるほど、翼が大事なのか。

20
名前なし 2018/05/29 (火) 11:09:36 7b6f7@6088f >> 18

更に余談で。胴体含めた一体成型なら強度が上がるのですが接着箇所が無い→部品の更換が出来ない、更には生産にコストが掛かりすぎる等色々問題が出てきます。またYak-3は低空高度(利用基地基点の3000m以下かな)の運用設計なので急降下の耐性は二の次かもしれませんね。対してP-51は爆撃機護衛の運用も見込まれていたので迎撃機へ高高度からの急降下攻撃、一撃離脱による耐性は設計当初から考えられていたと思います。後半は手持ち資料が不十分なので推測部分もあります。あしからず

21
名前なし 2018/05/29 (火) 11:17:05 修正 24af9@792bf

F-4の水平尾翼が少し下に傾いている理由って何だ?

22
名前なし 2018/05/29 (火) 12:09:34 b21d6@3ab48 >> 21

旋回中に、主翼で発生する乱流で、尾翼が失速状態に陥って、アンコントロールになるのを防ぐためじゃなかった?

23
名前なし 2018/05/29 (火) 14:39:14 9ea27@6b489 >> 21

水平な水平尾翼にすると機首上げ操作をしたときに操作した以上に機首が上がるらしい。そのままだとボナるから水平じゃない尾翼になっちゃった。

24
名前なし 2018/05/29 (火) 19:42:19 68d4f@9bac7

史実の航空機エンジン見ると誉11型はブースト+400㎜g、21型はブースト+500㎜Hgってのを見るんだけどこのブーストってどういう意味なん?しかも高度によってまだブーストは+100㎜Hgの余裕があったーとか―100㎜Hgだったーとかなんかのパイロットの話にも出てきてよくわからんのだが…なにからプラスやマイナスしてるの? もしかしてWEPとか赤ブーストみたいなもん?

25
名前なし 2018/05/29 (火) 23:01:32 b21d6@3ab48 >> 24

ブースト圧は空気がエンジンに入るときの圧力 エンジンパワーは燃焼時の膨張によるものだから、圧縮されてるほど、エンジンサイズに対して大きなパワーが出せるけど、オクタン価が低いと自然発火しちゃうリスクが高まる  大気圧が760mmHGなのでそこが±0だったはず

26
名前なし 2018/05/29 (火) 23:24:03 fa277@52524 >> 24

ブースト計はノッキング防止より、エンジンの過負荷やタービンの過回転を防ぐためについているもの。ブースト計が上がるって事は吸気マニホールドに空気が滞留しているってことで、燃焼した燃料の割にエンジン回転数が上がってないということを示す計器。つまりエンジンが回りにくいのに無理やり回してるということ。

27
名前なし 2018/05/29 (火) 23:28:36 fa277@52524 >> 24

何でブースト圧力計なのかというと、エンジン出力計とかトルク計、ターボチャージャ回転数計より構造が簡単で視覚的にわかりやすいから。そんで概算でエンジン設計者がパイロットにブースト圧○○mmHgまでなら大丈夫よ。と伝えておけばいいわけ。飛行機はエンジニア(機関士)乗ってないからこういう少しひねった計器が多いよ。

28
名前なし 2018/05/29 (火) 23:33:20 b21d6@3ab48 >> 27

はえー ありがとう勉強になった

29
名前なし 2018/05/29 (火) 23:52:55 fa277@52524 >> 27

あと、プラスの盤面には赤い塗料が塗ってあるから「赤ブースト」。機体が上昇していくと吸気圧力はどんどん下がる。そこで、スーパーチャージャのギアを切り替えてブロアの回転数を上げる。いわゆる二速のスーパーチャージャがこれ。二速のママ高度を下げると気圧の上昇と共に、高速回転してるブロアの回転負荷が上がってブースト圧も上がってしまうのでギアを下げる。こういうときにも使えるよ。

