WarThunder Wiki

航空機に関する質問を解決しあうスレ

790 コメント
views
4 フォロー

航空機に関する質問を解決しあうスレ コメント欄 https://wikiwiki.jp/warthunder/自由掲示板/航空機に関する質問を解決しあうスレ

patpat
作成: 2018/05/11 (金) 16:23:53
通報 ...
  • 最新
  •  
650
名前なし 2021/10/14 (木) 15:26:13 6d9b8@2af76

増槽などは使用後ヒンジですとか爆薬で落としたりするようですがロケットポッドなどは基本付けっぱなしで基地に帰投するのでしょうか?こちらも実戦では使用後棄てたりするのでしょうか?結構な空気抵抗になるので「邪魔だなぁ」と思った次第です。いつの時代想定でも大丈夫ですがとりあえず現在のツリートップ(ファントムやMig-23/27)辺りと仮定しお答えいただければと思います

651
名前なし 2021/10/15 (金) 05:02:16 c0c07@ea96f >> 650

基本的に搭載物は吊りっぱなしですね。増槽もポッドもタダじゃないので。空対空なら増槽を落として軽量化する場合がほとんどでしょうけど、ロケットの場合対地攻撃にそこまでの機動力は必要ないので、増槽以外は吊りっぱと思っていいです。緊急投棄でパイロンごと落としたりは出来るので有り得るのは16や18等のマルチロールCAP機がエスコートの防衛ラインを超えて突入して来た敵機に兵装を捨てて迎撃に出る場合くらいかと。

652

お返事ありがとうございます。たしかにコストもかかりますしそもそも任務の性質上搭載状態での非搭載に持っていきたいというシチュエーションに陥ることがないのですね。納得がいきます…。回答ありがとうございました!

654
名前なし 2021/10/22 (金) 19:32:56 4f774@80322

Bf109G6以降のモーターカノンは、MG151/20とMK108のどちらが人気があったのでしょうか?爆撃機の撃墜を考えたらMK108の方が効果的だと思いますが、パイロット達は自分の好みでモーターカノンを選択していたのでしょうか。

655
名前なし 2021/10/22 (金) 20:59:32 84f9e@d0520 >> 654

ああいう武装の変更って、工場で変更されるものだからパイロットは好みで変えたりはできないんじゃなかったかな?

656
名前なし 2021/10/23 (土) 09:24:44 修正 4f774@a15a2 >> 655

ありがとうございます。F型のときと違い武装へのこだわりが意外とないと感じがしました。

657

日本の場合前線で弄っちゃうこともあるけどモーターカノンだもんなぁ…。ちなみにパイロット側じゃないけど少なくとも独軍としては30mmに対して(そして同じ程度でR4Mに)高い信頼を置いていた感じ

658
名前なし 2021/10/23 (土) 11:00:42 4f774@a15a2 >> 655

ありがとうございます。どちらも破壊力が凄まじいですね。

659
名前なし 2021/10/23 (土) 11:14:21 895b1@ea656 >> 655

日本でも前線でいじることは特例中の特例だよ。ラバウルでの改造とかを想定してるんだと思うけど、基本的には上申したうえでやらなければならないし認可されるのはまれな例。

660
名前なし 2021/10/23 (土) 11:32:33 修正 6d9b8@2af76 >> 655

試験的に行った30mm搭載だとか、型式自体変わるレベルの飛燕丙型レベルになると特例だよなぁと思うけど、「(52丙/62の)三式機銃重いわ!外して!」だとか「1号砲のが慣れてる!2号外して入れ替えてや!」のようなのを聞いたり(写真を見たり)屠龍とかはバリエーション把握できないレベルでごっちゃなイメージするんだけどわりと珍しい例なのかな?たしかに「整備員は再調整とか面倒そうだなぁ」と思いつつ見聞きしてるけど…(特に三式機銃の方は結構複数部隊で外していたよう、でもこっちは外すだけで換装ではないね)

661
名前なし 2021/10/23 (土) 11:55:47 修正 895b1@ea656 >> 655

61丙に関しては生産+ごく少数改造用の物が支給されたという話だから別として、1号銃と2号銃のは基本的にないと思う。少なくとも海軍のほうがそういった改修には厳しく、それゆえに要望が発生してる。厳しくなければその場で入れ替えちゃうからね。屠龍に関しては斜銃が丁型装備と呼ばれるだけで甲乙丙に斜銃を付ければ丁になるという法則性がある。甲改修丁とか丙改修丁とか。機銃を外すことに関しては弾薬の供給問題とかもあってデッドウェイトになる場合もあるだろうから、そこそこあったんじゃないかな。

662
名前なし 2021/10/23 (土) 13:07:05 6d9b8@2af76 >> 655

そうそう、丁装備。惑星でもあるけどあれは一応公式の改装物になるんだね。海軍は改装周りは厳しいのかぁ…。世傑か丸か覚えてないけど零の話で「変えたんだぜ(自慢)」みたいな話があったので「現場じゃあるのかなぁ」と思ったけど結構厳しかったのね。木じゃないけど勉強になったよーありがとう

