<Infinite Dendrogram> Wiki

ぼく・わたしのかんがえた<エンブリオ>

6038 コメント
views
0 フォロー

自分で考えた<エンブリオ>を公開する掲示板です。

原作者の海道左近先生にアイデアを送らないでください。

書き方もなるべく分かり易く、

【名称】《主な能力》:逸話や説明、設定等

といった感じでお願いします。(分かり易ければ何でもOK)
強すぎたりおかしかったりしてもあまり激しく否定・ツッコミをしないで、やんわりと注意してあげて下さい。された側もあまり熱くならないようにお願いします。

モチーフは神話・伝説・逸話・都市伝説・童話・各地のUMA・偉人・天体・自然現象などであることに気をつけてください。
新たなTYPEを生み出すのはやめましょう。

管理人
作成: 2019/10/28 (月) 18:34:13
最終更新: 2020/01/27 (月) 16:46:48
通報 ...
  • 最新
  •  
5959
ギナウユ 2020/08/03 (月) 22:05:00 修正

【三乗三尾 キュウビ】
type:フュージョンアームズ
形状:白い狐の尾×9
特性:変幻自在の尾、増幅
エンブレム:九尾の狐
補正:MP,AGIがS他はC前後。
アームズ系列らしくとても硬い。自由自在に動かせるので鞭のようにも使える。
代償として装備時アクセサリーが装備出来ないというデメリットを負う。
《天狐》
三本の尾が使用出来るスキル。
天属性の系列の魔法の発動を遅延させて尾の中で威力や範囲を増幅させる。
発動中は尾に宿している魔法の特性が現れる(《クリムゾンスフィア》なら赤熱するなど)
発動中尾の魔法的威力が最も高い。
《野狐》
《天狐》の地属性版。
発動中尾の純粋な攻撃力、強度が高い。
《仙狐》
《天狐》の海属性版。
最も発動中魔法的強度が高い。
《災禍結集重ね尾》キュウビ
アクティブ必殺スキル。1日3回。
3尾を重ねることで威力と範囲を各スキルで高まった威力の三乗にする。この際重ねられるのは同属性の尾だけで使えるのはひとつの魔法。
同時に《天狐》《野狐》《仙狐》それぞれの三本づつで3種類の魔法が撃てる。

これリソース的に第何形態で行けるかな?

5960

魔法増幅スキルの出力次第だろ

5961

一応徐々に時間経過で高まっていくけど10分で2倍くらい

5963

10分二倍、まあ補正Sだからリソースそこそこ割いてて必殺前提と考えて、強いて言えば「威力の三乗」ってのが微妙かね。例えば、威力=攻撃力やダメージとすると、1000ダメージを二乗しただけで100万ダメージを超えちゃう。倍にしたうえで三乗しちゃうともっとだね。せめて倍化の方を三乗にすれば2の三乗で8倍とかで済む(5倍でも125倍でギリギリ)から調整必要そうだなあ。

5964

100ダメージでさえ三乗すれば100万ダメージ、と聞けば流石にやり過ぎ感が出てるのを理解してくれると思う。

5965

9倍とかにしようかな

5962
北国のマスター 2020/08/03 (月) 22:17:58 修正

【百面万肢 ヘカトンケイル】
TYPE:ボディ
紋章:無数の頭と手を持つ巨人
能力特性:全身巨人置換&人体複製
固有スキル:必殺スキルの下位互換
必殺スキル:《百手百装の巨人》
モチーフ:ギリシャ神話に登場する五十頭百手の巨人“ヘカトンケイル”
備考:アバターを3m近い巨人に全身置換する〈エンブリオ〉。ただし、fateのヘラクレスのような筋肉の塊のような巨人ではなく、普通の人間がそのまま大きくなったような見た目の巨人。
腕や頭、内臓など人体を構成するパーツを複製してアバターに生やす能力を持つ。複製したパーツはそれぞれ独立した装備枠が一つある為、複製すればする程装備枠が増える。その能力の特性と全ステータスマイナス補正(ALL-50%)の為、UBMのMVP特典はステータス補正が高めかステータスに寄らないスキル特化のどちらかが手に入る。