30
名前なし 2018/05/29 (火) 23:57:44 fa277@52524 >> 27

あと、少し上のツリーでも話題になってるけど、赤ブーストが高い時に水メタが噴射されて、「ブースト圧は下がる」よ。。

31
名前なし 2018/05/30 (水) 01:22:46 修正 68d4f@9bac7 >> 24

じゃあブースト圧がマイナスってのはどういうことなの?ブースト圧が過給機によってエンジンに送られる圧力ってのはわかったけど過給機の回転速度って2段階しかないんでしょ?回転速度が変わらないならブースト圧は変わらないはずだし…高度変化以外にブースト圧って変わるっていうかパイロット側で操作できるものなの?あと2速過給機だったら地表や1速や2速のちょうど最適高度の時のブースト圧って誉だった場合は±0?それとも+500㎜Hg? 

43
名前なし 2018/05/30 (水) 13:27:39 修正 e742c@4adc6 >> 31

自分も最大馬力上がらないと思ってたんだがそれだと誉42型がなんで41型から馬力上がったのか説明出来ないんだよね 1枚目のグラフはどれぐらい酸素注入できるかって話で、海軍も陸軍も7000m以下での酸素噴射の時の馬力上昇のデータ残ってないから誉42型のが正しいのか2枚目の海軍の資料が上がったのかわからんのよ…ちなみに酸素噴射時の馬力上昇具合はほぼ正比例でこんな感じ画像1 吸入空気との重量比に対しては12%までなら酸素濃度が高ければ高いほど馬力が上がるらしいのでもしかしたら1速以下の低空でも馬力上げられるんじゃないかなって疑問に思って聞いたのよね

44
名前なし 2018/05/30 (水) 13:58:34 c3477@9b22f >> 31

低空だと一速使用時に最大出力が出ても、航空機自体の抗力が大きいのでスピードが出ない。これはWTでも再現されてる。

45
名前なし 2018/05/30 (水) 14:01:16 e742c@58d5a >> 31

速度に関しては別に問題にしてないよそこはガイジンが調整すればいいしそもそも資料が残ってない。けど馬力に関してはちゃんとしておかないと通らないのよ…

46
名前なし 2018/05/30 (水) 14:09:23 c3477@9b22f >> 31

酸素噴射装置を付ければ、スペック上の最大出力は上がるんだけど、最大出力を上げたいんじゃなくて最大出力を発揮できる高度とエンジン回転速度が広くなるんだ。そんで一速使用の高度0で離昇時に酸素噴射して出力増強させるような使い方はしないよ。離陸して上昇すれば出力上がってくから。

47
名前なし 2018/05/30 (水) 14:18:02 修正 e742c@4adc6 >> 31

この話で疑問に思ったんだけどそもそも離昇馬力ってなんだ?離陸の時に使う公称馬力馬力よりもさらに上の馬力ってのは分かるけど、一般に数値化されてる離昇馬力って地表で離昇馬力モードにしたときの馬力の事言ってるの?でも過給機持ちって1速と地表なら1速の最適高度のときのが上だから離昇馬力2000馬力のエンジンでも1速最適高度ならそれ以上出せちゃう…?

48
名前なし 2018/05/30 (水) 14:33:32 2ef5e@55fce >> 31

わかってると思うけど、公称出力時の最適高度と離昇出力のそれは違うで

49
名前なし 2018/05/30 (水) 14:43:32 e742c@43f18 >> 31

赤ブースト炊いてる状態、つまり過過給になってる時だから最適高度より高度が低い時?そうじゃなかったら多分わかってないと思う…

50
名前なし 2018/05/30 (水) 17:26:42 c3477@4799a >> 31

木主はどこまでわかってて、何を知りたいんだい?