666
名前なし 2021/10/25 (月) 00:25:15 b7aed@3a4f2 >> 655

ラバウルの現地改造で有名なのは国立科学博物館展示の複座零戦だね

667
名前なし 2021/10/25 (月) 00:46:22 43d7e@01ba8 >> 655

日本は厳しいんですね。融通利かなさそうなソ連がP-39の機銃を見るに意外とフレキシブルにやっているような

668
名前なし 2021/10/25 (月) 10:22:05 修正 059d3@31065 >> 655

特にJINの場合、搭乗員と機体が固定されていなかったので、あまり特性の違う機体は運用しずらかったという面があって、あまり変なカスタムはない。ただ、その分、空技廠なんかの試作機はどんどん新しいのを企画するという面で見るものがある。

670
名前なし 2021/10/25 (月) 11:58:31 修正 6f170@bbac1 >> 654

G型ではUmrüst-Bausätze(改修キットの意。UmBauとも)の4番がMK108装備ってことになってる。で、型番にも/Uが加わるから、正式にいうとBf109G-6/U4とかになる。つまり、型番が変更されるレベルの改修が加えられたってことで、UmBauは基本的にしっかり設備を整えられたところでしか換装できない。Mk108も、MG151/15〜20とは違った載せ方をするから、やるならエンジン下ろして座席外してとかいろいろやらなきゃいけない。全部が全部工場で換装されたわけじゃないみたいだけど、パイロットの一存でパカパカ変えられるものじゃない

692

ありがとうございます。「U4」は「UmBauの4番目」という意味なのですね。結構大掛かりな作業が必要なのは初めて知りました。倒立V型エンジンのスペースにとりあえずバレルを入れれば済むものかとばかり思っていました。勉強になりました。

663
名前なし 2021/10/23 (土) 18:55:24 f3f1c@2187d

他の20㎜が軒並み付加効果のある曳光弾を使っている中イスパノはただの曳光弾しか使っていませんがこれは史実通りなのでしょうか?個人的にはそんなわけがないと思っているのですが

669
名前なし 2021/10/25 (月) 10:38:39 059d3@31065 >> 663

英ではIncendiry.303in B.Mark IVzが防弾版と防漏タンクに阻まれて今一つ敵爆撃機を燃やせなかった反省から、曳光弾には貫通力を求めたのでWW2期はそんなもん。

671
名前なし 2021/10/30 (土) 09:20:28 11b20@8f0f8

WTRTIに「Specific excess power」という項目が増えたんですが、これは何の数字なんでしょうか? 航空用語のようなのですが、日本語での情報を見つけることが出来ませんでした。

672
名前なし 2021/10/30 (土) 12:18:16 895b1@ea656 >> 671

余剰出力では。力学的エネルギーとセットで使われたりする。

673

という事は、この数字が高ければ高いほどエネルギーがある(低いと失速?)状態になるんでしょうか。WTRTIでは単位はm/sかft/minでした。

675
名前なし 2021/10/30 (土) 19:11:44 修正 f62fd@28df3 >> 671

現在の速度を維持可能な最大上昇率を示してる。この数値より上昇率が低ければ加速中、高ければ減速中であるという見方もできる。また、この数値が最も高くなる速度が最適上昇速度という見方もできる

677

なるほど! 確かに速度と上昇率に合わせて動いてるように見えます。ありがとうございます。

678
名前なし 2021/11/01 (月) 17:56:34 84f9e@d0520

VDMプロペラとはなんですか?

679
名前なし 2021/11/01 (月) 18:40:01 6f170@bbac1 >> 678

VDMはドイツの社名なので、VDM社製プロペラのことを指していると思われます

684

ありがとうございます!

695
名前なし 2021/11/13 (土) 23:23:24 b7aed@3a4f2 >> 678

もう少し詳しく書くと、フェライニヒテ・ドイッチェ・メタル・ベルケ社が開発した可変プロペラピッチ機構を搭載したプロペラのことで、日本では帝国海軍向けに住友金属がライセンス取得して生産した、アメリカのハミルトン式可変ピッチの後の話

680
名前なし 2021/11/01 (月) 22:48:21 8059c@06026

ミネンゲショスを製造するのにどんな機械を使ってたかった資料があったりします?

681
名前なし 2021/11/02 (火) 08:53:32 895b1@ea656 >> 680

薬莢と同じく絞り加工で作ってる。複数の工程があるし時期によって使用弾薬も違うので、具体的な機械の型番とかは出てこないと思う。

682
名前なし 2021/11/02 (火) 09:07:26 f3f1c@2187d

照準距離に合わせるには銃砲を取り付ける角度を変える必要があると思いますが、翼内ならわかるのですが機首やプロペラ軸でそんなことができるのですか?

