けものフレンズBBS NEO

【フレンズ・NEO】[安価でSS]

1453 コメント
views
75 フォロー

ここは真面目に安価でSSを作るスレです。
ルールはいたって簡単。
安価を指定

安価を踏んだ人が制限はないが、他の人が続きを書きやすいようにを目的にSSを書き、それの続きを次に踏んだ人が書く。
1話分に対し、だいたい安価5個で完結、又は続きへ繋げる。
ここではギャグは入れるのはいいが、ぶっ飛んだ設定は入れないように、
ほんと、いやマジで真面目に
書きたいし、みんなで協力した作品はきっと、いい作品になるはずだから。

完結作品

・【天才アライ博士の研究録】

・【この頃「いじょーきしょー」なのだ!】

・【百鬼夜行】(安価祭り限定作品)

・【魔法使いジャガーの冒険記】

保留作品

(今の所なし)

とまと仮面
作成: 2018/07/15 (日) 21:52:45
最終更新: 2018/09/05 (水) 23:14:10
通報 ...
  • 最新
  •  
1429
名無しのフレンズ 2019/10/27 (日) 23:18:10 28049@302a4

加速

1430
マフティ 2019/10/27 (日) 23:20:35

はかせ「ヒト以外にも料理ができるフレンズがいるなんて初耳なのです!」

助手「これは期待できますね…」

1431
名無しのフレンズ 2019/10/27 (日) 23:21:51 99902@b0782

加速

1432
名無しのフレンズ 2019/10/27 (日) 23:36:07 df5cd@cb22a

シロナガスクジラ
「ではハブさん。 沖縄に飛んで畑を借り、ゴーヤの種を蒔いてください。
  ヒグマさんは北海道で大豆の栽培。 ドルカは伯方で塩→にがりを。
  ダチョウさんは卵を用意してください」

1433
ゆーた 2019/10/27 (日) 23:37:29

加速

1434

ダチョウ「はーい、卵ですね。卵、卵…   卵…?」

その日を最後にダチョウさんはどこかへ行ってしまった

1435
名無しのフレンズ 2019/10/28 (月) 21:40:46 99902@b0782

フレンズたちの楽しいお料理教室

第2話タイトル>> 1437
>> 1439
>> 1441
>> 1443
>> 1445

1436
ゆーた 2019/10/28 (月) 23:42:28

加速

1437

ダチョウ倶楽部

1438
名無しのフレンズ 2019/10/29 (火) 21:28:19 99902@b0782

加速

1439
名無しのフレンズ 2019/10/29 (火) 22:03:08 修正 df5cd@cb22a

シロナガスクジラ達の元から逃げ出した私が、
アテもなくフラフラと歩いていると、

ジャガー
「どうした。 しょぼくれた顔して。
  おでんでも食べて行きなよ」

ジャガーが声を掛けてきてくれた。

ダチョウ
「ありがとう」

私は椅子に腰を下ろした。
出汁の良い匂いがする。
その匂いに釣られて具材の入った鍋を見た私は、顔が引きつった。
ぐらぐらと沸騰しているのだ。

ダチョウ
「ジャガー? 火が強すぎるんじゃないかしら?」

ジャガーは私の忠告には答えず、
「このタマゴなんか味が染みてていいんじゃないか?」
ーと、さいばしでタマゴを摘まむと近付けてくる。

ダチョウ
「自分で食べれるから、皿に置いてちょうだい?」

ジャガーは、それにも答えず、笑顔のまま
「ほら、あーん」
なおもタマゴを目の前に突き付けてくる。

思わず後ずさろうとすると、さっきまで屋台を曵いていたシマナメが、
いつの間にか背後に回り、私を羽交い締めにする。

ダチョウ
「いろんな意味で いやぁぁぁぁ!!」

1440
ゆーた 2019/10/29 (火) 22:06:42

やー!!加速

1441
名無しのフレンズ 2019/10/30 (水) 11:38:27 修正 b652b@9a4dd

熱々タマゴは必死に顔を背けた私の頬をすり抜け、
背後のシマナメに押し付けられた。

シマナメ「

私は一瞬 緩んだ拘束を振りほどき、ジャガーたちの元から逃げた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アテもなくフラフラと歩いていると、

