ペナトピ・Deracine版

ヤノシンジョーのシンジョー

7 コメント
views
1 フォロー

阪神タイガース掲示板

2022年画像1

豆腐真薯
作成: 2022/05/05 (木) 08:09:25
最終更新: 2022/05/05 (木) 08:10:52
通報 ...
1
Stand up again 2022/05/07 (土) 03:40:41

0時ごろにベッド入り
1時半ごろ目覚める

しばらくタブレットで古い歌を聴いていたが
飽きて起きる
古い歌も嫌いではないが知らない歌手ばかりだとさすがに長くは聴いていられない
曲は知っていても歌詞ははじめてというのがほとんど

yahooを開くとシンジョー日ハムの自力優勝が消えたとあった
5月6日
33試合消化
10勝23敗
借金13

タイガースの方は35試合消化
11勝23敗
借金12
こちらはまだ自力優勝が消えていない

自力優勝は首位チームとの兼ね合い
タイガースがシンジョー日ハムよりエライってことではない
シンジョー日ハムとは0.5差

2
Stand up again 2022/05/07 (土) 04:02:58 修正

シンジョーはよく知らない
成績からは三流選手だったことは分かる

守備が言われる
守備が褒められる選手はほとんどが打撃がよくない選手
シンジョーもその通り
打撃成績は平凡そのもの
大山とどっこいどっこい

チームを出入りする時には少し成績が上がる
能力はあったんだろう

野球一筋に精進していれば一流になれたんじゃないかな

決まって練習好きだったなんて擁護が出てくる
じゃあどうして三流止まりだったとなる

見てないところでサボってんじゃないか
引退してからも気の多いところを見せている
一つに絞れない性格なんだろう

とにかく目立ちたいのは分かる
ただひねりがない

メディアは面白がって取り上げるが
ほとんとが読める程度のパフォーマンス

目立ちたがりの幼稚な発想の人間が真っ先にやりそうなこと
その通りにやる

空から降るか
地面から出てくるか
せいぜい襟を立てて清原に絡まれるくらいのこと
清原も笑って済ませりゃいいのに存外真面目なのか

3
momo 2022/05/08 (日) 03:29:20

阪神ファンにとって新庄の初スタメン、初打席、初球ホームランは鮮烈な記憶として残っているだろう。
亀山とのコンビで「亀新フィーバー」って盛り上がってたね。
成績も2位。準優勝だったと言い張るファンも少なくない(笑)

通算成績は平凡。シーズン3割越えは一度もなし。
しかし、目立とう精神からか全打席ホームラン狙いのような積極性は当時のファンには
たまらんかった。あと、レーザービームね。

槇原からの敬遠球サヨナラ打も鮮烈に記憶しているね。反則打だが審判はかかとが残っていたと
ジャッジしてくれたね。
申告敬遠がある今ではもうお目にかかれないプレー。

大山に見習って欲しい部分がある。
狙い球を決めて打っていたということ。
当時、古田は新庄がストレートを狙っていると感じカーブから入った。
二球目もカーブ。ストレート待ちのような空振り。
古田のセオリーでは空振りさせたカーブに狙いを変えてくると思い三球目はストレート。
新庄は見事に捉えホームラン。
狙い球を腹をくくって狙ってきたと語っていいた。
相手バッテリーに考えさせろと大山には言いたいね。

メジャー帰りの新庄のTV出演だったか、ロッカールームでのエピソードを話していた。

「コーヒー飲んでいて苦かったのでニガ~っていったら黒人のチームメイトに怒られた」

本人は面白エピソードのつもりで語ったのだろうがこれは反省しなくてはならないエピソード。
面白おかしく話すものではない。
まず鼻が高いねとか、背が高いねとか、身体的特徴を語ることはしない。
日本人は褒めているつもりでも相手はそう受け取らない場合があるということ。
「苦~」が差別用語の「nigger」に聞こえ相手が不快な思いをするという事もある。
知らなかった・・・では済まない文化の違いなど山ほどある。

チップは幾らぐらい払えばいいのか?
空港で写真撮影はしていいのか、いけないのか?
シンガポールにガム持ち込んだら罰せられるとかというように
ある程度基本知識を準備していくのはマナーだと思うね。
こちらが訪ねていく場合だけどね。

私も台湾人の友人が出来、食事に招待されたときに
残さず食べようとした時に少し残すのがマナーだよと教わった。
グラスのお酒は飲み干すのがマナーとも。
ティータイムではドボドボ溢すなよって心の中で思ったがそれもおもてなしの一つだった。