683
名前なし 2021/11/02 (火) 11:08:44 895b1@ea656 >> 682

リンクここに詳しく載ってる。そもそも機首銃の水平方向の交差はさせる必要がないのと、垂直方向には問題なく可能。モーターカノンは機種によると思うけど、固定だとしてもそもそも多少上向きについてたりする。

685
名前なし 2021/11/02 (火) 18:49:46 5924a@93030 >> 683

Bf109のモーターカノンの調整作業風景画像

686
名前なし 2021/11/05 (金) 23:10:03 44bf1@4ae37

惑星でのOP、もしくはOPだった、例えばBf109F-4、Yak3、ランクIVのスピットファイアとかって、現実の戦果はどれくらいだったのですか? サンボルや雷電は比較的調べやすかったんですが、英独ソ連の機体は調べてもまともに情報がなく困っています

687
名前なし 2021/11/06 (土) 11:31:04 895b1@ea656 >> 686

具体的な機種を絞ってもらわないとなんとも言えない。メッサーは大戦を通してメイン張ってた上に性能もちゃんとしていたから活躍したし、Yak3もメッサーと同じ。スピットも同じく。

688
名前なし 2021/11/06 (土) 14:37:12 修正 2f295@5cdd5 >> 687

ありがとうございます。F-4、Yak-3、スピットファイアlf9でお願いします。たとえば、スピットファイアはアメリカ空軍がイギリスに到着してから活躍しなかったような書き方がされていることが多いですが、実際はどうだったんですか?

689
名前なし 2021/11/06 (土) 16:20:17 修正 895b1@ea656 >> 687

順番的にメッサーとスピットを並べたほうが良いからまずはYak3。【Yak3】Yak3は整備性・操縦性ともに優れていたけど、実戦参加が44年夏ごろからになったから、数的に大きな活躍はないけど、キルレシオは1を上回った状態で終戦を迎えてるはず。Yak3Uで空冷に換装できてるのも機体の素性の良さからだと思う。その後のYak黎明期ジェットのベースにも選ばれてるし、やはりこの機体も優秀。航続距離が短いからその後の引退も早かったけど、戦果としての評価以上に航空史での評価が加味される機体だと思う。【Me109F】マイナーチェンジまで評価として分かれていることは少ないからちょっと大雑把になってしまうけど、Me109FはE型から大幅に改良設計されて性能が向上してる反面、E型では2門ついていた20mmが1門になったり15mmになった点で武装は少し悪くなった。ただ、結局は武装が劣っても問題ないぐらい性能が向上した上、MGFFMからMG151になって武装も減りはしたものの性能向上していて、ガンポッドの選択肢も登場したんであまり問題にはならなかったため、F型の発展型であるGやKが続いた。生産数も一年程度で約3300-3400機あってMe109シリーズ全体からみても優れていた。戦場ではスピットMk2相手に圧倒的な性能差で、これが英軍がMk5の配備を急ぐきっかけになるほどで、つまりしっかり活躍してる。数の都合上スピットファイアが敵として出てくるよりもハリケーンやP-36が相手に成ることが多かったし。【スピットMk9】スピットのLF/F/HFなんかは高度に合わせたチューニングの違いだからMk9全体でのお話の方が良さそうだと思うんでそうする。Mk9は先述のMe109Fの登場によって急いでMk5を配備したら今度はFw190が出てきて、それに対抗するために英軍が取り出してきた機体。Mk9が中心になって戦っているころには連合が攻勢に転じて長距離侵攻作戦が多くなり、P-51やP-38、P-47が活躍したのは事実だけど、Mk9も増槽をつければある程度の距離は対応はできた。手持ちの洋書だとMk9初期のJu86の高高度迎撃に活躍したと書かれているんだけど、Mk9全体として「最高のスピットファイア」ってされてるね。LFの活躍としてはV-1迎撃に使われた特別にチューニングされた機体が有名なんじゃないかな。もっと詳しく戦果報告を知りたい場合はここに戦闘詳報の書き起こしがあるから、それを確認してみると良いかも。

690
名前なし 2021/11/06 (土) 20:40:48 修正 44bf1@26381 >> 687

ありがとうございます!! やはりWTで活躍してた機体は史実でもしっかり活躍してたんですね(木)

696
名前なし 2021/11/13 (土) 23:27:44 b7aed@3a4f2 >> 686

ドイツvsイギリスの戦果(歴史)を調べるならバトル・オブ・ブリテンで検索すると分かりやすいよ

691
名前なし 2021/11/11 (木) 21:34:41 6d9b8@2af76

全遊動式の尾翼は耐久性などに難はないのでしょうか?Su-17に乗っていると細いヒンジ二本ずつで留められている感じで凄い怖くなります(雑に扱うとすっ飛びそう…)。古くはF-86辺りから採用されていますが、この形状はそこまで問題にもならなかったのでしょうか?画像

693
名前なし 2021/11/13 (土) 13:16:43 4cc8d@9fa47 >> 691

全遊動とはちょっと違うんだけど、最近の旅客機は水平尾翼全体を動かせるようになってるし、ちゃんと強度があるように設計しておけば大丈夫じゃないかと思う。逆に全遊動でなかった場合水平尾翼より小さな昇降舵に舵の上げ下げの力が全てかかり、さらにそれを薄っぺらな水平尾翼で支えなければいけないから、強度的に全遊動の方が有利なんじゃないかな

694

ご回答感謝です!言われてみればたしかに小さい方が掛かる力は減るでしょうが、小さい分強度面での不安が出そうですね。旅客機も全体的に動作するというのは知りませんでした。現在は研究が進んでこのような形状でも全然問題なく動かせそうなんですね。凄い納得がいきました。回答ありがとうございました

