スキゾイド研究会 検索除外

第6回 スキゾイドの家族に共通点はあるのか

32 コメント
views
19 フォロー

スキゾイドは家族の性格と関係があるのでしょうか?

父親がスキゾイド気質だったり、母親が過干渉だったり、兄弟は自分と真逆の関係であったりなど、家族の特徴は様々です。当然自分の性格にも影響を及ぼしています。

スキゾイド気質なあなたの家族の性格、気質について教えてください。
何か興味深い共通点があるかもしれません

ふーと
作成: 2018/12/23 (日) 22:03:04
通報 ...
  • 最新
  •  
6

私の父親は4歳のとき離婚してそれ以来再開しておらず、以降は母、祖母、妹と暮らしています。
なので父のことはあまり覚えておりません。母曰くマイペース。
母は一見社交的ですが、職業上コミュニケーション能力が必須となっているだけで、「子供がいなかったらひきこもりしてた」
と明言するほど外界との接触を嫌ってはいます。このあたりは似ているのかもしれません。
祖母は母が仕事に行っている間の面倒を見ており、大切にしてくださいました。
性格は優柔不断で人のことはできても自分の決断はなかなかできない、お節介なひとでした。
実質、私にとって専業主婦のような人だったので感謝はしています。
妹は私の一つ下で、私よりもとても手をかけて育ててもらっていました。私自身もよく妹の世話をしていました。
その結果お嬢様のような子になってしまい、自分の面倒を見てもらうのは当たり前な人になってしまいました。
不器用な子だったので何かを任せると気が気でなくつい家族総出で面倒を見てしまったのが原因です。
私は妹とは正反対で、妹を見なければいけない分、ある程度のことは自分でできないといけないため、大抵のことはできていました。
というのも、物事の詳細を把握する感受性は生まれつきあったと思うので、そこまで苦ではありませんでした。
自分のことに精一杯なので、ある意味自分が中心で妹を除く他人は二の次な感じが強かったです。
すると他人との付き合いが段々どうでもよくなってきて、興味をあまり持たなくなりました。
というより付き合いを持つことによる生じるストレスを抱えておく余裕がなくなっていきました。
ただ、興味を持たなくても結構外から様々なことを受け取ってしまうので、嘘を多様して他人用の外面を作りました。

家族の影響を考えると(こじつけると)こんな感じです。
途中から自分語りになっていますがご容赦ください。
感受性に関しては多分HSPなところがあるのだと考えています。
乱長文失礼しました。

7
スキ山ゾイド夫 2018/12/24 (月) 01:55:51

父親は一流大学を出て財閥系に就職したエリートで元強豪大学のラガーマン。女好きで積極的な性格だからコミュ力や社会的な順応力は優れてたけど、酒乱でDVに走って高給を全て酒と遊びに突っ込んだ人格破綻者。
母親はそんな父を捨てて女手一つで俺を育てた自立心と経営の才があった人物。軽い発達障害で人の話を聞かないところはあったがコミュ力は高く、商売や趣味を通じて人の輪を広めることに熱心で、休日は障害者ボランティアなどにも積極的に参加してた。

昔は母子家庭は「まともに子供が育たない」「将来きっと異常者になる」と差別的な扱いを受けてたし、やはり父親がいなかったり最初貧乏だった頃はそれを理由にいじめられたので、子供の頃から私の交友関係は少なかったですね。積極的に人脈を広げて父親みたいな厄介を招くリスクが増えるのは嫌でしたし。
母親からは「他所は他所、ウチはウチで比べるもんじゃない」「違ってたからといっておかしいわけでも間違ってるわけでもない」「最低限自分のことは自分でできないといけない」という教育を受けたので、その辺が幼くしてスキゾイドになる素地になってたのかなと。

8

今までの書き込みを見る限り、スキゾイドは遺伝的にそうなったのではなく、両親・祖父母からの度重なる干渉を受けた結果スキゾイド気味になったという人が多そうです。
少子化になって大切に育てられる子供が増えると、これからも増えていくでしょう。

