みんポケ!

【SS】バトルロイヤル

15 コメント
views
90 フォロー

絶対に完結させます

あんみつ
作成: 2020/05/17 (日) 03:40:35
通報 ...
1
あんみつ 2020/05/17 (日) 03:55:09

 あんみつの彼女は紐で手足を縛られ、廃工場のコンクリートの上に横たわっていた。
 それを見下ろすのは男──目玉が異様に飛び出しており、でこか爬虫類を連想させるような、パーカー姿の青年である。

すいぴら「ふーん、この娘があんみつの彼女ね」

 すいぴら青年は右手で少女の顎を掴み、顔をまじまじと覗き見る。
 少女は、そのギョロりとした目を見た途端に寒気が走り、じたばたと暴れだした。

あんみつ彼女「やめて、離して!」

木偶の坊「オラァ!おとなしくしろゴラ!」

 傍らにいた大男は、抵抗する少女の腹部を容赦なく蹴り飛ばす。

あんみつ彼女「げ、げほっ……」

すいぴら「あー、あまり跡は遺すんじゃねぇぞ…。売り物にならなくなっちまうからよお」

 そこへ、工場の外にミライーツが停まり、運転手の金髪の若者は車を降りて一同に駆け寄った。

オサボリマン「ピラフの兄貴ぃ、車の用意ができましたで!」

すいぴら「よし…予定どおり例の場所に運べ。」

 木偶の坊とオサボリマンは2人がかりで少女を抱えると、ミライーツのトランクに押し込んだ。
 その様子を見るすいぴらの眼には、必死に抵抗する女ではなく、その彼氏の顔が映っていた。

すいぴら「あんみつ…これでてめえは終わりだァ…」

 ニチャアと音を立てて薄気味悪い笑みを浮かべると、夜の街に青年の歓笑が響き渡った。

2
木偶の坊 2020/05/17 (日) 03:55:16

支援

3
あんみつ 2020/05/17 (日) 13:37:13

 やさしいそよ風が吹きすぎる午後、あんみつは自身のアトリエで絵を嗜んでいた。
 余談だが、巷で噂のバンクシーとは彼のことである。

御ハッサム「先輩!」

 そこへ、小太りの少年がビラを片手に飛び込んできた。

あんみつ「なんだ騒々しい」

御ハッサム「こんなモノが掲示板に…」

 彼の持っていたビラには、目を疑う内容が記されていた。
 曰く、あんみつの彼女は預かった。返してほしければザワザワシティまで来い、と乱雑な字で記されていたのだ。

あんみつ「あいつら…下劣な真似を!」

 色白の優男も、思わず顔を朱に染めて怒りに打ち震える。
 恐る恐る、御ハッサムは犯人に心当たりはあるのかと尋ねると、あんみつはこれまで幾度となく襲撃を受けてきたこと、またそれらを返り討ちにしてきた旨を説明した。

あんみつ「…今回もアンチあんみつ党、連中の報復だろう」

御ハッサム「なんてひどい奴らだ…先輩、僕も加勢しますよ!」

あんみつ「御ハッサム…お前…」

4
御ハッサム 2020/05/17 (日) 13:39:15

小太りだァ...?
支援

5

バンクシー草だな

6
あんみつ 2020/05/17 (日) 14:09:17

 ザワザワシティとは、東京の某地域にある巨大都市群をまとめた総称である。
 名古屋から新幹線でやってきた田舎者の御ハッサ厶は、初めての東京に目を輝かせていたが、あんみつは重苦しい表情をしていた。
 脅迫状の文には続きがあったのだ。