697
名前なし 2021/11/13 (土) 23:31:12 b7aed@3a4f2 >> 693

ジェット時代になるともう人力では舵が動かせなくなってモーターアクチュエータや油圧機構が当たり前に入ってくるから、全遊動の方が動作機構が全部強度のある胴体内に配置できて整備しやすいし壊れにくいのもあるんじゃないかな

698
名前なし 2021/11/14 (日) 22:07:17 修正 4f774@e0768

第二次世界大戦中の戦闘機の照準距離は、大体200m~300m位の間で調整していたと思いますが、50mとか100mのような距離で調整するパイロットもいたのでしょうか?ガンカメラの映像の中で発砲するシーンの多くは、50mも離れていない距離で敵機を撃つシーンが多いような気がします。それを考えた場合、200m以上も照準距離をとると、かえって狙いづらい気がするのですが、何かメリットがあったのでしょうか?

699
名前なし 2021/11/14 (日) 22:24:18 修正 b776c@bbac1 >> 698

かの高名なエーリッヒ・ハルトマンは50m程度の収束距離にしていたはずです。この他、パイロットによっては100m以下にしていたようです。また、距離を遠めにしておく理由としては、近距離に設定しすぎると、いざ150m〜200mとかを狙う時に交差が大きすぎてダメージを与えられない可能性があり、一方、150〜200mの収束距離にすると、目標に効率的にダメージを与えられるかはさておき、近距離でも命中は見込めるからです。

701
名前なし 2021/11/14 (日) 23:17:28 4f774@e0768 >> 699

ありがとうございます。ハルトマンは50m程度だったのですか!また、150〜200mの集束距離はそのようなメリットがあったのですね。勉強になりました。

702
名前なし 2021/11/15 (月) 01:42:28 4cc8d@9fa47 >> 698

水を差すようで悪いけど、再編集された映像は近距離射撃で見やすいものが選ばれる。独軍の再編集されてない映像があって射撃開始距離と離脱距離が分かるんだけど、重爆相手の射撃開始距離は通常500m以上、単発機でも通常200m以上だね。米軍の映像は距離が数字で分からないけど、概ね似たようなものだと思う 独軍フィルム1 独軍フィルム2 米軍フィルム(単発機多め)

726
名前なし 2021/11/17 (水) 21:02:08 4f774@b928a >> 702

動画のURL、ありがとうございます。結構遠くから撃ち始めていますね。想像していた以上の距離から撃っていて驚きました。

717
名前なし 2021/11/17 (水) 00:30:07 f8fbe@0405a >> 698

日本軍の場合は装弾数が少なく弾も当てづらいため100mで撃つ場合も多かったとか(後半の一撃離脱される様になった時期はよく分からない)。米爆相手の時は慣れてないパイロットだと距離感が狂って100m以内だと思って撃ったら実際は200mほど離れていて全部外すこともあったらしい。

727
名前なし 2021/11/17 (水) 21:11:04 4f774@b928a >> 717

ありがとうございます。本物のパイロットでも、空中目標までの距離を正確に予測することは難しいのですね。連合国側のパイロットでトレーサー無しで撃っていたパイロットがいたようですが、驚異的な能力だと思いました。

703
名前なし 2021/11/15 (月) 11:50:40 修正 af929@6c775

戦後のソビエト空軍を「赤軍」と呼ぶのは間違いに当たりますか?

708
名前なし 2021/11/15 (月) 21:46:07 3e3d4@e5174 >> 703

「赤色空軍」じゃなくて「赤軍」となると軍種的には陸軍だし間違いとしか、「赤色空軍」と書くところを間違えて「赤軍」に脱字しているのなら、1946年に「ソビエト連邦空軍」に改称してるから正式には間違い。

710

戦時中は「赤色空軍」、1946~「ソビエト連邦空軍」ですね。ありがとうございます

723
名前なし 2021/11/17 (水) 06:06:51 f05f8@d28d2 >> 708

ソ連にはソビエト連邦防空軍って言う全く別の組織も有るから注意してな

706
名前なし 2021/11/15 (月) 19:46:02 d23de@ea62f

水平尾翼以外は全遊動翼じゃなくても困らない理由ってあるんでしょうか?

709
名前なし 2021/11/15 (月) 23:13:55 4cc8d@9fa47 >> 706

ロシアのステルス戦闘機Su-57は垂直尾翼が全遊動で動くけど、かなりめずらしいね。ラダーはエレベーターほど大きな力がかからない(たぶん)ことと、垂直尾翼は前後にかなり長いので普通の形だと全遊動にするのが難しいんじゃないだろうか

714
名前なし 2021/11/16 (火) 19:59:55 b7aed@3a4f2 >> 709

ノースロップのYF-23も全遊動翼だね。あれはV字尾翼だから動作は水平尾翼と垂直尾翼とエアブレーキが合体してしまっているけど

719
名前なし 2021/11/17 (水) 01:16:25 6b06b@9c529 >> 706

水平尾翼以外が全動式だと機体の安定が保てない。これはあくまで大型旅客機の話なんだけど、垂直尾翼って機体にもよるけど、完全固定の垂直安定板、コントローラーでピッチ角を固定できる下部方向舵、ラダーペダルで動かす上部方向舵の3種類使って安定性保ってるくらい空力的に結構複雑な部分。これは当たり前だけど主翼も一緒。なので全遊動じゃなくても困らないというか、全遊動だと困るという部分。↑枝でも触れてる通り全遊動の垂直尾翼ってのは相当珍しい