51
名前なし 2018/05/30 (水) 18:55:08 修正 68d4f@9bac7 >> 31

今知りたいのは誉のブースト圧の曲線がどうなってるのかってこと どれぐらいの酸素を噴射したら出力がどれぐれぐらい上がるかってのはわかってて、栄のデータではあるけどどれぐらいのブースト圧だったらどこまで酸素噴射していいかってのもわかってるから、誉のブースト圧の曲線がどうなってるのかがわかれば誉+酸素噴射装置の馬力曲線が推測できるんじゃないかなぁ…?って 惑星って離昇運転できたっけ…?出してたなら離昇運転の時のブースト圧がどうなってるのかも調べないといけないのか…

52
名前なし 2018/05/30 (水) 18:57:59 修正 68d4f@9bac7 >> 31

って書いてて思ったけど栄と誉ってシリンダーのサイズは一緒だけど耐えれるブースト圧が200㎜Hg近く違うから栄でのデータあっても参考にならないのか…ダメじゃん…

39

この質問と回答者の説明聞くとコマンドゲレートって凄い装置だったんだ再認識できた

000
広告

スポンサーリンク



53
名前なし 2018/06/24 (日) 22:09:51 68d4f@9bac7

機械式過給機って地表と1速の最適高度までって過給機圧って変わらないはずだよな…?なんか防衛研究所で見た栄の馬力曲線だと地上での離昇馬力と1速での公称馬力が同じ過給圧で+250mmHgになってたんだがこれはなぜ…?地表だとむしろ過給し過ぎが問題でバルブから一部逃がさないといけないはずだよな…?

54
名前なし 2018/06/24 (日) 23:25:10 修正 15e53@a9650 >> 53

え? 自分で答え言ってないか?

58
名前なし 2018/06/25 (月) 05:02:40 68d4f@9bac7 >> 54

この理解があってるかどうか知りたいのだ…

62
名前なし 2018/06/25 (月) 09:19:42 15e53@a9650 >> 54

少なくとも俺と理解は一緒です

63
名前なし 2018/06/25 (月) 15:50:48 68d4f@9bac7 >> 54

つまり逃がしすぎのせいで地表では公称だと+250mmHgにならないってことかな?

65
名前なし 2018/06/25 (月) 19:36:01 15e53@a9650 >> 54

おそらく。スロットルバルブで調整してくれてると思うんだけどね

55
名前なし 2018/06/25 (月) 01:16:51 a8d68@2e879

日本がドイツの戦闘機を参考にしたり輸入してテストしたりしたように、ドイツが日本の戦闘機を入手・テストしたりはなかったんですかね?
ドイツから来たパイロットが二式単戦を評価してたそうですが、何か参考にしたりしたのかなと・・・。
そもそもドイツの技術に勝ってる物なんて無かったんでしょうか?

60
名前なし 2018/06/25 (月) 05:14:32 修正 68d4f@9bac7 >> 55

ドイツに勝ってるところというと航続とかそこらへんになるのかな・・・?あとは当時日本は枢軸の中では唯一水冷マグネトロン生産工場を持ってた国家 これがなかったドイツは電探、航空機用電探作るのに大層苦労した あとは空冷エンジンの高高度性能とか?Fw190のエンジンは常にオーバーヒートギリギリ状態だったり5000m以上だとエンジンがバテるからB-17迎撃に無理やりBf109を引っ張り出さないといけなかった ターボチャージャー系はドイツもモノになってなかったしなぁ… それと鍾馗とBf109に関してはお互いすぐにBf109fと鍾馗2型を開発完了させてたから実際にどっちが上か判断が難しいんじゃないかな…?

57
名前なし 2018/06/25 (月) 01:28:18 82790@8094f

史実において、最後に実戦投入されたc3燃料搭載のbf109はf-4型で合ってますか?

59
名前なし 2018/06/25 (月) 05:06:12 68d4f@9bac7 >> 57

Bf109G-14、G-10、K-4は大半がC3燃料指定よ C3が末期ドイツにおける全航空機ガソリンの6割ほどだったみたい B4はFw190Dとかでも使ってたそうだが C3の方がB4よりもいい燃料よ

61
名前なし 2018/06/25 (月) 08:24:21 82790@8094f >> 59

ありがとうございます 高品質燃料が枯渇していたとイメージがあったのですが、末期でもc3燃料が使われていたんですね

64
名前なし 2018/06/25 (月) 19:25:13 15a00@8df22

末期のドイツ軍や日本軍の戦闘機搭乗員の話でよく「飛行時間が少ない未熟な搭乗員が多くなっていた」って話をよく聞きますが、wW2あたりの戦闘機乗りってどれくらいの飛行時間で「使い物になる」ってレベルに到達するんでしょうか?また、「熟練搭乗員」って扱われるようになるのはどれくらいの飛行時間を経てからだったんでしょうか?