《百手百装の巨人(ヘカトンケイル)》アクティブスキル。【ヘカトンケイル】の必殺スキル。人体を構成するパーツを複製してアバターに生やすスキル。複製したパーツはそれぞれ独立した装備枠が一つある為、複製すればする程装備枠が増える。更に頭(脳みそ)を物理的に増やして並列処理する事で演算処理速度を上昇させる事が出来る。スキルの効果が切れると複製したパーツは消える。

色々意見ありがとうございます。
今回は5969さんの意見を採用させていただきます。

5966

《一騎連邦》とか

5967

《百の盾、千の槍、独つの闘志》

5968

《混成巨人》

5969

≪百手百装の巨人≫

5973

個人的にもこれが好きだったわ。センス良いと思う。

5970

【殉死無垢 イビス】TYPE:ワールド
モチーフ:古代エジプトで崇められ、過失であろうと殺した者は死刑に処された白黒の神鳥、イビス。
能力特性:自身死亡時復讐

《死は罪人の元に戻る(Curses, like chickens, come home to roost)》:パッシブスキル
 自身死亡時、エンブリオが自壊することをコストに自動発動する。
 自身を殺した相手のLUCをマイナス化し、
 更に状態異常耐性減少&複数の精神・呪怨・制限状態異常に罹患させる。
 期間はゲーム内で一月。一月過ぎれば自動的に解除される。
 <エンブリオ>にも寄生するためアバター再構築では逃れられず、期間中に解放されるには自身の<エンブリオ>の完全破壊とデスペナが必要となる。
 特化型の上級エンブリオが完全破壊と自身死亡という厳しい制限の元で発動するため、効力は絶大。
 おまけでクールタイムも三日ある。
 超級進化した場合、単純に期限が年単位で伸びる上アリスの領域に侵食する恐れがある。
《好きに生き、有意義に死ね》:必殺スキル
 《人を殺さば穴二つ》が原因で自身を殺した相手が死亡した場合、相手の保有するリソースをばら撒く。
 消費アイテムは捨てられ、装備品は消え、レベルは下がり、<エンブリオ>の出力も下がり、レベルが0になった場合器が削れジョブさえ放棄させる。
 感染中に死ぬたびにリソースを失う、ある種の古典的な"デスペナルティ"として機能する。
 とはいえ所詮上級エンブリオの必殺であるため、一度なら低下量・放棄量はそこまで多くない。
 何事もなければ<エンブリオ>の出力は時間経過で戻り、器は死亡時に戻る。
 また逆に死んだ時周囲にいた存在はアイテムをランダムに配布され、レベルも上がる。
 <エンブリオ>の進化がちょっと早まることもある。
 仮に<超級>進化した場合、エンブリオの形態すら下げる恐れがある。

5971

備考:
 上級エンブリオ。ステータス補正は皆無。世にも珍しき"死亡前提スキルのみ所有する"特化<エンブリオ>。
 上級であるその力の全てを"死後の復讐"に特化させたもの。
 ただでさえ重いコストである"死(デスペナ)"を前提に組み込んだ狂気の沙汰。
 邪魔な者でなく、傷つけられた者でもなく、苦しめられた者でさえなく、ただ殺した者だけを狙う極限の執着。
 こうなったのは<マスター>のリアル環境から来る「自身の殺害者への報復衝動」が原因であり、ただしこの世界にログインしてからは復活できるため死の意味合いが変わったことでややポジティブな必殺スキルが生まれた。
 このスキルを仕事にしようとは思わないためにこの<マスター>がまともに活躍することはなく、同時に監獄に送られることもない。
 ただし能力のタチが悪すぎるため要注意人物として扱われている。