711
名前なし 2021/11/16 (火) 00:13:34 a9584@6c3d2

Ju288cの上部銃座後方にあるラジエータ?のようなものは何でしょう。あれは開口部なんでしょうか…

713
名前なし 2021/11/16 (火) 00:53:05 7d8c7@8070e >> 711

PeilG6アンテナ(通信エラーで画像がアップロードできないが、中にアンテナが入っている)

716

電波航法機器のアンテナだったのか……ガラスは絶縁材なのね

718
名前なし 2021/11/17 (水) 00:33:35 f4c85@236b7

シャクルトンの前方の銃座って防護銃座としては使いにくそうですけど、何を目的として取り付けた物なんでしょう?浮上した潜水艦などに使うには火力不足な気がしますし…

720
名前なし 2021/11/17 (水) 01:18:53 6b06b@9c529 >> 718

見た目通りそのまんま前方を撃つためじゃないの?大型爆撃機はコンバットボックス組むのが当たり前なんだから前方を撃てる銃座も必要でしょ

721
名前なし 2021/11/17 (水) 01:35:55 7d8c7@8070e >> 718

敵機の対進攻撃対策。当たらずとも弾幕張るだけでも攻撃意思を挫きうる

722
名前なし 2021/11/17 (水) 01:49:39 修正 c3377@2b239 >> 718

また、みんな適当なことをw、この機体はニムロッドの前任機で惑星での運用と異なり、本来は洋上での哨戒が任務。なので、基本は単機運用でコンバットボックスなんか組まないし、本来は高脅威度の空域を飛ばなし、もし飛ぶ際は護衛機をつける。前方機銃は哨戒任務中の襲撃行動を行う際の前方威圧用で、洋上補給中の潜水艦やら仮設巡洋艦/補給艦の対空砲を威圧するのが主任務。機体上部のターンレットは早々に撤去されたのに、前方機銃は残されたのでそれなりに有用であると判断されていた模様。

724
名前なし 2021/11/17 (水) 13:01:16 4a2a2@51d07 >> 722

(そもそも哨戒機だったことを今知った)

725
名前なし 2021/11/17 (水) 19:47:56 7d8c7@8070e >> 722

天山の固定機銃みたいなものか

728
名前なし 2021/11/19 (金) 23:55:51 4f774@f32ee

二次大戦中(一次大戦中でもいいのですが)のパイロット達は、どのようにして射撃技術を磨いていたのでしょうか?空中に気球のような物を浮かべてそれに標的を付けたり、僚機に吹き流しのような的を付けて飛行してもらっていたのでしょうか。

729
名前なし 2021/11/20 (土) 16:57:04 4cc8d@9fa47 >> 728

wikipediaの「標的曳航機」を読むといいかも

732
名前なし 2021/11/21 (日) 20:46:30 4f774@fb0d5 >> 729

ありがとうございます。

730
名前なし 2021/11/20 (土) 23:55:39 修正 2db84@47851

RWRの中でも「レーダーを感知したら、そのレーダー波の特徴を音に変換してパイロットに伝える機能(正式名称忘れた)」って、あれ惑星の実装機体の中に装備しているものってあるんですかね?「単に音がなる」からの変化はいつ頃だったのかなあ、と。もし惑星の機体の中にそういった機体があるなら、RWRの機能更新としてフォーラムとかに提案できないかと思いまして

731
名前なし 2021/11/21 (日) 03:34:17 修正 4f396@1ddc9 >> 730

西側は知らんが現実のMiG-23MLDのСПО-15Лは照射元の距離と種類と自機から見た高低がわかるね。音はミサイル誘導モードかどうかがわかるくらいだったはず画像1画像2画像3

733
名前なし 2021/11/21 (日) 21:24:23 6d9b8@2af76

今でこそシュトルモビーク、対地攻撃機の開祖、Урааааааааと好評(?)な彼ですが実機のIl-2の評ってぶっちゃけどうだったんでしょうか?惑星で触れると巡航速度は爆装時300km/h程度と「お前複葉機かよ!?」というレベルでおっそいですよね。直掩機があるにしても歩兵の機銃でスパスパ撃たれそうなアレですが、運用に支障はなかったんでしょうか?同じように鈍足なJu-87は散々な評価でしたので気になりました

734
名前なし 2021/11/21 (日) 21:28:47 acaed@c92e6 >> 733

Il-10も読みなよ

735
名前なし 2021/11/21 (日) 21:56:38 f05f8@31068 >> 733

スツーカと違って装甲されてるから問題ない。アホほど頑丈で角度が付けば30mmも弾く程。「空飛ぶコンクリートトーチカ」の渾名は伊達じゃない。歩兵のライフルなんぞ当たってもどうと言う事は無いし、逆にロケットや成形炸薬爆弾で消し炭にされるのがオチだと思うぞ

736

頑丈とは聞きますが本当"空飛ぶトーチカ"そのものなのですね。惑星では対空砲はおろか軽戦車(AI)の機銃ですらザクザク削られますが、爆撃機s(B-17など好例ですが)共々堅牢性が再現されていないが故のよわよわな機体になっているだけな感じですかねぇ…ありがとうございます!