逆に放置気味に育てられると、寂しさ、人恋しさの気持ちが募り、大人になってからコミュ力が上がるのかもしれません。

9
ゆう_ju_die_ 2018/12/24 (月) 11:47:29

父は内向的で一見スキゾイド気質かな?と思うような性格です。ただ田舎なのもあってか地域行事や役員には参加しており人付き合い事態は嫌いではなかったかもしれません。
母は対照的で人付き合いが広く明るい性格でした。

それと、私は三兄妹の真ん中なのですが
今まで出会った真ん中っ子にはシンパシーを感じることが多かったです。
兄弟の有無、順番、序列も性格に影響しそうですね。

10

初めてまして。
自営の父と祖父は堅物置物、母と祖母は短気で喧嘩ばかりでした。母は週の6日は不機嫌で基本無視。父親と挨拶以外で喋ったのは小学校3、4年かな。幼少期に遊んでもらった記憶は父母ともにありません。友達はいたけど、友達の家で自分が友達のドラクエをやるみたいないびつな遊びでした。幸い、どの世代でも片手くらいの知人友人は居ましたが、用がなければ没交渉ですね。
母は、僕の自主性を伸ばすためとかで放置したと言っていますが、まあ確実にいっぱいいっぱいだったのでしょう。理解はします。

11
yuyuaomori 2018/12/25 (火) 05:39:02

父は人付き合いは苦手だと言っていますが、仕事上での交友関係は広くいつも飲み会に参加していました。
母は読書やテレビが趣味でいつも家の中に居るタイプでしたが、話し好きで外交的な一面もある人でした。
子供時代は母が特に私に干渉していたように思います。

12

父:無口な仕事人間なので自分からは語りませんでしたが、家庭を持つ前は複数人でよく遊びに出かけていたようで社交的でリーダーシップのある人だったようです。
母:最低限の友人と長く付き合うタイプでおしゃべり好きなようです。職場や親戚付き合いに対しても抵抗はないよう。
兄:大人数で旅行に行って楽しめるタイプ。家族に語ることはありませんが恋愛も普通にしてるみたいです。

祖父母、両親から(末の子ということもあり)可愛がられてきた自覚はありますが、過干渉かと言われるとうーん…というところです。
(愛憎どちらにせよ)干渉過多の経験がスキゾイド発覚のきっかけであるというのは賛同出来ますが、結局はその後の自己肯定感の持ち方次第かと感じるので、生まれ持っての性質かなあと思ってしまいます。

13

父は完全に毒親で、小学校あがる前からつまらないことで怒鳴られたりビンタされたりしてました。貧しい自営業で子どもの奨学金を生活費に当てるようなクズです。性格は外向的な方かもしれませんが、短気で悪質クレーマー気質なので友人は少ないようです。
母は社交的で仕事人間です。非常にサバサバした性格で、姉の話を聞くと二番目の子である自分には特に放任主義だったみたいです。何かで結果を出しても褒められた記憶がほとんどありません。
姉はとても明るく外向的で、結婚し子供もいます。

自分は物心つく前から一人で何かを黙々とすることが好きでかつ毒親育ちなので、「生まれつきの性格+育った環境」でスキゾイド気質になったのだと思いました。

14
ちーな 2018/12/26 (水) 00:20:33

私の父はあまり家には帰って来ず、役職もあり小学校時代は裕福な生活ができました。実は母とは離婚しており別に家庭があったので居なかった理由は後々知りました。かなりモテる人だったそうで外交的でしたが仕事で無理しすぎる人だったようです。わたしが中学時代に自殺しました。
母は旅行やお出かけは嫌いな人で私や兄は旅行をしたことがありませんでした。しかし内向的ではなくお友達も直ぐできるタイプの人で明るい人でしたが隠れて泣いているのを見たことがあります。父が亡くなったあと心労からか具合が悪くなり、病院に行ったときには既に末期の癌で私が16の時に亡くなりました。
その後独身の伯父と祖母と祖父と兄で暮らしましたが痴呆になる祖父母と当たりの強い伯父に囲まれ、つらい思いをしました。その頃の兄とは仲も良くなかったので、日々なぜ私は生きてるんだろうと考えてました。