5972

【四角炎王 バーンノヴァ】
TYPE:フュージョンアームズ・ルール
能力特性:特攻、自爆(?)、延命
紋章:筆で書いた『炎』の漢字
スキル:《傷炎》、《大爆覇翔龍炎》
必殺スキル:《敗北を恐れぬ根性》
モチーフ:バディファイトのモンスターであり角王の一柱、『四角炎王 バーンノヴァ』
備考:カミナリ様みたいな背中の輪っかと拳に纏う炎。両手とアクセサリー枠を1つ消費する。フュージョンアームズじゃあない気がしなくもない。
 ステータス補正はHPにB、STRにCで他は最低限。

・《傷炎》
 自身のHPを好きなだけ支払えば、その分だけ次の攻撃の威力に加算する。別にSTRや攻撃力が増えた訳ではないので注意。

・《大爆覇翔龍炎》
 パッシブスキル。
 HPがゼロになったとき、その際の超過ダメージと自身の残りSPMPを固定ダメージに変換して半径2m内で爆発を起こす。固定ダメージなので肉体が千々になったりはしない。
 デメリットとして範囲が狭い、味方も喰らう、ラスコマを積んでた場合発動しても使えるMPとSPが残ってない。

・《敗北を恐れぬ根性》
 アクティブの必殺スキル。
 対象を一人指定。そいつに一発喰らわせるまでor10分経つまでラスコマみたいに(死んでも死ななく)なる。発動中にHPがゼロになると全ステ2倍。
 首斬られたりしたらちゃんと死ぬから大丈夫。ちなみにその「喰らわせるまで」という制限にスキルの効果ダメージとかは含まれない。ジェムとか一部アイテムは含む。
 マジで積みまくったら、「生存中→必殺スキル→死亡→全ステ2倍化→大爆覇翔龍炎→ラスコマ→ホントに死亡」になる。

5974

【相剋元理 アヴェスター】
type:テリトリー
形状:白と黒の螺旋
特性:状態転写
補正:HPがB、AGIがCほかはなし
《均しき善》アフラ・マズダー
対象の同意の上で発動可能。自身の状態(状態異常の有無、ダメージの割合、傷等)を相手に転写する。
ラストコマンド状態の対象を蘇生することすら可能。
当然として自身が死にかけている時に使えば対象にもその割合が転写され死にかける。
《不平等な悪》アンラマンユ
自身の受けた攻撃(状態異常、ダメージ割合、傷)を対象にそっくりそのまま転写するパッシブスキル。
欠点として、彼我のステータスに差が大きければ大きい程転写される度合いが減少する。また複数人の場合それぞれに受けたダメージをその相手に返す為複数人との戦闘は苦手。
《善と悪は不平等に均しきて》アヴェスター
1日1回必殺スキル。
死亡時に自身の正常な状態を自身に転写する。要するに完全回復する。欠点としてマイナスが消えるかわりにバフによるプラスも消える。

5975
名前なし 2020/08/04 (火) 18:53:18 修正

【復讐乙女 ネメシス】TYPE:メイデンwithアームズ

《カウンター・アブソープション》:アクティブスキル
 ストックの数だけ攻撃を60万ダメージまで無効化する光の壁を生成する。
 第4で最大数6枚、60万ダメージ無効化、12時間に一枚増加。
 第6まで行けば最大数12枚、60万ダメージ無効、4時間に一枚増加となる。