737
名前なし 2021/11/21 (日) 22:15:27 4f396@1ddc9 >> 735

軽戦車の機銃ですらというがそれですら歩兵が持ってる狙撃銃よりも高火力の弾を連射してるし、歩兵銃とか脅威じゃないのは確か。あとWT内でも実感できるくらいは硬いよ

738
名前なし 2021/11/21 (日) 22:21:06 e8bdb@9c997 >> 735

バカすか撃たれても胴体(というかコックピット・エンジン周り)はノーダメってこと割とある

739

少しWikiの史実(小ネタ)を見たのですが、現状のモデルの場合ブローニングでスパスパ赤くなりAAの強化という要素が効いているのかもしれませんが対空砲の至近弾で黄色くなり…とマウザー(MGFFでしょうか?)ですら苦労するほどの装甲というのは実感できないんですよね。羽布張りの機体とミーネンゲショス被弾再現をしても黒or黄は羽布の方が高かったり…。ご指摘のように胴体など装甲板が用意されている箇所はしっかり硬いですよね。

742
名前なし 2021/11/22 (月) 02:55:16 f4c85@a0449 >> 735

ゲーム内の爆撃機が全体的に硬かった時期だとIL-2もしっかり硬かったのかな?

740
名前なし 2021/11/21 (日) 23:40:14 4cc8d@9fa47 >> 733

Ju-87乗りの大佐が「対地攻撃機が地上目標を探す際には速度がかえって仇になる」的なことを言ってたし、鈍足なのは必ずしも悪いことではないと思う。かく言う大佐も大戦末期にFW-190に乗り換えるわけだが... 制空権がドイツからソ連に傾くし、生産力はソ連が圧倒しちゃうし、運用国によって攻撃機の評価も変わるよね

741
名前なし 2021/11/22 (月) 02:14:16 e8bdb@9c997 >> 740

乗り換えた(Ju-87での戦果がなくなったとは言っていない) というかあの人終戦後の脱出時にも87D乗って逃げてるけどよく脱出できたよな…

761
名前なし 2021/12/19 (日) 16:27:50 修正 31960@c1953 >> 733

冗談や皮肉の類ですが、こういった感じにIL-2やYak-1を馬鹿にしてPo-2を褒め称えるСлужили три пилотаという歌もあります。

743
名前なし 2021/11/27 (土) 20:44:31 5924a@93030

雷電や隼で、型によってスロットル最大から回転数が最大になるまでの時間が違うのはガバナの種類が違うからなのでしょうか?

744
名前なし 2021/11/28 (日) 00:11:32 4cc8d@9fa47 >> 743

史実、ではなくてWTでエンジンの回転が上がるのが妙に遅い機体があるって話よね? 駐機状態でスロットルを上げた時にピッチコントロールレバーも同時に動いてるので、単にエンジンの問題だと思う。設定が適当なだけじゃないかな。史実の話だったらスミマセン

745
2021/11/28 (日) 00:18:07 修正 5924a@93030 >> 744

すみません、史実の方です。そのピッチレバーを上げてからエンジンの回転数が上がるまでに時間がかかるのは何故か、というのが質問内容です

746

エンジンのことは詳しくないけど、車でニュートラルに入れた状態でアクセル踏んでも車によって回転が上がるまでの時間が違う(ピストンやギアの運動量、抵抗、アクセルのセッティング等々?) プロペラ機だとプロペラ回さないといけないから駐機状態でも回転が上がるまでにさらに時間がかかる。(プロペラの慣性空気抵抗等) 定速プロペラ機で飛行中だと、エンジンの回転数とプロペラピッチが同調するけど、上記の問題で瞬間的には反応しようがないと思う

747
名前なし 2021/11/28 (日) 02:45:18 c3377@2b239 >> 744

単純に、雷電各型はエンジンが違う、隼はエンジンが違う上にⅠⅡ型はプロペラまで違う。合わせられるほうが超技術だw

748
名前なし 2021/11/30 (火) 23:13:07 f3f1c@2187d

スウェーデンの輸入機体のベルトがナーフされているのいい加減直してほしいと思ってるんですがこれって何か根拠あります?あるならしょうがないと思いますが普通武装と弾もセットで輸入すると思いますが。コピーじゃなくて独自開発ですかね?