66
名前なし 2018/06/25 (月) 20:02:56 修正 15e53@a9650 >> 64

英国だと初等教育で50時間、その後の計器飛行もふくめ計180時間の訓練が必要。そこからさらにハーバード(テキサンのことね)による単独飛行40時間を含めた100時間の訓練課程がある。この300時間いかないくらいでようやく新米のパイロットになれる。その後、部隊で実戦機への転換訓練に100〜200時間位使ったりする。だから英基準だと最低でも400時間くらいは必要。逆にBoB初期の転換ふくめ300時間の訓練課程じゃ足りないとされたみたいだね。作戦時間100時間超えてくると戦闘回数30回超えてくる人が出てくるけど、いわゆるベテランは作戦時間500時間くらいからだったみたい

67
名前なし 2018/06/26 (火) 01:53:35 28e4f@066d5 >> 64

日本海軍の古参搭乗員の視点からだと、飛行時間500時間程度で一人前、1000時間程度でベテランと言う感じだったとか

68
名前なし 2018/07/01 (日) 13:46:06 修正 d1b74@a9650

ごめん、カットして読みなおそうとしたら間違えて消しちゃった。詳述が必要なら質問してほしい。俺の主張は以下の通りです。1.上昇力と航続距離はどちらがより重要と一概には言えない。2.Mk.IX後期型はMk.VIIIとほぼ機体構造が同一。違うのは尾輪と翼内燃料タンクだけ。3.Mk.IX前期型はIとVから最小の設計で換装できるようにしたタイプであるが、Mk.IX後期型はMk.VIIとIXのあいの子的存在である。初飛行はMk.VIIIとほぼ同時期。4.2、3にもかかわらずMk.VIIIの生産ラインはMk.IXよりもはるかに少ない。戦前からシャドーファクトリィをごり押ししてるイギリスにしてはMk.VIIIに対してはあまり意欲的でない。5.ドーバーの制空権確保という点においてドロップタンクが使われる例は少ない。逆に上昇力は最重視された。6.Mk.Vが北アフリカ戦線において始めてドロップタンクを使用したことを鑑みれば、地中海やビルマにMk.VIIIが送られたのも頷ける。7.Mk.IX後期型はノルマンディ以降固定増槽を装備し始めるが、これはヤーボとしての能力を重視された結果による。8.以上より状況や地域によって違うと考えるのが相当である。

78
名前なし 2018/07/18 (水) 00:13:05 d45d6@ab487 >> 68

亀レスだがただ単純に必要な時に必要なだけ数を確保出来たのは9の方で8は少し遅かったがこれが結構印象悪かったのか重用されたのは9で、あと性能もほとんど変わらないみたいだったから尚更みたい。

79
名前なし 2018/07/18 (水) 00:31:44 修正 70f97@a5d81 >> 78

これなんの話? どうしてMkVIIIが本国で使われなかったかって話?

69
名前なし 2018/07/16 (月) 19:26:21 80bed@5e78b

後期大戦機になると同じエンジンでも出力が上がるけど、どうやって気筒を増やさずに出力あげてるの?過給機の性能アップ?

70
名前なし 2018/07/16 (月) 22:26:27 9ea27@a37a3 >> 69

圧縮比を大きくする、工作精度を上げて各部の抵抗を低減する、過給機をいいものにする、使用燃料を質の高いものにする

80
名前なし 2018/07/18 (水) 11:20:06 80bed@5e78b >> 70

圧縮比を上げるのは当時の列強ならどこでもできるけど他はほんと連合有利なのね・・・回答ありがとう!