《復讐するは我にあり》:アクティブスキル
 対象から24時間以内に受けたダメージの合計値を数倍化した固定ダメージ・防御能力無視攻撃を放つ。
 ダメージ量を相手のHP残量で割った値に応じて、接触部位から相手の身体を消し飛ばす。
 尚、他のスキルやアイテムで減算した数値や《カウンター・アブソープション》で無効化した数値もダメージカウンターに合算される。
 但し、一度放つとその対象に対するダメージカウンターはリセットされる。
 威力は倍々に引き上げられ、第4で16倍か10倍程になる。第6で20倍だろうか。
 アブソも抜きであれば第4でも30倍ぐらいは狙えそうだが、HP数千の亜竜級を倒すなら100前後で済むが、数万~数十万HPの敵を倒すには千~万ダメージを受ける必要がありバランスが最悪となる(致命部位を狙えばだいぶ緩くはなるが)。

《応報は鳥の如く水鏡に翻る》:必殺スキル
 相手の攻撃を吸収し、完全同属性圧縮能力を飛翔する鳥のような姿で相手に返す。
 触れた能力を丸ごと吸収するため、テリトリーや噴霧された毒薬等にも通じ、圧縮するため効果もより高い。
 強大な能力であるため、制限もかなり厳しく、同じ相手には72時間に一度しか使えない。

備考:
 ネメシスと類似の能力を考えた過程で、アブソと復讐に特化した場合のネメシスを想定してみた。
 アブソは形態やスキルを増やさない場合、第4で枚数特化なら最大数が8枚~10枚、強度特化ならば200万ダメージ、回復特化なら4~6時間に一つぐらいにはなっていただろうと予測。そこからバランスをとった。
 超級に進化した場合、全数値が10倍~になった姿を想定しているが、もう一つぐらい最終スキルが生えそうな気もする。

5976
名前なし 2020/08/04 (火) 22:19:09 修正

【全置掌握 マジックハンド】
type:ワールドアームズ
形状:手袋
特性:距離無視掌握 投擲
モチーフ:遠くのものが掴めるマジックハンド

スキル:
《取り寄せる物質》
視界内に在る物を掴むと手に収まるように引き寄せる

《理不尽な手のひら》
大きさ、重さに関わらず全てを掴める

《全ては手の中》
掴んだ物を圧縮

《投擲する者》
掴んでるものを投擲時、速度と攻撃力10倍

必殺スキル:
《手のひらの箱庭》マジックハンド
視界内において攻撃が可能
※遠近法により遠いほど(相手が小さく見えるほど)
ダメージが増加

5977

【管理任 ルキフグス】
type:キャッスル・テリトリー
形状:70トン程入る異空間
特性:管理
補正:STR,DEX,AGIが平均的に高い
入れられるのは自分の所有権を持つもののみ、生物は入れられない。
《重なりし時よ、技よ、富よ》
【ルキフグス】内部に収めた物品を最高の品質、状態に復元、修復、維持するパッシブスキル。
折れた剣は折れてない状態に、腐った食べ物は腐る前に修復されていく。
高リソースのものほど完全修復には時間がかかる。
真っ二つに折れた剣を入れると二振りに増える。特典武具は増えない。
レベル等リソースを捧げる事で修復速度を上げられる。
《管理者顕現》ルキフグス
必殺スキル。
【ルキフグス】内部のアイテムを瞬時に手元に引き寄せ、逆に手元の装備を【ルキフグス】内部に瞬時に収納するスキル。
《瞬間装着》と違いクールタイムと消費が存在しないその代わり武器は手元に出るのでいいが防具などは装備ではなく手元に出る。

5978
北国のマスター 2020/08/05 (水) 01:13:40 修正

【天災女王 ディザスター】
TYPEメイデンwithアドバンス・ワールド・ルール
紋章:雷、竜巻、火事
能力特性:狂化
固有スキル:《天地災厄》《人畜災害》
必殺スキル:《災禍の化身》
モチーフ:自然現象の中で最も被害が高い現象“災害(ディザスター)”
備考:雷、竜巻、炎などを模したドレスを着た20台前半の女性。非常識が人の姿をしたような性格をしている。
あらゆる事象を強化(狂化)する〈エンブリオ〉でほんの些細な事象(小さな火や穏やかな波、つむじ風など)を強化(狂化)する事で災害レベルにまで引き上げる事が出来る。更に強化(狂化)するだけでコントロールなどは完全に放棄している(一応巻き込まれないように向きなどを調節している)。
メイデンの強者殺しは「どんな強者だろうと災害には勝てない」という暴論。
食癖:マナーなどを無視して食い散らかすように食べる。