私は環境からスキゾイド気質になったと思います。兄も同じような感じなので環境のせいが多大にありそうです。

15

父はお酒を飲むと明るくなるが基本はむすっとして無愛想、友達がたくさんいるような話は聞いたことがありません。家では厳しく、機嫌が悪いとちょっとした事で怒鳴るような人です。ですが親戚などの話を聞く限り家族友人からは親しまれていたようです。
母は誰とでもそつなくコミュニケーションをとることができる人。しかし本人がいないところではめちゃくちゃ悪口を言う面があり、本当は人間が嫌いなのかなと思わせるようなところがあります。
両親ともに子供に大しては基本的に放任主義な人。

兄弟はスキゾイド気質は全くありません。めちゃくちゃ社交的、社会性があるしっかりとした人。自分だけが特殊なようです。

16

両親共に普通です。普通の大学に出て、普通に就職して、今は2人で自営業をやっています。
特別過干渉というわけではなかったです。
私がスキゾイド気質になったのはおそらく親ではなく中学の時の習い事先だったので、親に対して何か思ったりはあまりなかったです。
でも、母と妹は私の考えと合わない時が多く、今でもたまに苦労します。母は人の意見を聞いて頷くよりも先に自分の意見を言い、相手に自分の意見をいわせることをしません。私も母には何を言っても伝わらないんだと思って意見するのをやめた記憶があります。
妹は私と違って社交性で友達と遊ぶのが大好きなので、よく家に友達が来たり、友達のことで問題をおこして帰ってくると母と妹で言い合いになったりして、とても居づらい時がよくあります。
でも基本的には悪い人じゃないとは思ってます。

17
ほとり 2018/12/27 (木) 18:31:31

私の両親は2人とも、どちらかと言うと内向的、母はHSP気味、父は人には無頓着だけどかなり寂しがり屋、というかんじがします。
下に弟がいますが、弟は友達といるのが大好きで優先順位はいつも友達。私とは正反対に見えます。

なんとなく、スキゾイドの方は兄姉の方が多いのではないかと思っていたのですが、そんなこともないみたいですね。興味深いです。

18

両親ともに私と異なる性格です。なお兄弟姉妹はおりません
父は外交的で酒の場など人と集まることも好きでした。共通点と言えば、芸術に興味がある様子くらいでしょうか
母は比較的父より内向的ですが世話好きで私にも過干渉気味です。仲が悪いわけではありませんがちょっとしたことで衝突しがちです

19

私の父は頑固者、内向的、無趣味といった具合でした。お酒も全く飲まず、従って社交の場にもほとんど出ていなかったと記憶しています。研究者気質なので、あまり外にも遊びに連れて行ってくれなかったと記憶しています。このあたりの性格は完全に私に引きつがれてますね。母も保守的で受け身のような人です。過度なぜいたくもしませんでした。家事全般はしっかりしていて家の中は他の一般家庭よりきれいだとは思います。
皆さんのコメントを見ると意外に外交的な親を持っている人も多かったんだと驚かされます。

20

父方には統合失調症、母方に病名は不明ですが後天的に意思疎通がとれなくなり、精神病院に長期入院している身内がいます。
私自身は小さい頃から一人で遊ぶのが好きで単独行動が多かったので、母親からは人間関係のことでよく心配されました。

なので、私の場合は遺伝的な要因が大きいのだと思います。
ただ、両親には精神や気質の目立った異常は見当たらず、そういった面で自分との共通点を見出せません。

21

父親は目茶苦茶社交的で元気いっぱい友達もいっぱい、母が神経質で過干渉で体力はあまりなく友人も少ない模様。なぜこの2人が結婚したのか全く理解できません…
私は3人きょうだいの1番上の長女で、母の過干渉とヒステリーをもろにくらったのと学校でイジメにあったのとで、鬱と拒食症の既往歴があり現在は抜毛症です。
下の妹は父の活発的な部分と母の感情的な部分を併せ持つハイブリッド、末の弟は地味なおたく気質で人の話をきかずに自分の言いたい事ばかり喋る傾向があります。
弟も妹も独立し、度々夫婦喧嘩していた父が急死した今は母もだいぶ丸くなりました。結局独立できなかった私と母で静かに暮らしています。