108
名前なし 2018/12/12 (水) 15:35:16 0ea5c@8f0c9 >> 70

すんごい遅レスだけど...圧縮比をあげるのも簡単にできることではないよ.圧縮比を上げると圧縮する途中で混合気体が発火しやすくなる(ノッキング).これを防ぐには高オクタン燃料を使うしかない.つまり圧縮比を上げるのにも技術と資源が必要となる.とはいえよく言われる高オクタン燃料使えなかったのは日本ぐらいだけど.

71
名前なし 2018/07/16 (月) 23:11:19 10229@84ff4

爆撃機の編隊は弾幕を張るため密集していますが後方乱気流の対策はしていたのでしょうか?

73
名前なし 2018/07/17 (火) 12:23:25 38aa3@729ca >> 71

している。密集と言っても僚機は斜め後ろに高度差をつけて追従してる。編隊単位でも高度差をつけている。同行度で後ろについても数百メートルは離れてるので安全

72
名前なし 2018/07/17 (火) 12:11:09 7ce36@89abf

枢軸国側はオクタン価の低い燃料のせいで高高度性能が劣ってたとか言われているけど、ドイツを例にあげれば直噴エンジンだからノッキングがどうとかって関係ないんじゃないの?

74
名前なし 2018/07/17 (火) 12:32:09 70f97@7631e >> 72

そもそもドイツは連合とそこまでオクタン価変わらない燃料をBf109シリーズに使ってたよ。それに、直噴エンジンだからノッキングが起こらないわけじゃなくて、ノッキング耐性が上がるんだよ。起こりにくくなる。要はガソリンを吹き付けて筒内の温度を下げてるだけだからね。高高度云々は単純に過給器の差だと思う

75
名前なし 2018/07/17 (火) 12:54:37 7ce36@89abf >> 74

レスをありがとう。やっぱり過給器は大事だな

76
名前なし 2018/07/17 (火) 15:17:15 5b4a1@bf10e >> 72

ドイツのC3燃料はオクタン価96なんだが、一定条件下では130相当の性能だそーだ。流石に英米の115/145燃料には負けるが、100/130には匹敵する。あと、Bf109にもB4指定の機体とC3指定の機体が有る。黄色い三角に87って書いてあるマークの付いたやつがB4指定機。高高度性能は過給機の性能の差で、過給機の性能はノッキングとの戦いだから純粋にオクタン価が高い方が有利。同じ水メタ使ってもオクタン価が高い方がブースト圧上げられるから出力が高い。   …間違ってたらスマンね

77
名前なし 2018/07/17 (火) 15:26:27 修正 70f97@a5d81 >> 76

あってると思う。混合気が希薄な時は96オクタン価相当の燃料として振舞って、逆に濃い時は125だか126オクタン価相当の燃料として振舞う。英米の標準的な装備の100/130PN燃料にしても、日本の航空92揮発油にしてもそう。

81
名前なし 2018/08/12 (日) 02:46:16 02b02@9837a

今更なんだけど、ボートゥールみたいな前後メインギアのタンデム式ってどこから接地すればいいの?普通に尻から着いていいの?それとも前後の長さから考えて水平に前から着けた方がいいの?それともアウトリガー込みで4点着陸? ハリアーみたいにメインギア一本足のタンデムなら普通に分かるんだけどな…

82
名前なし 2018/09/11 (火) 04:44:27 51e23@33713

ソ連って戦闘機にあだ名を付ける風習って無いの?LaGGの嫌味半分のあだ名とYakの「美男子」くらいしか聞いたことがない

88
名前なし 2018/09/11 (火) 23:58:43 d45d6@ab487 >> 82

I-16「」I-153「名前あるぞ。」

97
名前なし 2018/09/13 (木) 03:45:39 51e23@33713 >> 88

でもこいつら以降のLaとかYakとか無くね?

