WarThunder Wiki

Sunderland Mk V

20 コメント
views
0 フォロー

Sunderland Mk Vコメント欄 http://wikiwiki.jp/warthunder/?Sunderland Mk V

KLAKULI
作成: 2016/12/20 (火) 22:06:05
通報 ...
1
名前なし 2016/12/20 (火) 22:52:51 a504f@7af49

3型とは何が違うんだ?

2
名前なし 2016/12/21 (水) 03:47:47 7dbba@b4eaa >> 1

防護機銃の数が増えて、12.7mmが追加された

3
名前なし 2016/12/21 (水) 13:29:03 d5e74@82171

主翼下、胴体側面下寄りの銃座は、ちょっと波が立てば浸水しそう。銃を収容してハッチを閉じるようになっているのだろうか

4
名前なし 2016/12/21 (水) 15:46:01 d5e74@82171 >> 3

駐機画面で窓を通して見ると、機内は普通に浸水済み

5
名前なし 2016/12/22 (木) 00:02:48 1cec4@0e256

これで英国もフロートイベでカタリナ無しで2機出せるようになるのか

6
名前なし 2016/12/22 (木) 12:09:38 06011@603fc

水上機イベントで最強の国と化したイギリス

7
名前なし 2016/12/22 (木) 13:04:46 8c325@f5b82 >> 6

更にハリネズミ化してんの?これはアレだな、編隊で飛んで曳光弾ばらまくスクショをだな

8
名前なし 2016/12/25 (日) 00:11:07 88a4a@9ef19 >> 7

そして空中艦隊構想は再び浮上する・・・そう、空中艦隊は不滅。決して沈まぬのだ・・・

9
名前なし 2016/12/28 (水) 19:03:21 d5e74@44178

従来実装の英機には無かった銃座要員数

11
名前なし 2017/01/03 (火) 19:16:05 f96f6@9f067 >> 9

これなら紅茶片手に仕事してても余裕で撃墜できそうだ(ぇ)

10
名前なし 2016/12/31 (土) 17:36:25 4312d@243c4

正面から見ると低燃費のオンジの顔に見えなくもない

12
名前なし 2017/01/04 (水) 15:49:41 f9748@8d006

わーい安心と信頼のm2ブローニングが銃座に装備されて防御力アッ・・・。なんで側面なんて使わないとこ配置したし百歩譲って正面に配置いしろし

13
名前なし 2017/01/04 (水) 18:14:36 5240b@4e590 >> 12

1.ウェリントンや97大艇、B-34等を探し、進路方向を見定め、側方下側から同航戦に持ち込みましょう。他アングルからより比較的安全にキルが取れます。 2.占領した飛行場の周囲をガンシップの如く緩やかな旋回で周回し、着陸しようとする敵機を蜂の巣にしましょう。側面下方もある程度12.7mmがカバーできるので、占領妨害、対空防禦が両立でき、周回数、キル・キルアシ数が伸びます。、、、防御力UPでは無く、攻撃力UPの模様です。

14
名前なし 2017/01/05 (木) 19:50:26 f9748@8d006 >> 13

イギリスは斜銃の概念と連続して対地に攻撃を加えられるガンシップの概念を先んじて研究していた可能性が微レ存・・・?

15
名前なし 2017/01/07 (土) 23:17:42 a7da9@11bae

なんで側面に12.7mmを付けたのかコレガワカラナイ

16
名前なし 2017/01/08 (日) 20:56:12 dcb3e@220cb >> 15

Uボートを攻撃するために12.7mmを追加したらしい。まあタレットごと交換とかなったら重量増えそうだし妥当な判断じゃないの。

17
名前なし 2017/01/09 (月) 11:33:14 26840@01e22

地上攻撃や占領戦で低空に入った時の各機銃座の一斉射が実に心地よい、ただ銃手の育成してないからドカドカ撃ってる割には一向にヒットの報告が来ないというね…

18
名前なし 2017/01/09 (月) 12:28:03 5c983@dd9e2 >> 17

ホント気分はガンシップ

19
名前なし 2017/01/13 (金) 21:47:09 d5e74@763f5

この機体のために、銃座要員買い足しでポイントを投入することになった

20
名前なし 2017/01/20 (金) 20:29:19 d5e74@606b3

海上不時着したパイロットらはサンダーランドに拾われたら熱い紅茶にありつけたのだろうか。小さなウォーラスだと期待できない贅沢