22

父は、一目見ると冗談も言えて社交的ですが非常に単独行動を好みます。(家族でどこかへ遊びに行っても、自分の興味の範囲を超えたり、一定時間を過ぎると私はこれで…と一人で帰ってしまうことが多い)
母は、内弁慶、過干渉、アスペルガー気質です。私に対しては自分の話をするのが大好きで、相槌をうつことさえ難しいマシンガントークゆえに心が休まらず、実家に住んでいた間はストレスからよく無気力、謎の頭痛、体のだるさに悩んでいました。
兄は、母の過干渉にどっぷり甘えた結果目も当てられぬわがまま大魔神となりました。

25

私の家族は下に3つ差の妹がいますがだいぶ性格は正反対です
自他共に認める内面の似てなさ。
私はまぁスキゾイドというくらいですから一人で好きなこととかやっていますが
妹は他人なくしては生きていけないタイプで高校生にしていまだに母親離れしきっていないような…
今でもですけどたいてい妹と母親はセットみたいな感じですね

私は別にそれを否定する気もないし私も家族は嫌いではないんですけど
過度な接触はいいかなーと昔から家族の視線がないといつの間にかリビングにいない、みたいな子でした

父親も一人っ子だったからか家族団欒を重視するタイプでLI〇Eなどが返ってこないと家でネチネチ文句言ってますね
JKか、とか私と母親によく言われてます

母親はスキゾイドとは言いづらいですが似た要素、みたいなものは感じます
大人だから、と協調性を見せますが一人が平気だし、好きなタイプです
親バカっぽいところがありますが、基本的にはTVが友達みたいな…
横から見ていていろいろとちぐはぐな人だな、と昔から思ってます

多分家族は性格、と言いますか、病名が与えられるほど特出した人ではないんですけど
考えてみると母親と私、父親と妹でタイプは分かれていて
精神的な面で通院経験があるのは私だけかと思います

26

父、アル中、元ギャンブル狂、何らかの精神疾患があると思われる。
母、聖母、仏にような方で父の所行の後始末を全て行う偉人。ある種の傑物、怪物の類。
兄、遊び大好き遊び人。
私、スキゾイドが楽。
弟、元ヤンキー→統合失調症、現在はほぼ完治。
伯父も統合失調症になったことがある。

統合失調症が親族にいる場合はスキゾイドになりやすい気質なのかもしれません。
私は友人はいないし欲しくもない。
家族とも付き合いたくないスキゾイドだが
修羅場やピンチの時はスキゾイドの仮面?が多分、剥がれます。
弟が統合失調症になり陽性症状がでている時は毎日時間を作り、弟の住む実家へサポートしにいき症状が収まってくるまでサポートを続け、まるで神様みたいな人格になるが、現在は弟の統合失調症はほぼ治っているため、もう関わりたくないです。また陽性症状になったら仮面として仏様にでもなると思います。
スキゾイドでいられる時間が私にとっての一番の幸せですが。

27
9yPIcv2GS2Zenco 2019/08/07 (水) 12:58:45

子供が統合失調症になるのもスキゾイドになるのも両親の関係性や子供への接し方(特に核家族の場合)が多分に影響していると思います。具体的には両親の不仲(意思疎通の困難性)と親(特に母親)の過干渉です。
父は積極奇異型アスペルガー自己愛性人格障害弁護士で自分の事しか考えられない
母はカサンドラ症候群で自分の意思がなくそのはけ口として習い事や中学受験を子供に強要
長男は無責任体質の境界性人格障害で三男である自分にひどい暴力を振るった
次男はおそらくアスペルガー症候群で統合失調症になり自殺。
三男である自分はhspかつスキゾイドで、他の兄弟とも幼少期からあまり話さなくなり、現在友達が一人もいない。
先祖代々機能不全家族で自分はなんとか家族仲をよくしようと無理して母親を喜ばせて生きてきました。その結果意思の所在が不明になり自分の中に他人が侵食するのを防ぐために、もともとあったhsp気質をスキゾイドの仮面をつけることで防衛を図ってきたと思います。ただ最近は情緒不安定気味で生き残りの家族に思いのたけを怒りとしてぶつけることが多々あります。

