みんポケ!

【ss】あんみつ無双Ⅱ

6 コメント
views
68 フォロー

 目を開けると、何かが俺に纏わり付いていた。ああ鬱陶しい。なんだこいつらは、気持ちが悪い。
 ぶつぶつ訳のわからん事を言いやがって、虫螻が。これ以上俺の世界を奪うんじゃねぇ。ここは俺だけのものだ。早く離れろ、ここから出て行け。──唯我論・国土無双!

あんみつ
作成: 2019/03/23 (土) 22:13:23
最終更新: 2019/03/24 (日) 00:55:15
通報 ...
1
あんみつ 2019/03/23 (土) 22:33:20 修正

・このssは、君たちの妄想に、俺が勝手に手を加えたものです。
・否定的な意見は禁止です。

2
#ログ 2019/03/24 (日) 07:49:51

俺たちの妄想を書き換えないでください

3
あんみつ 2019/03/24 (日) 10:15:16

 ニガヨモギが枯れる頃──世界を賭けた戦争が勃発した。異能力が衝突し、策謀が交錯し、世界はまた一段と色褪せる。
 そんな中、積年の人々の無垢なる恨みによって、天道あんみつ大王は目を覚ました。
 まず感じたのは憤怒。世界を司る理が、有象無象の塵屑共によって破壊される。そんな終末、許さないし、認めない。かくして、あんみつ大王の正義の鉄槌が降される──!

4
御ばけ武者 2019/03/24 (日) 10:27:40

編集前1レス目の文は? 支援

5
あんみつ 2019/03/24 (日) 10:54:21

 あんみつ大王の鉄槌。それは正義の拳。微量の誤差もない垂直攻撃。つまり、最初の犠牲者となるのは必然的に高等生物となる。
 当代のそれに当たる存在は、妖精王ベリヒであった。太極の接近を感知して、急いで逃げだそうとするももう遅い。全知全能たるあんみつ大王は、妖精王を自身の空間に連れ去った。
 「こ、ここは...」
 真っ平らな地平線。凸凹一つない精錬された空間。妖精の気配すら感じないということは、ここは異次元──強制転送されたということか?この私が?そんな芸当ができる者など存在するのか?
 『欲望の塊。邪悪の権現。さすが、生物ピラミッドの頂点に君臨するものは、それを象徴する性質をしてやがる。』
 「き、貴様は」
 振り返ったところで、目が眩んだ。無敵の妖精王とて、太極の存在を視認することはままならない。
 『強制決闘(アブソリュート・デュエル)。俺が人として生きていた時代に使われた覇術だよ。』
 「...何者だ」
 愚問であった。妖精王とて無知蒙昧ではない。気づいたがゆえに、認められなかったのだ。だって、その意味するところは──
 『妖精王、命令だ。ここで死ね。』
 「い、嫌だああああ!断じて認めてなるものかああああ!」
 妖精王は魔法陣を展開した。たとえ異次元といえど、眷族の召喚は可能である。荒れ狂う巨人の亡霊(スプリガン)紡ぐ門番の婆(バーバ・ヤーガ)彷徨う人造の罪人(アイアン・ジャック)、フルパワーで眷族を多重召喚し、目の前の理を殺しにかかった。しかし──
 『唯我論・国土無双──グランドクロス!
 必殺の奥義も、破滅の呪いも、数の暴力も、そんな効果をあんみつ大王は“知らない”。そんな概念は“認めない”。ゆえにただ“黙らせた”。
 閃光が走る刹那の中で、哀れにも眷族たちは嬲られて、抉られて、叩き潰されたのだ。
 「あ...ああ」
 もはや妖精王に為す術はなし。文字通り八つ裂きにされて、マーデボルジュまで堕とされる。
 あんみつ大王の怒りは、まだ冷めない。