みんポケ!

【ss】ざわざわ遺跡 / 2

17 コメント
views
76 フォロー
2
あんみつ 2019/08/18 (日) 18:39:00

 足を踏み出したその瞬間  殺意が上から降ってきた。

スティーブ「...ッ!」

 咄嗟に、スティーブは後ろへ跳び退く。反応が僅か数秒でも遅れていれば、今頃八つ裂きにされていただろう。
 暗闇の中、天井から落ちてきたのは、青白い肌をした異形の巨人。

 なんだこいつは…人間なのか? いや、とてもそうは思えない。
 これだけのクリーチャー感がありながら、なぜだか存在感を感じない。目の前にいるというのに、洞窟の闇に溶け込んでいる。
 そしてそうでありながら、強風のように殺意だけが伝わってくる。

 その怪物を前にして、老人は憎むような、憐れむような、冷たい視線を送った。

メガゴルダック「この吐き気を催すような臭い…ああ、アクティブか」

スティーブ「爺さん、こいつと面識が?」

メガゴルダック「ああ。70年前、勇者あんみつを裏切ろうとして返り討ちに遭った挙句、内通していた敵にも切り捨てられた哀れな男だ」

メガゴルダック「とっくに死んでるもんだと思ってたが…まさか、こんな姿に…」

 奴との思い出はロクなものではなかったし、殺してやろうかとも思っていた。しかし、あのぺらぺらとうるさかった道化が、物言わぬ木偶と成り果てるとは...正直心が痛む。
 死なせてやるのがせめてもの情けか。一瞬でケリをつけてやろうとしたそのとき  

アクティブ『此処ハ...何処ダ...』

アクティブ『俺ハ...誰ダ...』

 馬鹿な...喋った、だと? 彷徨う死霊は何度か見たことがあるが、理性が僅かでも残っているモノなど...

アクティブ『餡蜜ハ...何処ダ...』

 アクティブの潰れた両目から、赤黒い光が漏れる。

アクティブ『貴様...餡蜜カァッッ!!』

メガゴルダック「っ、走れ!!」

通報 ...