28

改めて自分の家族の特徴を思い出そうとして驚いたのですが、全然家族のことを知りません。
自分に対する態度や雰囲気なんとなくの性格の傾向などはわかっているのですが、それぞれの交友関係や恋愛遍歴、外での過ごし方、ライフスタイル、全然知りませんでした。
自分が生活している中で同居人として視界に入る部分しか知らず、知ろうと思ったこともあまりありません。
対照的に母は非常に過干渉で、感情の起伏や表現が激しく、(特に飲酒時)その矛先が他者に向かうタイプです。
あまりに剥き出しで向かってくるために、母と空間を共にすると大抵消耗しきってしまうので、できるだけ避けたいのですが、まだ経済的にも社会的にも自立できていないため母の過干渉がそれを許しません。
普段は平静に対処できますが強制的に感情をぶつけられることも多く、逃げられず感情を揺すられたときには酷い喪失感を味わいます。

29

人に興味がない父。9人兄弟の末っ子で、たぶん身の回りのことは上の兄弟がやっていてやってもらえるのが当たり前な感じで育ち、仕事は18歳で入った職場を定年まで勤めていたが上昇志向はなくほとんど下っ端のまま。不満はあっても出さず人から言われたことをやり続ける。定年後は外にあまり出ることもなく交友関係はほとんどない。会話に置いては、常識的なことが理解できていない節が多々あり、こちらが訂正すると投げやりになる。テトリスなどゲームを飽きもせず延々とやり続ける。

プライドが高い母。4人兄弟の2番目。兄弟の中では1番頭は良くない。父親に溺愛されていた。その父親は早くに死に、幼なじみというか家が近い父とお見合い結婚。ほとんど両親からお互いによく知っているから安心できるという理由で結婚させられたという感じ。しかし、父は見た目がまあまあ良かったために(若い頃の写真を見るとイケメンな部類)嫌ではなかったのかもしれないと推測する。若い頃は事務の仕事でみんな良くしてくれたと話す、自分がちやほやされる環境では良いが、少しでも嫌だと感じると被害者意識が強い。今は年金暮らしで、毎日家事はこなすが体の不調が増えてストレスを抱えている。

2人とも学歴は高卒で何かスキルがあるわけではなく、受身体質で視野が狭い。
子供への接し方は、父はほとんど無関心、母は理想の押しつけの過干渉。
人のお世話をして自分の生きる意味を見出す母と、やってもらって当たり前の父はwin-win状態。
母もどちらかと言うと受け身で理想は引っ張ってくれる旦那が良かったが、父は真逆で自分から引っ張らないといけないので不満はあった様子。

兄45と私43も頭は悪く何もスキルはない。
今は2世帯で両親と兄家族と一緒に住んでいる。

兄はバツイチ、今は2度目の結婚で6.5.2と幼い子供がいる。前の嫁との間に成人した兄妹がいる。養育費などは払えないときは両親が立て替えていた。
経済面で甘えがある。貯金はなく、けれどもどうにかなると思いながら両親に頼っている部分がある。子供のこともあまり遠い未来を見ずに嫁から欲しいから言われたとかで安易に増やしているように見える。とにかく金にルーズ。

私は恋愛らしいことはなく1人でいる。
幼い頃から1人遊びが好きで、同年代よりも大人といる方が良かった。学生時代にいじめを受け精神的に現実に興味をなくした。だが、小中と皆勤賞を取るほどのメンタルはあったようだ。子供の時からなんでも先回りしてくる母に自分のできること達成感を奪われて、感情も出されてしまい私自身の感情を引っ込めることが多かった。
自分の人生を諦めて母の人生の養分みたいな存在。
現実に興味がなくて、ネットでできた友達が大事という生き方が大部分占めています。

見ていると、皆が依存しあい過干渉という感じ。
最近、色々学びをくれる人に出会い、これではダメだと思い自立する予定。家を出て一人暮らしします。

私自身は母と同じようなことをしそうだし、自分の人生をまだ満足していないので、子供を無責任につくるつもりもないし、結婚するつもりもないです。
年齢的にも閉経が来そうなので無理なんですが。
ネットで知り合った趣味友を好きになっだけど、恋愛感情いらないと言われて、よくよくその人も似たような部類なのかなと思っています。