《天地災厄(ワールド・カラミティ)》アクティブスキル。あらゆる事象(魔法でも可)を強化(狂化)するスキル。例えば小さな火に使えば大火事に、穏やかな波に使えば大津波に、つむじ風に使えば竜巻を発生させる事が出来る。
《人畜災害(モンスター・スタンピード)》アクティブスキル。モンスター版の《天地災厄》。植物に使えば周囲の植物や大地の養分を無理矢理奪って脅威的な成長が起こり、動物や機械に使えば肉体(機体)のリミッターを完全に外し、自身の肉体(機体)が滅びようとも暴走し続ける。
《災禍の化身(ディザスター)》アクティブスキル。【ディザスター】の必殺スキル。現在発動している《天地災厄》と《人畜災害》を解除し、出力を大幅に強化した上でその効果をマスター一人に集中させるスキル。効果は《ラスト・バーサーク》の上位互換で必殺スキル発動中マスターのSTRとAGIを10倍化し、被ダメージを5分の1へと減らし、1秒毎にHP最大値の1%が削れる代わりに他のスキルの消費MPとSPを0にする。一時的に【物理最強】を上回るステータスを得る事ができ、肉体を動かす事によって発生するソニックブームで周囲に災厄を撒き散らす。文字通り人の姿をした災害“人災”を発生させる。《ラスト・バーサーク》とは違ってターゲットを指定していないのでマスターが死亡するか一定時間(100秒)が過ぎるまで絶対に止まる事がない。更にこの狂化はアイテムなどでは軽減が出来ない。

5981

スキルの対象が広い上につむじ風が竜巻になるほどの強化を施せるってのはリソース的に厳しいんじゃないかな。

5979
名前なし 2020/08/05 (水) 09:52:12 修正

【炎掟悪圏 アタール】
TIPE:ワールド・ラビリンス
紋章:焼け落ちる人
能力特性:怨念感知・有罪炎上
補正:なし

《炎の掟》:アクティブスキル
効果圏内で自身及びパーティーメンバー以外で人間範疇生物及びモンスター(対象と呼称する)が負の感情を発したとき、対象が炎上する。熱量は負の感情の度合いに比例する。

《有罪判決:断罪の灯火》:必殺スキル
募集中

備考
《炎の掟》の極悪コンボ

発動する

炎上する

嘆く

熱量上昇

自身を燃やした相手に敵意・悪意を向ける

熱量上昇
の無限ループ。

実体のないラビリンスでもある。

5980

ラビリンス要素どれ?

5982

【黄金比 ドラウプニル】
type:エルダーアームズ
形状:黄金の腕輪(アクセサリー枠)
モチーフ:オーディンの持つ増える腕輪
特性:補正,
補正:HP,MP,DEX,AGI,END(ex補正:60倍)他はなし

《溢れ滴る黄金の腕輪》ドラウプニル
パッシブ必殺スキル。
9日に1度、持続時間は1時間。
最大8箇所まで部位を指定しその部位を装備不可状態にすることで、【ドラウプニル】の補正をX+1倍にする。
Xとは装備不可にした部位である。

5983

【紙切折々 カミマイ】
TYPE:アームズ
自在に操れる白い紙のようなエンブリオ。手触りはコピー紙。総面積は下級で到達段階×3平方メートル、上級で到達段階の二乗平方メートル、超級で100平方メートル。
薄く軽いわりに強度が異様に高く、耐火性耐衝撃性に優れる。もはや紙ではない。
《ペーパークラフト》
カミマイを折り紙のように折ったり紙細工のように形を作ることで、その性質を付与するスキル。武器を折れば武器のように、生き物を折れば生き物のように振る舞う。使用したカミマイの面積に応じた装備補正やステータスを得る。
《ペーパークライシス》
カミマイを自由に分割できるスキル。分割数に制限はない。
《紙々の遊戯》カミマイ
カミマイの面積を10倍にする。

5984

モチーフ何?

