スキゾイド研究会 検索除外

どの様にペルソナをつくりましたか?

4 コメント
views
12 フォロー

こんにちは。
私はtwitterでスキゾイドちゃんの絵と漫画を見て、共感を覚え、ふーとさんのブログやこちらのトピックを読みました。ただし読んでいて、私はスキゾイドとは少し違うのかもしれないと思いました。
おそらく物心ついた時はスキゾイドに近かったように思いますが、成長過程でよいペルソナがつくれず、しかし将来働いて生きる為にはペルソナ(スキゾイドのことを知るまでは「他人に見せる用の自分」と呼んでいました)をきちんとつくらねばならないと思って、本や映画や周りの人間の話し方や表情や身振りを覚えて使っていたのですが、ペルソナづくりに終始し、中身をつくるのを放置して自分のことがわからなくなり、人と接している自分が誰なのかわからなくなり疲れて、今は誰とも話さない生活で養生しています。
スキゾイドでなくても、スキゾイド的な生活なら元来の自分に無理ないように思います。他人に踏み込まれることが嫌なのは心が未熟なのだろうかとか、性的な話題についていかねば大人として認められないのだろうかとか、感情が平坦なのは人間らしくないのだろうかなどと思っていたので、それらに取り組まなくていいスキゾイド的な生き方は、選択肢として良いものだと感じました。
ただ、ペルソナが自我を侵食するようになってしまい、人と接するとものすごく疲れて動けなくなるようになったので、うまくしのげる方法はないものかと考えるようになりました。
そこで質問なのですが、スキゾイドの方はペルソナをどのようにしてつくりましたか?もしくは、つくらなくても生き延びられましたか?

透明
作成: 2019/03/11 (月) 12:45:09
通報 ...
1
HaSa37104 2019/03/13 (水) 11:44:23

自分はあまり得意ではないですが(持続時間が短い)、確か中学の頃から意識的に作ってたようなきがします。

中学の部活で先輩との付き合いが苦手でいじめられていた為、作らないとと思いました。
その頃は、付き合いが上手い友人と先輩との付き合い方や会話を観察したり、父親の人との付き合い方を見たりしてました。(父もおそらくスキゾイド気質の人だった

高校、大学に入ると回りが変わっている人との付き合いに慣れてる、または回りも変わってる人が多い環境になり、無理やりペルソナを作らなくても友人関係に困らず、無理に人間関係に誘ってこられることもなかった為、外部の人間と会うときのみペルソナ利用していました

私はペルソナも自分だし普段の自分も自分、なんか玉ねぎ見たいに剥いだ皮も玉ねぎだし中身も玉ねぎみたいな  そういう風に捉えてます

自分の問題点はペルソナを維持できる時間が短か過ぎて、特に大人数相手だと諦めてしまう事があることです

2
ふーと 2019/03/13 (水) 21:24:44

僕は中学でいじめられた後くらいから、人前ではやや社交的な性格を演じるようになりました。
ただ、ペルソナに侵襲されて自分のことが分からなくなるなんて事態はありませんでした。
僕の仮面の性格は、人間関係の摩擦を最小限にするための道具で、めんどくさい時は脱いだりする結構適当な存在だからだと思います。

おそらく透明さんは完璧な人格を作ろうとし過ぎているのかもしれません。
類は友を呼ぶなんてある通り、自分が表現している人格と似てる人が集まってしまうので、明るい人格でいると明るい人しか集まってきません。その環境で疲れてしまうということは、透明さんの本当の性格と合っていなかったのでしょう。

あまりペルソナを完璧に維持しようとせずに、適当に生きるのがいいんですが、いきなり言われても難しいですよね。
まずは自分が疲れない、楽だと思う人間関係や環境を探してみるのが良いと思います。変な人や仕事、集まりに関わることで「なんか適当でも生きていけそうだな」と思えるかもしれません。
その点、透明さんの「スキゾイド的な環境に身を置いてみる」という選択はとても良いですね。

僕もスキゾイド交流会をやっているので、スキゾイド同士の交流に興味があれば声を掛けてください。

3
透明 2019/03/14 (木) 22:46:23

参考になります。
確かに、どんな相手でも好き嫌いなくやりとりできなくてはならないと思って、まず完璧なペルソナをつくらなくてはと思ってた気がします。適当で大丈夫だった頃は適当だったんですが、そうはいかない人にあたった時に逃げることを考えられなかったんですよね。
本当は合わない場所からは離れて、合う場所に行けばよかったのだと気付かされました。変わった人でも普通に大丈夫な場所なら、確かに居心地よさそうです。
スキゾイド交流会、ぜひ時間が合う時に声をかけさせてください。

4

私はスキゾイドかどうか解りませんが、固定されたペルソナがあるのではなく、その場その場でペルソナができてしまう感じ。多分、「過剰同調性」か何かです。たまに「この人にはどんな自分だったっけ」って思考停止します。「私を見ている私」と「私に見られている私」という「自己」が多くの人にはないということに気づいたのはつい最近で、そんなに解離してたらそりゃ疲れるよなーって感じです。