749
名前なし 2021/12/02 (木) 22:42:45 4cc8d@9fa47 >> 748

Automatkanon m/39 M2 Browning 12.7 × 99 mm NATO  Breda-SAFAT スウェーデン語なのでよく分からんけど、弾薬は輸入も自国生産も両方あったらしい

750
名前なし 2021/12/16 (木) 09:06:05 6d9b8@2af76

ベテラン99艦爆乗りの回顧録を読んでいて気になったのですが、大陸での地上勤務の折、敵基地攻撃を行う際に「高度7,000mから60度角で(敵司令部へ)ダイブを行った――」という記載がありました。高度7,000mからの急降下爆撃というのはちょっと過大な高度のようにも思えるのですが、実戦での基地攻撃ではこの程度の高度からでも爆撃する事はあったのでしょうか?16年夏ですので一一型のようです。

751
名前なし 2021/12/16 (木) 20:30:44 4cc8d@9fa47 >> 750

九九艦爆一一型の実用上昇限度が8,070m、これが爆装無しの測定で正しい数字だったとすると、爆装して7,000mまで上がるのは難しいんじゃないかと思う。正直言うと7,000mは記憶違いか、出版過程でのミスを疑ってるんだけど、どうだろう

752
名前なし 2021/12/16 (木) 23:51:37 修正 13871@d8344 >> 750

高度2000~3000で巡航、攻撃目標まで100kmほどまで近づくと実用上昇限度の高度8000mくらいまで上昇開始し(9000mとも。22型?)、攻撃目標に向かって降下(急降下に非ず)を開始して速度を稼ぎ、高度500mくらいになったところで急降下を行う、というのが99艦爆の一つの攻撃パターンのようです。手持ちに資料はないですが、とすると実用上昇限度は爆装してのものでしょう。目標のかなり手前から上昇するようです。実戦ですから、状況次第で緩降下せずに一気に降下することもあるのかもしれませんね。

756
名前なし 2021/12/19 (日) 12:18:41 43d7e@01ba8 >> 752

こういう実際の運用の話はとても参考になるね

753
名前なし 2021/12/17 (金) 00:07:17 69317@1a3cd >> 750

実際にそういう事をやったのかもしれませんし(対艦攻撃でそういう感じの話がある)、やり方(高高度で進入、緩降下と旋回で占位して一定高度で急降下入れる)を省略して書いたのかもしれません。原文や記録を読まないと断言はできませんが。

758

(ゲームのように)三人称であれば見えそうですが、コクピット視点、且つ偵察機のようなものもない状態での索敵&攻撃はかなり難しそうに感じていました。ですが海と言う遮蔽物のない環境で、輸送艦が複数連なっているという状況であれば結構な高度を取っても見えるのでしょうね…。当時のパイロットは本当視力も良かったでしょうし

759
名前なし 2021/12/19 (日) 13:46:18 43d7e@01ba8 >> 753

陸はとても無理だと思うけど海なら見えそう

760

東部戦線だと5000m以上の交戦がほとんどないし、急降下爆撃機が高高度を飛ぶことは無いと思っていたけど、限界高度ぎりぎりぐらいまで上がってたのね。索敵と迎撃・対空砲を避けるためなのかな

762
名前なし 2021/12/19 (日) 16:55:03 13871@d8344 >> 753

敵基地ならまず動くことはないから地形で場所はわかるし、航跡を曳きながら航行する艦隊は高度を取っていてもかなり目立つそうです。高度を上げるのは速度を稼ぐためですね。敵の位置がわかっているからこそ攻撃隊は飛び立つので。

763
名前なし 2021/12/19 (日) 18:57:23 4f396@1ddc9 >> 753

視力の良し悪し以前に地球は丸いから高度上げないと物理的に見える距離が狭いのもある(所謂水平線/地平線)それにコックピット視点で見えないのは自機の真下方向なので遠距離を見るのに影響はないです

764

ゲームの三人称視点のように常に黒点が出るわけではないため相応の視力は必要なのかなぁと思った次第です。高度8000m,仮定として(近すぎてあり得ませんが)1km先に対象物があった場合は直線距離で8km弱にもなりますし。ただ上で書きました通り船という対象物の大きさや海という余計なもののない環境ですので、そう考えれば見つけやすさもあったのかなぁと感じております

765
名前なし 2021/12/19 (日) 21:51:15 修正 4f396@1ddc9 >> 753

空対空でも視程内射程(WVR)が20浬もあるので船なら相当遠くでも見えると思われます。例えば関空から神戸空港まで直線距離でも23㎞以上ありますが私は着陸アプローチしてる機体を目視で見たことがあります

766
名前なし 2021/12/19 (日) 22:20:53 4cc8d@9fa47 >> 753

気象条件が良くないとだめだけど、旅客機でかなりの高度を飛んでても船は良く見えるね

769
名前なし 2021/12/30 (木) 02:57:11 修正 43d7e@01ba8 >> 753

船はもともとデカいし艦首波で大きな波をひいていて見つけやすいね。余談だけど陸RBでも川や水辺を渡っている車両は波ひいてて空からかなり目立つ

775
名前なし 2022/01/14 (金) 17:15:55 fb66f@ee550 >> 753

旅客機に乗って実際に確めるヨロシ

767
名前なし 2021/12/29 (水) 22:38:38 8dabf@9fcd6

米軍はよく爆撃機や攻撃機をソリッドノーズ化してますけど爆弾を積むことをやめたんでしょうか

770
名前なし 2021/12/30 (木) 09:49:02 修正 ce8f4@e2a91 >> 767

それは恐らく、対地攻撃用に機関銃を搭載した型だと思います。正確には、主に非装甲目標や輸送船等の襲撃に使用されました。

771
名前なし 2021/12/30 (木) 10:46:06 cac68@9fcd6 >> 770

爆弾が当てにくい薄い移動目標用ってことなんですかね?

