WarThunder Wiki

雑談掲示板 / 297662

345078 コメント
views
8 フォロー
297662
名前なし 2018/04/16 (月) 21:31:51 修正 68d4f@9fa0f >> 297654

実をいうとだな、分隊単位であれば火力は日本側のが上だったりする 日本軍は山砲が優秀でバラして運べるから実は火力は思われてるほど低くない 小隊単位だと逆転されるけど

通報 ...
  • 297664
    名前なし 2018/04/16 (月) 21:34:30 c7c0c@14a0a >> 297662

    分隊に砲が行き渡るなんて、開戦前のドイツでもあり得なかったんじゃない?

  • 297669
    名前なし 2018/04/16 (月) 21:39:06 68d4f@9fa0f >> 297662

    ここで持ち運びに便利ってのが効いてくるんだ 中国や南方みたいなクソみたいなインフラでも数人程度で持ち運べちゃう山砲は優秀すぎてアメリカ軍ですら積極的に鹵獲して実際に運用するための集積所まで作ってたぐらいだし

  • 297670
    名前なし 2018/04/16 (月) 21:43:22 cb601@d966e >> 297662

    その山砲なんていう名前?

  • 297672
    名前なし 2018/04/16 (月) 21:46:00 80e66@abe63 >> 297662

    分隊で勝ってても師団レベルになると…。飛行機と大砲の数段違いだったし…。

  • 297676
    名前なし 2018/04/16 (月) 21:51:13 cb601@d966e >> 297662

    分隊単位の比較でも標準編成がBAR+トンプソンのフルオート火器。残りの全員も半自動小銃持ちの米軍に火力で勝つって無理なんじゃ...その山砲の配備数って一分隊毎に一砲ってわけじゃないだろうし。

  • 297678
    名前なし 2018/04/16 (月) 21:56:42 修正 68d4f@9fa0f >> 297662

    これ読むといいぞー あと火力の話で忘れちゃいけないのが武器の有効射程 アメリカ軍は歩兵の半自動小銃の配備などによって50m以内での歩兵1個連隊の1分間あたりの最大発射弾薬量は日本が11トンでアメリカが40トンと大きく差があるけど、距離300mから500mだと日本軍11トン、アメリカ軍12トンと拮抗してしまうんだ 日本軍とかは軽機関銃を分隊単位で配備してその軽機関銃をメインとして歩兵銃を支援としてっていうドクトリンで、アメリカ軍は小隊単位でそれを配備して歩兵はM1を持たせて近距離火力上げって戦法だったんだと ここに山砲とかが加わると火力が逆転しちゃうって寸法よ 開戦時はアメリカ軍はこれを十分に把握してなくて中長距離から一方的に嵌め技食らったってのが初期日本軍の快進撃の一因なんだとさ

  • 297687
    名前なし 2018/04/16 (月) 22:11:31 c7c0c@14a0a >> 297662

    それはすげー納得だけど、枝の元の文は、日帝が各分隊に山砲を一門装備というミラクル充足率を誇っていたかのように読めるんだよ。

  • 297689
    名前なし 2018/04/16 (月) 22:13:31 修正 68d4f@9fa0f >> 297662

    すまんすまん、木主が戦闘が小銃戦闘だけって言ってたから日本軍の場合は陸戦は小銃だけじゃなくて山砲もあるんだって言いたかった 分隊火力と山砲の話は別ね 言葉足らずっていうか書き方が悪かったな…

  • 297778
    名前なし 2018/04/17 (火) 01:54:39 修正 270a8@a9d43 >> 297662

    日本の山砲とか歩兵砲って短砲身で木のおおきな車輪がついてて可愛いよね。でも日本以外こういう小口径の砲がたくさんある国ってあんま見ないけどなんでなのかねぇ‥