あんみつ「…ザワザワシティに来た上で、9人の刺客を皆殺しにしろ、か」

御ハッサム「連中、先輩が戦う姿を見て楽しもうって魂胆ですよ。全く、どこまでゲスなんだ!」

 深夜1時とはいえ、夜の東京に出歩く人は多い。
 すると通り過ぎようとした裏路地から突然、錆びれた声が投げられる。

???「…おっと、馴染みの顔だねえ」

あんみつ「──!」

 咄嗟に身を構えるがもう遅い。彼の右手には既に、世界最強の拳銃デザートイーグルが握られていた。

御ハッサム「柿崎さん…あなた、まさか連中の狗に成り下がったのですか…?」

 その問いかけに、全身黒づくめの男柿崎はひっひっひっと笑う。おどけた様子でこれは異なことを、と言った。

柿崎「あっしはFXで背負った借金1億を、ここにいる9人のコテハンを倒せば肩代わりしてくれると約束されたんだが──」

柿崎「どうやら事はそう単純ではないらしいねえ」

7
ちら 2020/05/18 (月) 02:53:22

前もあったような

8
あんみつ 2020/05/18 (月) 15:05:58

御ハッサム「先輩は彼女を誘拐されてるんだ!ここは退いてください!」

柿崎「…さて?それはお前さんが1億を払ってくれるということかい」

 柿崎は依然として、ニヤニヤとした表情のまま銃を構えたままである。痺れを切らした御ハッサムは、話し合いは時間の無駄と判断した。

御ハッサム(──埒が明かない。ここはひとまず眠ってもらうぞ!)

 瞬時にして、御ハッサムの右腕が熱を帯びる、赤く輝く。肌色の皮膚が反転し、銀色の鋼鉄が剥き出しとなる。
 高熱の瓦斯を噴き出しながら今、機械仕掛けの右腕(バレッドパンチ)が唸りを上げ──

御ハッサム「なっ──」

 1秒にも満たないバレッドパンチの起動より先に、柿崎が弾丸を放った。
 弾丸は歯車の動きを止め、回路を狂わし、必中の技を不発に終わらせた。

柿崎「おいおい、気が早いなお兄ちゃん」

9
あんみつ 2020/05/18 (月) 15:33:18

御ハッサム「嘘だろ…ただの攻撃にはビクともしないはずなのに…!」

 信じられないという表情をした御ハッサムの肩に、あんみつは手を置いた。

あんみつ「柿崎、彼は機械オタクだ」

御ハッサム「…!」

 機械オタクはだいたい何でもできるのだ。

柿崎「それで?お前さん、さっきから何か言いたげだが」

 あんみつはそう尋ねられ、ふうっと息を履いた。
 懐から1枚のカードを取り出すと、柿崎に投げつける。世界最強のクレジットカード──アメリカン・エキスプレス・センチュリオンである。

柿崎「これは…ブラックカード!実在したのか…」

 驚愕する柿崎に、あんみつは取引を持ちかける。
 その条件とは、自分が1億を払う代わりに矛を納めること。そして、さらに5億を払う代わりに──

あんみつ「柿崎さん。俺に加勢して、すいぴらや木偶の坊と戦ってほしい」

御ハッサム「待ってください!いくらお金持ちの先輩といえど、さすがにその額は…」

あんみつ「いいんだ!…大切な彼女を助けるためなら、金などいくらでも惜しくない」

 その男気あるあんみつの言葉に、御ハッサムは心を打たれ涙した。
 対する柿崎はひっひっひっと笑い、あっしはそのセリフが聞きたかったのさ、と呟いた。

10
あんみつ 2020/05/20 (水) 03:26:49

 一方その頃、スターバックス千代田区支店にて──。
 アンチあんみつ党の筆頭たるすいぴらも、こうしてiPadを片手に腰掛けていれば、一見普通の大学生と変わりはない。
 だが、その瞳には凶悪な闇が息を潜めており、事実その画面には、東京都内各地の防犯カメラの映像が映し出されていた。

韮崎「すいぴら君、また新しいゲームやってるの?受験勉強は?」

 傍らにいる女性は、隣にいる男が準暴力団組織のトップであるとは夢にも思っておらず、遊んでばかりの彼氏に頬を膨らませていた。
 彼女の言葉も意に介さず、すいぴらはニヤリと笑う。