4
Stand up again 2022/06/10 (金) 14:58:35

サラリーに関して本板に書いた

擁護派からはサラリーなんか関係ないなんて思ってそうだが

やはり野球選手はサラリーが評価

それに見合う働きをしなきゃならない

やって当たり前
出来て当たり前

擁護派からすれば厳しいことをいうなとの声が出てきそう
自分が払ってるわけでもあるまいしなんてのもありそう

その手の擁護に何の意味もない

贔屓するなら厳しくあれ
評価を甘くしても擁護にはならない

贔屓しない派に何も言わすな
黙らせろ

面倒だから好き嫌いにしてしまう
見えやすい相手にけてしまう

好きな誰かは故障でいない
その間は嫌いな選手を貶めるためにそう好きでもないもう一人の選手を持ち上げる
必死さがほの見えていじらしいが

間接的に留守中の好きな選手を擁護してるつもりなんだろう
捻じれた擁護

好きな選手が戻ってきたら当て馬に使った選手も邪魔
もう利用価値はない

忘れているのは笑うほどのサラリー差

評価が全く異なる選手を比較
幼稚園児と大学生を比べて
大学生の方が知識があると必死

5
Stand up again 2022/06/10 (金) 15:15:45

野球は8ポジション

誰かが出たら誰かが出れない

大袈裟でなく誰かの人生を奪ってしまう

能力の世界
それもいたしかたがない

ただ大きく実力が違う場合

それほどの差がない場合は
指揮官の好き嫌い

片方は能力以上の評価を得ることもあれば
片方は冷や飯を食い続けなくてはならない

能力ではなく監督の好き嫌い

シンジョーにも関係するが
監督は人の人生を左右することもある

贔屓選手が優先起用されている
それに満足できない

今の世
弱い者をさらに叩く風潮

判官贔屓なんて昔の話

勝馬に乗る
弱きをくじき強きを助ける

起用されていない選手を叩く
贔屓選手が同ポジションの選手の人生を奪うことには考えが行かない
仕方がないことだがせめてもの思いやりが欲しいもの

足ることを知らない
得ればもっとを要求する

欲に果てがない

弱い側につく
そうするとその選手が好きと決め付けてしまう

その方が楽なんだろう
自分が見えやすい相手にしてしまった方が楽なんだろう

好きでもない1/7や1/23評価の選手のいい面を取り上げる
それで親の仇か鬼畜扱い

そういう選手でも正選手になれば相応の評価法を取る
選手によってかえることはしない

壁の方が正しくてもぶつかって壊れる卵の立場をとる
村上春樹のエルサレムでのコメント

根が優しくできている
しのぶることのよわりもぞする

6
Stand up again 2022/06/10 (金) 16:41:49

シンジョー縛り

シンジョーには今回の監督就任はいいチャンスだった

シンジョーの殻を脱ぎ捨てる大きなチャンスだった

人の上に立つ
人の子を預かる
人の将来に少なからず影響を与える

重い立場

選手時代なら自身のことだけを考えていればいい
人の上に立てば逆
今度は自分のことを置いておいても選手達のことを考えなきゃならない

シンジョーならここはこうするだろう
シンジョーだからここはこうでなけりゃいけない

それほど賢くはない
発想が陳腐

読み切れる
それでもシンジョーをやり続ける

監督になったから選手シンジョーは封印とは言えない

ひねりがない
外からもシンジョーならこうやるんじゃないかが読める

空から降ろうが
地面から出ようが
何かを被ろうが

服装だってひねりなく目立つだけなら誰にでもできる
おっと思わせる
センスを思わせるものを見せる
さすがシンジョーと大向こうをうならせてみせる

ここまでは皆の知ってるシンジョーをやってるだけ

日ハム幹部もシンジョーをやってくれるのに期待
シンジョーなら笛太鼓がなくても踊ってくれる

どうせ監督能力なんてない
ただ踊ってくれればいい

それを裏切る
監督としての能力を見せる
それがオシャレというもの

負けたら相手を褒める
それがカッコいいと思ってるんだろう
ここでもシンジョーをやり続ける

その程度の発想がシンジョーが時間が得る新しい時代の監督像なんだろう

7
Stand up again 2022/06/10 (金) 17:02:38

見られることを意識するのはいい
それがなくなったら人は終わる
人の目を意識するから自分を磨く

監督シンジョー
それで見られるようにする

選手シンジョーとの違いを見せつける

その他大勢だった時と
オンリーワンになったシンジョーとの違いを演出する

計算でもいい

自身で踊る
振付を考える

求められるままに踊るのでなく
俺はシンジョー
シンジョーだからこう

それが
シンジョーならこうしなければならないになってしまっている

常に余裕を見せようとする
負けたら余計に余裕を見せようとする

負けた時にこそ笑うのは古いし
ありきたり
おけらはさる
安い脚本

本音を見せない
将には必要な資質だが
ただシンジョーはそこからではない
見せるシンジョーだけがそこにいる

小心なんだろう
自らにビッグをつける

賢い面もある
優勝を目指さない
エクスキューズ

こんなこと言えるシンジョーってカッコいいだろ

選手達もコーチもいる
もちろん小心を隠すためのものだとは分る

じゃあ逆に
自分のためではなく選手達のため
コーチや関係者のために優勝すると言えばいい
こちらの方がカッコいい

優勝を目指さない
ひねったつもりでもセンスのかけらもない
ひねれていない

優勝を目指してやる
そういうのは一つも恥ずかしくはない

シンジョーだからそう言ってはならない
シンジョー縛り

思考の限界

選手コーチ関係者の人生も預かっている
シンジョーならに隠しちゃいけない

明日も勝つ
必ず優勝すると宣言してみろ

シンジョーを脱ぎ捨ててもシンジョーなんだから
真にカッコよく生きようぜ