山木康世YY掲示板「風のアホウドリ」

書き込みお待ちしています! / 3058

3091 コメント
views
0 フォロー
3058

こんばんは〜
昨夜の懇親会で、山木さんから提案があって、新譜ジャーナルの山木康世のフリースペースを
読んでた人。ハーイ!手を上げました。久しぶりに新譜ジャーナルを押入れから引っ張り出して来るのは
今日も仕事だったんので、大変なので、金魚鉢の中の太陽をリビンングの本棚から出して読み返し始めました。とっても、懐かしいです。
1980年の2月の始め、東京のとある喫茶店で、取材がありました。
はじめに、から一部抜粋です。
そうそう、こんな感じで山木さん、引き受けられたんだなあ〜と、懐かしさがいっぱいです。
第1回は、「しのぶちゃん」は、マネジャーさんと同じ名前です。
興味津々、どう言う展開になるんだろう?と、読み進めて行きました。
第2回は、「雷小僧の告白」、山木さん自身の告白でもうあの頃、山木さんがどうして東京を離れ
また、札幌に帰られたのか?心境が手に取るようにわかる様に告白されてます。
今もコンサートで時々話されますが、なんか変わらない山木さんだ〜て、思えるのが嬉しいです。
遠い雲の上の上の存在の山木さんが、懇親会で話が出来る様になるなんて、考える事すら出来なかった。
山木さんが言われていたのは、ふきのとうを少し離れて、「山木康世」「山木康世のフリースペース」
として、皆んなに集って欲しい。過去に山木康世のフリースペースを読んで居られた方、また、
若い人、知らない人にも、山木さんが創られた曲や詩、そして、エッセイや、物語など、
を、もっと見て欲しいし、それにはどうしたんだろういいんだろう?と、話されてました。
私からは、上手く伝えられないですが、、、
皆さんに語って欲しいと言われてました。
合ってますか?
明日は大阪!!いつもより早い時間なので、間違えない様に行こう!(^。^)/

通報 ...