きくくち

沈丁花

1 コメント
views
0 フォロー

雨の水と同じ温度の花の香り
どこから?と四ツ辻を見わたす
芳香に気づいてから花の姿に会うまでの
こころの浮遊

持っていてはいけない物を持っていて
檻に入れられ檻から出された男が書いていた
「沈丁花の香りが懐かしかった」

気の触れた妻と死闘、酒に溺れ、
それでも還ってきた妻と
暮らしを取り戻した男が書いていた
「中庭の沈丁花を見るたびに今年も生き延びたとおもう」

沈丁花
この漢字三文字
じんちょうげ
弦をじいんと鳴らすような響き
ジンチョウゲ科のジンチョウゲ
薄紅の差した
四弁花の小さな集合体の姿

男たちの安堵はこういうかたちで
春の世界にあらわれる
そのかたちと出会うまでの
男たちのこころの浮遊

shirakawanomiya
作成: 2022/03/15 (火) 15:32:02
通報 ...
1

雨の水と同じ温度の花のにおい
どこから、と四ツ辻を見わたす
かぐわしさに気づいてからその姿に会うまでの
こころの浮遊

持っていてはいられないものを持って
ひさかたぶり、檻から出された男が書いていた
「沈丁花の香りが懐かしかった」

気のふれた妻と、溺れたのは誰、
それでも還ってきたひとと
木々に触れるように
暮らしを取り戻した男が書いていた
「中庭の」

「沈丁花を見るたびに今年も生き延びたとおもう」

沈丁花
この漢字三文字
じんちょうげ
弦をじいんと鳴らすような響き
ジンチョウゲ科のジンチョウゲ
薄紅の差した
四弁花の小さなあつまり
かさなりあってここで心音になる

男たちの安堵はこういうかたちで
春の窓に首をもたげる
その輪郭と出会うまでの
かたくもやわらかなこころの浮遊

×
2022年7月4日(月)14時から16時の間、システムのコアアップデート作業を行います。作業中はzawazawaの全てのサービスが停止します。何もトラブルがなければ、すぐにサービスを開始する予定です。ご迷惑をおかけしますがご協力のほどお願いいたします。