98
名前なし 2018/09/13 (木) 12:34:34 4b5fc@bc8f1 >> 82

ソ連だと飛行機は設計局の名前で呼ばれる事が多かったようです。Po-2を歌った軍歌の歌詞を参照すれば分かりやすいかと

83
名前なし 2018/09/11 (火) 12:29:10 d2d34@d883f

メッサーとかラボチキについてる自動前縁スラットってどういう仕組みで動いてるの?

84
名前なし 2018/09/11 (火) 12:40:04 0c20d@93007 >> 83

負圧を検知して動作するらしい

86
名前なし 2018/09/11 (火) 22:42:48 80bed@5e78b >> 83

普段の巡航時には風圧でスラットが押し込まれて主翼とほぼ一体化してるけど、高迎角時には風圧が弱くなってスラットと主翼の間に風が回り込んで動作する…だったはず。

87
名前なし 2018/09/11 (火) 23:45:01 75cf6@cee14 >> 83

気圧というのは間違いで、後者のほうが正しい。まっすぐ飛んでいる=仰角ほぼゼロの時、機体の進行方向(ベクトルの向き)を真左として、主翼を横から見ると「-」のように見える。旋回時には極端に書くと「 \ 」になる。その結果、風が主翼の下に入り込むように当たって、スラットとの隙間に空気が入り込んで展開される。格納時はスラットの上側のほうが面積が大きいから、受ける風圧も多くなって押し下げられる。

89
名前なし 2018/09/12 (水) 00:12:08 修正 c5504@7343b >> 83

自動なんて言ってるけど仕組みはかなり簡単。スラット自体が主翼のように揚力を発生させる形状になってて、飛行機が機首を引き起こすとスラット自体に揚力が発生して前に引き出される。この揚力は前下方からの気流が来た時に前〜前上方に向けて発生するというのがミソで、これで飛行機が引き起こしたりした時だけスラットが出るようになってる。三点着陸時に仰角をとったまま飛行するのをイメージしながら考えると分かりやすいかな?(上枝サンの言う隙間に吹き込もうとする風圧だけではスラットを前に引き出すだけの力にならないんじゃ無いかな…?てかよく考えたらスラットを引き出すだけの風速を隙間に与えると圧力下がって逆に引っ込まない…?

90
枝1 2018/09/12 (水) 01:33:38 修正 0c20d@93007 >> 83

簡単に言うとBf109のスラット、つまりハンドレーページスラットは弱いバネで主翼前縁部分を前後に動かすもの。地上にいるときには抑えているものがないのでバネの力で開いている。速度があるとき、要は静止している空気に翼が突っ込むと、翼の上面の空気は曲げられて伸び気圧が低くなるため負圧が、下面は気圧が高くなり正圧が発生する。その負圧によってスラットは閉じている。だけど、高迎角時には翼に沿って飛んでいた気流が剥離する。その状態だと、それまで負圧により引っ張り上げられていたスラットがバネの力によって押し出されることになる。つまり、バネの力>負圧のときに開く。速度が低い時も同様。だからアレは左右の翼で別々に開いたりすることもあるよ

91
名前なし 2018/09/12 (水) 03:38:55 5b4a1@bf10e >> 83

基本的にはただはまってるだけ。作動原理は上記米参照の事。必要ない時に勝手に出てくると空気抵抗にしかならないから廃れたけどね

92
名前なし 2018/09/12 (水) 04:27:36 a133c@db71f >> 83

せっかくなので聞いてもよろし?-40型セイバーのあれはどういう仕組み?いわゆる現代のフライバイワイヤなどのコンピュータが使われてない(であろう)世代の自動前縁スラット。まさかあれも勝手に出てくるわけじゃないよね?