すいぴら「さあ、地獄のデスゲームが始まるぜ──」

11
あんみつ 2020/05/20 (水) 04:14:52

──新宿区にて
シャンてぇあ「おうおうてめぇ俺にガン付けたよなあ?」

シータ「なんだこいつクソつまらん^^;」

──江戸川区にて
メガゴルダック「参加者が減るまで家で寝てるか…」

──葛飾区にて
ドリランド「あぎゃああああああああああ!」

砂川ぼんちゃん 「ドリランドと…もう1人誰がいるぞ」

アクティブ 「クッソ、マジで意味わからん奴とエンカウントした^^;」

──墨田区にて
アポかど 「”制空権”を持つシャンてぇあとの衝突は避けたいね」

ふりぃず 「都内在住のすいぴらが参加してないのか?」

──台東区にて
御ハッサム「──ということは、協力してくれるんですね!」

柿崎「ま、雇われた以上、相応の働きはするさ」

あんみつ「心強いです」

──千代田区にて

オサボリマン「いいんすか?ピラフの兄貴は手を出すなって…」

木偶の坊「うるせえなぁ、少しちょっかいかけるだけだ」

13/10   To be continue

13
柿崎だったり 2020/05/23 (土) 18:33:03

更新が楽しみです!!

14
御ハッサム 2020/05/23 (土) 21:42:57

はよ

15
あんみつ 2020/05/24 (日) 03:18:09

──新宿区にて

 太陽が隠れてから数時間経ち、すっかり冷え切った夜更けでも首都東京は眠らない。
 中でも、とりわけ明るいのは新宿区である。コロナウイルスの蔓延よって緊急事態宣言が出された今、外出する人間の数は大幅に減ってはいる。しかし、それでも街をうろつく人間は何者か。その多くは理性的な判断のできない狂人だが、中には仕事の都合上やむなく出歩く人間もいる。

シャンてぇあ「雑魚が、ぶち殺されてぇかっ!」

 この男はどちらだろう。せっかくの自粛期間中だというのに、すいぴらからの招待状もとい脅迫状により、新潟から遠路遥々呼び寄せられた男だ。これはシャンてぇあにとって、けして不要不急の外出ではない。
 しかし、通りに積み重なって伸びている重傷者は、すべてシャンてぇあの暴行による犠牲者であり、中には女性や警察官もいる。やはりこの男、正気ではない。

シャンてぇあ「クソ、ピラフの奴め。この俺に恐喝するたあ増長しやがったなァ...!」

 すでに酒が回っているシャンてぇあは、いつにもまして気性が荒い。それはすいぴらへの憎悪によるものと、もう一つ──

???「超遠距離射撃──完了」

 現在、南の方角から自分に向かって、毎秒1000メートルほどの速さで迫っている弾丸を感知したのだ。弾丸は1ミリの狂いなく直進し──そして、間もなく着弾というところでぴたりと動きを止めると、突然落下した。

シャンてぇあ「てめぇ──撃ったなこの俺を撃ったな。殺そうとしたってことは、殺されてもいいってことだよなァ!?」

 怒号を発した先、その凶暴な双眼が睨むのは、遥か数キロメートル先の高層ビル──その最上階である。

シータ「???」

 たった今スナイパーライフルの引き金を引いたシータは、東京都庁の展望室──地上約200メートルの高みに陣取っていた。
 角度、風速、距離、あらゆる演算の末に勝利を確信していたのだが──

シータ「──意味わからん、プランを『ベータ』から『デルタ』に変更です^^;」

 位置が割られた今、ここに居座ったところで意味がない。シータはライフルを捨てると、大急ぎで都庁を出た。
 一方、権能「制空権」の感知によって狙撃を回避したシャンてぇあは、すでに追跡する構えに回っている。

シャンてぇあ「お?お?逃げるか?逃げる気か?逃がすわけねぇだろ馬鹿が!!」

 「制空権」を発動し瞬間的に高度100メートル程の高さまで飛び立つと、自分を狙撃した者を八つ裂きにするべく、80キロ程の速さで急発進した。