zawazawa official

コードブロックでシンタックスハイライト

0 コメント
views
0 フォロー

コードブロックでシンタックスハイライト

zawazawaでソースコードが含まれるコメントのやり取りを行う場合、コードブロックが便利です。

コードブロック

コードブロックを使用したい場合、行頭に```(トリプルバッククォート)をソースコードの前後に挟むことで、その部分をコードブロックとして表現できます。

インラインで使用する場合、`(バッククォート)で当該部分を挟みます。

コードブロックの記載例

    ```
    object HelloWorld{
      def main(args: Array[String]){
        if(args.size == 0) {
          val strs = Array("Hello", "World")
              output(strs)
        } else {
              printf("Invalid args.")
        }
      }

      def output(strs: Array[String]):Unit = {
        for(str <- strs) {
          printf("%s ", str)
        }
      }
    }
    ```

結果

    object HelloWorld{
      def main(args: Array[String]){
        if(args.size == 0) {
          val strs = Array("Hello", "World")
              output(strs)
        } else {
              printf("Invalid args.")
        }
      }

      def output(strs: Array[String]):Unit = {
        for(str <- strs) {
          printf("%s ", str)
        }
      }
    }

シンタックスハイライト

最初の```(トリプルバッククォート)の後ろにシンタックスを記述することで、その言語に対応したシンタックスハイライトが有効になります。

記載例 scala

    ```scala
    object HelloWorld{

結果

    object HelloWorld{
      def main(args: Array[String]){
        if(args.size == 0) {
          val strs = Array("Hello", "World")
              output(strs)
        } else {
              printf("Invalid args.")
        }
      }

      def output(strs: Array[String]):Unit = {
        for(str <- strs) {
          printf("%s ", str)
        }
      }
    }

コードブロックに色を付けることで可読性がぐっと向上します。

zawazawa運営
作成: 2017/11/28 (火) 14:24:20
最終更新: 2017/11/28 (火) 15:21:32
通報 ...