93
名前なし 2018/09/12 (水) 06:52:21 修正 5b4a1@bf10e >> 92

勝手に出て来る自動スラットだったと思うが

94
名前なし 2018/09/12 (水) 10:35:55 0c20d@d9666 >> 92

セイバーのもハンドレーページスラットだよ。駐機時の写真とか見ればわかるけど、でろんと下がってる

96
名前なし 2018/09/12 (水) 22:14:22 45b15@db71f >> 92

なるほど。ありがとうございます

95
名前なし 2018/09/12 (水) 10:36:00 d2d34@d883f >> 83

はえー、皆さんお詳しい…ありがとうございます

99
名前なし 2018/09/14 (金) 10:38:59 79810@b16e9

ベテランパイロットとエースパイロットの違いって何?ベテランは撃墜数が稼げなくてただ死線を掻い潜ってるだけのイメージがあるんだが

100
名前なし 2018/09/14 (金) 10:54:53 6994e@20e91 >> 99

条件は種々あるけどエースは一般的に戦闘機メインで5機以上撃墜したパイロットの事。イギリスの事例だけどベテランは機種によらず30(~50)回以上の出撃、任務達成し後人育成が出来る人。

101
名前なし 2018/09/14 (金) 11:00:09 6994e@20e91 >> 100

追加で英辞書引くと出てくるかもしれないけど海外で言うベテランには「退役軍人」の意味もあってエースパイロッテでも退役したらベテランパイロットになる

102
名前なし 2018/09/14 (金) 12:26:00 5b4a1@fe758 >> 100

と言う事は逆に、一応訓練で数回乗っただけ、みたいな人も退役すればベテランパイロットなのか…

103
名前なし 2018/09/14 (金) 12:33:28 修正 29888@08e31 >> 100

英語の意味的な話だけど、veteranが退役軍人を指す時は、基本的に陸軍の軍人を指すよ。逆にパイロットのことを指す時には基本的に長期間兵役に就いていたパイロットのことを言う

105
名前なし 2018/12/11 (火) 20:47:54 a41e1@58721

よく○○と××は互角の戦いをしてたって言う話がありますが、どの機体とどの機体が互角だったのか、教えていただけないでしょうか? もし具体的な数字が出ているなら、それもあわせて知りたいです! 英独は一通り調べたので、英米vs日の戦線でお願いします!

106
名前なし 2018/12/11 (火) 21:37:49 2053c@74b4b >> 105

ぶっちゃけ乗ってる人や当時の戦術、交戦形態、兵力、兵站状況、整備状況、交戦に要する時間や移動距離なんかの要素がモリモリと重なった果てに(さらに気象条件や事前の索敵情報や運が重なる)戦闘の結果が出てくるわけで、単にスペック論争で何々と何々が同じぐらいつおい!なんていってる人たちの内容を信じちゃダメ。ものすごく流動的なものを一面一部分だけ掬って見せて零戦とF6Fが同等だったとか、そういう結論じみたものに見せることはいくらでもできるので。非常に細密な検討を行った後でも個々の戦闘ではまったく変わった戦果が出ることはいくらでもある。

107
名前なし 2018/12/12 (水) 14:53:03 修正 a41e1@58721 >> 106

違うんすよ……互角って言われてる機体があったら、そいつらの資料漁りまくってオスプレイ対決シリーズごっこがしたかったんですよ……

109
名前なし 2018/12/24 (月) 11:27:39 379f0@0bd77

なんでFw190はあんなにロール性能がいいの?

111
名前なし 2019/09/14 (土) 22:48:13 28bbb@2e411 >> 109

主翼がねじれにくい構造になってるから。主翼がねじれると、エルロンリバーサルって現象が起きる。これはエルロンを動かすことで主翼がエルロン動作方向と反対側に動いて、ロールが効きにくくなる現象。主翼の剛性が高い機体はロールが速い。逆に零戦なんかは軽量化のために構造がヤワだから、ロールが鈍い。

113
名前なし 2019/09/14 (土) 23:51:04 修正 370e0@832ec >> 111

Fw190も250mph近辺でエルロンリバーサル起こしてるグラフっぽいから理由としては微妙じゃないかなぁ、と思ったり。まぁ無難なところを言うと、翼面積比で大きなエルロンが端っこにあって、なおかつスピットみたいに翼のど真ん中に機銃があるわけじゃないからロール性能が高いんじゃないかな