長くてすみません。

30
アンチスキゾイド 2019/11/10 (日) 22:21:20

自分はスキゾイドという言葉今日知り、気まぐれでここに思いを残そします。

まず自分はスキゾイドかと言うと答えはノーです。何故なら受け入れ難いからです。

人との関わりを一切立ってから3年ぐらいでしょうか?
親に絶縁しろと言われすんなり受け入れました。その後とあるきっかけを境に全ての友人、知り合い、家族と会っていませんし、合う手段はありません。
そして何故その後友人を持たないのか?
理由は簡単です。きっかけがないあるいは諸事情を話せない。
このままでは死ぬでしょうが仕方なしと思っております。

ここからが、自分の考えです。
僕は世間からこう人が消えてしまえばいいと言う信念を持っています。
例外はなくもちろん自分も含め。
何故ならつまらないからです。
ですが、正直な話、孤独死や子供達の虐待死、少年少女の自殺などこのご時世珍しくありません。
つまり多くの人が誰にも受け入れられずにいる環境が生まれている。
それは、今後も大きな影響になると思います。
夢を追うのはダサい、世の中金、
snsのただただ浅い人間関係
独善的な独りよがり、プライドから
生まれるものだと考えています。

結論を言うと
さっさっと行動しろと言う事です。
可能性が少なからずあるのなら。

解決手段を在るだけでも僕より
幾分楽に見えて羨ましい限りですよ。

31
アンチスキゾイド 2019/11/10 (日) 22:31:59

精神病は甘えという訳でなく、
たぶん多くの人がいまの時代
超えられない壁に阻まれている。
気付いている人も多い中で
どうしても諦めてしまう。
なら
より多くの力が必要じゃないの?と

32
アマンドショコラ 2019/12/23 (月) 20:36:25

初めまして。自己診断ですが、HSPとスキゾイドが疑われる者です。

私は2才からの記憶があり、幼少から人見知りでコミュニケーションが苦手でしたし、母曰く、お腹が空いても泣かない赤子だったということで、そもそもが感情表現に乏しい性格であったと思います。
そして母は、私が幼少の頃は非常にヒステリックで余裕が無く、隠していたお菓子を食べただけで蚊取り線香の火を当ててきたり、夫婦喧嘩で包丁を持ち出したことも鮮明に憶えています。
3才の時には母の形相のせいで人の顔が怖いどころか、人間という不安定な存在に嫌悪を覚えていました。
父は営業マンで帰りがいつも遅く、朝帰りすることもしばしば。まるで母子家庭でした。
そんな父は頭が固い人で、自分の意見を曲げません。そして社会に批判的で、お酒が入ると自分語りが始まります。非常に劣等感の強い人だと思います。人から馬鹿にされる事を非常に嫌い、正しい正しくないでしか判断できないような人でした。
私には2つ上の兄がいて、アスペルガー症候群です。恐らくは積極奇異型です。
小さい頃から何かと苛められていた兄ですが、両親は頭が固く、非常に厳しく、大抵兄が悪いという結論を突きつけます。
まぁ実際、兄は空気も読めなければ、エゴを押し付けてくるので、兄弟喧嘩の原因も殆ど兄なのですが・・・。
兄には味方がいなかったので、何かとストレスを私にぶつけてきましたし、時には嘘をついて私を陥れました。

私は兄を反面教師とし、優等生として立派な子供としての仮面を付けていました。
さらには、母のエゴもあります。母は何かと質問をしてきては、期待した答えを望んでいたからです。
それ以外のことを答えると、まるで私が非道のように言われます。
そして私が中学生の頃、「親でも好きになれない子供(兄の事)もいる」と、私に言ってきましたし、父親は父親で「兄の様にはなるな」と度々言ってきて、私は親の愛情というものを疑いました。
母も父も劣等感が非常に強く、私を自分たちの価値観の檻の中で閉じ込めていました。
用意された答え通りの子供・・・手の掛からない優等生を愛してくれていた両親。

私が28,9歳の頃、パニック障害のようになっていて、ある日自暴自棄になって単独事故を起こしました。車は廃車になったのですが、事故を起こしたことを父に告げると「どこまで俺をバカにする気だ!?」と言ってきました。
子供の状態よりも世間体。
分かってはいましたけど、そういう家でした。
父は世間的には信頼されているし、区長まで勤めています。

そんな親兄弟環境でした。