Warframe Wiki

よくある質問 / 16784

17017 コメント
views
5 フォロー
16784
名前なし 2024/04/18 (木) 15:28:36 0d63f@3fc58

状態異常率について質問です。
異常率100%(火炎50%、感染50%)の場合で、感染のスタックが上限の10になっている時、感染異常の50%は意味がなく、50%の確率で火炎が付与されることになるのでしょうか?
その場合、スタック上限がある状態異常率は低めにし、上限のない切断、火炎、電気、毒の割合を高める方が効果的である という認識で正しいでしょうか?

通報 ...
  • 16785
    名前なし 2024/04/18 (木) 17:39:31 42ebb@90f67 >> 16784

    大体あってるけれど、特定の異常を最大スタックまで付与した対象にもその異常は発生するので、50%で発生した感染異常が無駄になるイメージ。一応発生してるので最大スタック付与してる異常でもエンカンバーやGrowingPowerのトリガーにはなるはず(GPは持ってないので試せてない)。
    仰る通り上限の無い異常の割合を高めたほうが火力が出る場合が多い(CO使う場合なんかは均等な方が良かったりする)

    16787

    回答ありがとうございます。
    なるほど異常の発生自体は起こってるんですね。異常発生がトリガー、理屈的には異常の持続時間も更新されていると予想出来るので無駄ではないですね。

  • 16786
    名前なし 2024/04/18 (木) 17:51:50 修正 7c0b7@132fb >> 16784

    答えは2つともyesだが考えるべきことがいくつかある。参考になりそうなこと簡単に羅列するけど 感染は1スタック目だけでも十分強力なので感染割合は低くてもいい。感染割合を低くするために15/60MODを積んだ場合、エクシマス等のオバガに対して若干弱くなる。感染異常をフルスタックする前に倒せてしまう場合がある。火炎異常のDoT ticは最初のダメージ発生まで1秒掛かる。60/60属性を積むよりも90/90属性を積んだ方が発生確率が上がるケースがある(これはちょっと前にゲーム内アーセナルの異常確率のところで確認できるようになった)。火炎DoTは火炎継承の仕様によって、センチネル, スペクター, 他プレイヤーの火炎異常が後から発生すると期待したダメージが出ないことがある。

    16788

    回答ありがとうございます。
    状態異常率が高ければ高いほどいいという簡単な認識でいましたが、その割合が重要ですね。
    備考もありがとうございます。ビルドを見直してみようと思います。