114
名前なし 2019/09/15 (日) 00:18:50 6551b@2671b >> 111

Fw190は補助翼に速度差による違和感を解消するためのリンク機構がある。連合軍側報告で高速だと舵が重いと報告しているのはこの機構を理解していない可能性がある

115
名前なし 2019/09/15 (日) 00:50:11 370e0@832ec >> 111

Fw190の操縦性が高いことは英米でも共通認識よ。もしかしたら見落としてるレポートがあるかもだけど

126
名前なし 2019/09/16 (月) 12:58:17 28bbb@4731a >> 111

フォッケのロールレートのグラフの形、主翼じゃなくて、羽布張りのエルロンの方が歪み始める説を提唱してみたい。

127

主翼もエルロンも硬いアメ機は、その重量故低速が鈍いけど、どちらも変形しづらいから高速になるほど速くなると思う。連投申し訳ない。

128
名前なし 2019/09/16 (月) 17:46:18 修正 a1800@832ec >> 111

あ、伝わりにくかったら申し訳ない、エルロンリバーサルへの反論のつもりだったんだ。つまり主翼の硬い軟いについて反論したわけじゃないというか……

110
名前なし 2019/09/14 (土) 21:31:06 2701c@07fe6

何時のアプデからかプロペラ擦ったりエンジンに一定以上のダメージが入るとポツポツ黒煙が立ち昇るけどアレって正しいの?WW2中の空母の着艦事故とかでプロペラ擦ってる映像だと別に黒煙が出てる様子はないけど(排気口から白煙が上がるくらい?)

112
名前なし 2019/09/14 (土) 23:03:52 修正 370e0@d2071 >> 110

どこか燃えてるのの再現かね。それかエンジン内のどこかが壊れてしまって燃料が不完全燃焼になっちゃってるとか。

116
名前なし 2019/09/15 (日) 12:55:46 4da33@e92bb

推力の向きを変えられる「偏向ノズル」ってあるけど「偏向プロペラ」も可能なのかな?もしくは実際に試した機体とかあったりする?

117
名前なし 2019/09/15 (日) 13:40:54 26475@d6b9b >> 116

プロペラの軸って基本的にエンジンと直結してなかったっけ?構造的に偏向プロペラは不可能な気がする。エンジン自体を動かすってのはオスプレイとかがあるけど、飛行中に動かしたら事故りそう

118

なるほど、エンジンごと動かす必要があるのね…そりゃ無理だわ…

119
名前なし 2019/09/15 (日) 14:56:06 75cf6@db7e5 >> 116

偏向させる意味があんまりないから偏向させないだけで、ヘリとかはローター動くからムリではないよ

120
名前なし 2019/09/15 (日) 15:10:42 440b1@08116 >> 116

話題のオスプレイとか?

121
名前なし 2019/09/15 (日) 15:18:23 98593@e5400 >> 120

いや、オスプレイは軸を偏向させているわけじゃない。エンジンごと動かしているから軸は固定してる。

122

あぁ、プロペラだけを偏向させるって話か。つかオスプレイは上米で出てたの見落としてたわ

123
名前なし 2019/09/16 (月) 03:54:30 90a3b@6ca91 >> 116

それっぽいものにツェッペリンNTって飛行船のやつが。90°の範囲で可動できるらしい画像1

124
名前なし 2019/09/16 (月) 04:40:32 修正 60ab1@4992f >> 123

偏向プロペラだとどっちかって言うと船とか飛行船の技術よね。ヘリコプターはローターの回転面偏向できる。ローター軸のの後ろを高く、前を低くすることで前に傾けたり。

125
名前なし 2019/09/16 (月) 05:17:32 de705@5aa0f >> 116

ここまでV-280くん無し

129
名前なし 2019/09/16 (月) 20:00:35 a7807@c2b0e >> 116

恐らく納得できる答えとしてはこのつべの動画のスウォッシュプレート(3:40秒辺り)でわかるんじゃないかな。https://www.youtube.com/watch?v=NqOgC2Mycf0 実質的に推力が前後したりするって意味ではここら辺で理解できるのでは?