ギンギツネ
「どうしたの? しょぼくれた顔して。
  温泉にでも入って行きなさいよ」

ギンギツネが声を掛けてきてくれた。
お言葉に甘えてお風呂場に行くと・・・

#なぜかシロサイ・オオアルマジロ・パンカメ出迎えてくれた 待ち構えていた。

キタキツネ
「準備できたよ」

片隅には盛塩のように雪が積まれ、変な形をした椅子?が用意されている。
お湯からは尋常じゃない量の湯気が、もうもうと立ち上っていた。

カピバラ
「熱湯風呂を用意しておいたよよよ…」

ダチョウ
「なんで、なんでこんなことに・・・?」

キタキツネ
「げぇむだからだよ」

ダチョウ
「そこまで体を張らなきゃいけないこと!?」

ギンギツネ
「ちゃんと肩まで浸かって30まで数えなさいね」

ダチョウ
「鬼!?」

そんな会話に気を取られていると、
いつの間にか背後に回り込んでいた3人組が、

パンカメ
「押すでござる」

オオアルマジロ
「押しちゃうですよー」

シロサイ
「押しなサーイ」

ーと言いながら浴槽に向かって私の背中をグイグイ押す。

ダチョウ
「いやあぁぁぁぁ!」

1442

加速

1443
ゆーた 2019/10/30 (水) 22:41:49

ザバーーーーーッ!あづーーーーー!!

ダチョウ「何をするんですか貴方達ー!」

カピバラ「良いお湯加減だったよよよ・・・」
ダチョウ「熱すぎです!こんな熱いお湯になんか入っていられません!」

パンカメ「なんと。入らないのであれば拙者が代わりに入らせてもらうでござる」
シロサイ「いやいや、私が入らせていただきますわ!」

ダチョウ「え?」

キタキツネ「ならボクが入るよ」
カピバラ「みんなずるいよよよ・・・お風呂と言えばカピバラだよよよ・・・」
オオアルマジロ「私がはいっちゃうですよー!」
ジャガー「おふろ!」

ダチョウ「・・・・」

1444
名無しのフレンズ 2019/10/30 (水) 22:45:59 df5cd@cb22a

加速

1445
名無しのフレンズ 2019/10/31 (木) 23:43:15 99902@b0782

ダチョウ「そ、それじゃ私が…」

一同「どうぞどうぞ。」

ダチョウ「コラーーーーーッ!!」

1446
名無しのフレンズ 2019/10/31 (木) 23:46:10 修正 99902@b0782

フレンズたちの楽しいお料理教室

第三話タイトル>> 1448
>> 1450
>> 1452
>> 1454
>> 1456

1447
ゆーた 2019/10/31 (木) 23:53:43

加速

1448
突撃怒りのチンパンジー 2019/11/01 (金) 00:46:20

燃え盛る炎はクジャクの如く

1449
名無しのフレンズ 2019/11/01 (金) 02:22:00 1aa08@a6540

加速

1450
ゆーた 2019/11/01 (金) 18:32:22

何やかんやでダチョウは一人、火山ちほーにきていた
ダチョウ「あっついですねぇ・・・しかしここを通らないと次のちほーへ行けませんから避けては通れないですし・・・」
しばらく歩いていると行く手に煙が上がっているのが見えてきた
ダチョウ「私の占いではあの煙のほうへ向かえと出ています、いってみましょう」

1451
名無しのフレンズ 2019/11/01 (金) 18:37:25 b652b@9a4dd

加速

1452
名無しのフレンズ 2019/11/01 (金) 21:26:53 99902@b0782

煙の立つ元を目指し歩いて行くと、一人のフレンズの影が見えてきた…

ダチョウ「あ、あなたは…!?」

1453
ゆーた 2019/11/03 (日) 21:48:25

加速