みんポケ!

【人類】ロニーコールマン【最強?】

17 コメント
views
92 フォロー

※俺の妄想世界のロニーコールマンの話です。

ゴリ郎
作成: 2020/08/20 (木) 10:02:23
通報 ...
1
ゴリ郎 2020/08/20 (木) 10:05:48

ロニーコールマンが本気で泳いだら50ノットくらいはいきそう

俺がたまに釣りに行く箇所の近くにある激流の場所があって自殺の名所なのもあり誰もそこでは釣りしてないんだが、ロニーコールマンならそこに落ちても普通に温泉に入ってるような涼しい顔で流れに身を任せて遊んでそう

2
ゴリ郎 2020/08/20 (木) 10:06:19 >> 1

流れるプール的なノリでしかなさそう

3
ゴリ郎 2020/08/20 (木) 10:08:58 修正

徳島県の鳴門にある大鳴門橋の下には渦潮が巻くことがあるんだが、橋から渦潮までは45メートルくらいあるから、普通の人間なら落ちたらまず助からないだろう

これもロニーコールマンだったら飛び込んだ衝撃で渦潮が消えてかつ海がロニーの落下衝撃に耐えられず割れそう

4
ゴリ郎 2020/08/20 (木) 10:12:40

ロニーコールマンはパンチに炎や衝撃波を纏わせて放つことが出来るが、それらを纏わずただのパンチを放つだけでしかもその風圧だけで人間なら1000人くらい吹き飛ぶので、「多勢に無勢」に持ち込む行為はムダでしかない

5
ゴリ郎 2020/08/20 (木) 10:14:05

衝撃波を纏わせたパンチやキックなら、1000万人以上は吹き飛んで木っ端微塵になるとされる

6
ゴリ郎 2020/08/21 (金) 13:22:11

また、ロニーコールマンは素手で戦うことがほとんどだが、たまに大剣「ロニー・マッスルソード」を使用した剣術でも戦うのだ

この剣はロニーの身長より長い大剣であり、一振りで発生する斬撃だけで並の人間相手なら数千万人全員真っ二つになって消し飛ぶ

7
ゴリ郎 2020/08/21 (金) 13:23:54 >> 6

近距離の相手には斬撃ではなくそのままグサリと首などに突き刺して葬ることもある

8
ゴリ郎 2020/08/22 (土) 00:23:32

上記の攻撃でも特に本気モードの時なら日本の総人口くらいなら一撃で消し飛ばしそう

9
ゴリ郎 2020/08/22 (土) 01:07:47

そんなロニーコールマンの攻撃を数千発くらってもビクともしないマッチョなミッキーとかいうバケモノ

10
ゴリ郎 2020/08/22 (土) 01:11:02

ドリランドの妄想世界の人間の中だと最強はロニーコールマンとされているが、人間という種族の奴のほとんどはロニーコールマンに触れることすら出来ずに倒されるのだ

倒せはしないが触れることは出来るのはそこそこのレベルのボディビルダー以上からなのだ

11
ゴリ郎 2020/08/22 (土) 01:12:14

フィルヒースやマーカスルールクラスの上位ボディビルダー達なら勝てはしないがロニーコールマンともまともな勝負は出来そう

12
ゴリ郎 2020/08/22 (土) 19:23:13

唯一互角に戦えるボディビルダーといえばアーノルド・シュワルツェネッガーだが、ロニーコールマンよりも高齢なので全盛期なら互角にやれても現在はロニーコールマンにとても勝てないだろう

13
ゴリ郎 2020/08/22 (土) 19:25:33

まあロニーコールマンもマッチョなミッキーとかに比べるとかなり高齢だけどな

ミッキーはまだ二十歳すら来てないので、まだまだ全盛期ですらない、つまり全盛期でなくてあの強さなのだ

14
ゴリ郎 2020/10/18 (日) 15:45:40

ロニーコールマンは本気の戦闘モードになると、背中の筋肉が龍の顔のように変形するのだ

さらに進化形態になると、龍人のようになるらしいが、噂程度なので続報が待たれる。

15
ゴリ郎 2020/10/22 (木) 17:46:54

ロニーコールマンの異名は、よく呼ばれてる異名から数人程度が勝手に呼んでる異名まで含めると20はあるらしい

そこで、一部を紹介しておこう

16
ゴリ郎 2020/10/22 (木) 17:49:23

【メジャーな異名】
・筋肉の神様
・筋獣神
・筋肉山脈

【マイナーな異名】
・黒い怪物(Black Monster)
・マッスルドラゴン
・英雄
・究極の男

17
ゴリ郎 2020/10/22 (木) 17:51:43

「マッスルドラゴン」という異名は、ロニーにかつて敗れたボディビルダーやその取り巻きたちだけが主に呼んでいる

つまり、ロニーコールマンの真の姿は龍人のようになるが、それは本気の戦闘でしか出さないため戦った奴らしかその形態は見たことがないということかも