772
名前なし 2022/01/14 (金) 16:21:28 43032@09cf1

日本陸軍機の機体底面に付いている細長い筒状の物ってなんですか?

773
名前なし 2022/01/14 (金) 16:47:21 e0d1a@7cb79 >> 772

燃料冷却器なるものだそうです

774
名前なし 2022/01/14 (金) 17:11:36 43032@09cf1 >> 773

燃料なんて冷やす必要があるんですか?

776
名前なし 2022/01/14 (金) 18:32:54 ce8f4@e2a91 >> 773

多分燃焼温度が高くなるとすぐに燃えカスが溜まるからだと思います。

777
名前なし 2022/01/14 (金) 20:24:50 69317@1a3cd >> 773

雑に書くと炎天下等の時に駐機していると燃料がかなり温まりますが、その状態で高空に行くと配管等の中で気化しやすくなる(結果的にエンジンの不調・停止を招く)のでその対策で冷やします

778
名前なし 2022/01/15 (土) 01:16:05 89571@daf43

ベトナム戦争中に共産軍側で使われたMiG-17についてですが、どのような飛び方をしていたのでしょうか?ベレンコ中尉の著書の中で「ベトナム戦争で・・・低空を飛びながら・・・」という趣旨の内容が書かれていたことがあり、あまり高い高度を飛んでいないような印象を受けました。これは、比較的高い高度を飛ぶ米軍機を発見したら、上昇しながら接近して攻撃し、また降下して低空を飛ぶ、という飛び方だったのでしょうか?

779
名前なし 2022/01/16 (日) 07:06:06 4cc8d@9fa47 >> 778

ググってみたけどこのサイトが参考になるかも。米軍機の侵入しない空域から低空で接近し、一撃を喰らわしてトンズラするような行動パターンが多かったらしい。米軍側も低空精密爆撃をするために低空を飛ぶので、正にMig-17にもってこいの環境だったみたい。

782
名前なし 2022/01/17 (月) 00:01:16 修正 89571@7dbe9 >> 779

ありがとうございます!参考に致します!

780
名前なし 2022/01/16 (日) 14:27:20 修正 ec55b@9456a

部隊マークとか識別塗装とかって複雑なものでも綺麗に塗ってあってカッコいいなと思うんだけども、どうやって綺麗に塗ってるんだろう。やっぱりペンキと刷毛で?プラモデルだと実物より小さいし、印刷されたデカールや便利なマスキング用品もあるけど、実物じゃそうはいかないだろうし。

781
名前なし 2022/01/16 (日) 21:17:24 b0086@1881b >> 780

タイに供与した日本機の場合四角の板に部隊マークを切り抜いてそれを貼って塗装したからマスキングテープと要領は同じですね。映像はどこで見たか失念しました

783
名前なし 2022/01/17 (月) 15:05:48 ec55b@9456a >> 781

なんと、実機もマスキングテープみたいなことするのか…興味深い

784
名前なし 2022/01/17 (月) 20:41:14 修正 4f396@1ddc9 >> 780

同じ識別塗装でもインベイジョン・ストライプ(連合機にある白黒の帯)はノルマンディー上陸作戦に合わせて急遽全機体に塗装した背景があってよく見るとかなり雑だったりする画像1画像2

785
名前なし 2022/01/17 (月) 23:11:17 ec55b@9456a >> 784

適当でワロタ まあ識別の用をなせば問題ないんだろうな。

786
名前なし 2022/01/17 (月) 23:54:12 89571@37566 >> 784

学園祭か日曜大工のノリw 使えりゃいい、というのは確かにねww

787
名前なし 2022/01/17 (月) 23:58:42 89571@37566 >> 784

これだけやっても、誤射はあったのだろうか?

789
名前なし 2022/01/18 (火) 09:49:16 修正 ec55b@9456a >> 784

誤射自体は完全には防げないんじゃないかなとは思う。命がけの場にいる事の緊張や恐怖ってなかなかどうしようもできない事のようだし、航空機となると極端に遠い・速いで一瞬しか判断する機会が無いだろうしな…航空機となると、遥か空のかなたに一粒の点だったり一瞬で突然飛んで過ぎていくとかだと、塗装とかゆっくり見てる暇ないだろうし。

790
名前なし 2022/01/18 (火) 09:54:01 ec55b@9456a >> 780

そういえば零戦の写真見てたら、全面灰色パターンなんだけども、赤とか黄色とかの識別隊の類を所属替えか何かで上から無理やり灰色で塗りつぶそうとしてモロ透けしてるのとか見つけて不覚にもフフッってなったなぁ…プラモだと塗料の隠ぺい力がどうとか下地が透けてどうとかって言われたりするけど、実物でもプラモみたいな事って結構ありそうだな。

788
名前なし 2022/01/18 (火) 00:11:22 89571@37566

惑星のBf109の垂直尾翼にハーケンクロイツが描けないのはしょうがないとしても、実機で垂直尾翼にラウンデルを全く描かない機体というのはあったのでしょうか?画像を探しても全く何もない状態の機体はあまりありません。また、WW1の頃のように末広がりの鉄十字を付けた機体もありませんでした。