5985

日本の妖怪ですね

5986
ギナウユ 2020/08/05 (水) 17:45:34 修正

【万里疾駆 スレイプニル】
type:ギア・ガーディアン
形状:8脚の馬
特性:超ハイスピード
エンブレム:馬
補正;無し
ステータス
HP1万、MPとSP無し、STR1000、AGI110万、END1000、DEX1000、luk10
《疾風神馬》スレイプニル
パッシブ必殺スキル。
騎乗者と自身へのあらゆる反動を無効化する。

多分【獣戦士】系統持ってないと早すぎて死ぬ

5987

HP1万にするならSTRとDEXにもっと振ってやれよ。STR100だと(常人の10倍あるとはいえ)人載せて長時間走るのは厳しそうだしDEX10は驚くほど危険

5988

END10も中々やばいぞ

5989

1秒あれば数キロ以上そうはできるからセーフ

5990

体感速度上がるから一秒でめっちゃ疲れるのでは…? どうなんだろ。毒の巡りが早くなったりするのかな。DEXとENDの低さは速度的にヤバいと思う(絶対事故るし上空からの墜落とかで死ぬでしょ)

5991

体感速度だからEND低くても事故ることは無いんじゃない?

5992

事故るのはDEXだぞ

5993

それこそ一般人並みの器用さがあれば事故らんのでは…?

5994

レイのレベル0でのDEXが15だから一般人並にはあるよな

5995

一般人が15だとしたら10は一般人の3分の2じゃん。事故だろ事故。驚くほど危険

5996

じゃあまあ100とか?

5997

海賊旗のエンブリオとかどう?
TYPE:アドバンスで能力はエンブリオを装備している船と海賊系統のジョブについた人間範疇生物限定バフ
名前はどうしようかな?紋章はジョリーロジャー。
海賊旗って船の何処につけんだろ?

5998

ワンピース見れば大体わかる

6000

オッケー見てみる

5999
syou_TRAHA 2020/08/05 (水) 21:35:18 修正

【不死再臨 アムリタ】
TYPE:ルール
ステータス補正なし
《灯滅せんとして光増す》死ぬたびに全ステータス1%アップ  効果時間無限 死ぬたびにステータスは1.01^n乗となる。
《アムリタ》人間範疇生物を倒した場合、ジョブレベル分のリソースを得る。
死亡時時、自分のジョブレベル分のリソースを使って即座にアバターを修復する。装備品は特典武具以外もとに戻らない。消費リソースは特典武具の数分、倍化されていく。

ジョブにつけなくなる。

レベル0でカンストマスター並みのステータスを誇る。

ステータスの上げ方・・・レベルが高い相手にひたすら殺される。ジョブについていなければ消費はない!!

6001

倒された時にアバターを構成するリソース取られるし、そもそもゼロレベルだろうとアバター制作にはリソース使うと思うんだけどそのへんどうなの?

6003
syou_TRAHA 2020/08/05 (水) 23:01:48 >> 6001

安心してください。超級のリソースが全部打ち込まれてます。
安心安全なヨナルデパズルリ?製の復活可能です!!
あれ?レベル0の時どうなってるんでしょうかね?

6007

超級のリソース全部打ち込んで「アバター修復」なら「死ぬたびステータスアップ」は無理じゃない?
エミリーが「アバター修復」で超級リソースほとんど使いきっているんだから

6015
syou_TRAHA 2020/08/06 (木) 21:31:01 >> 6001

エミリーは必殺スキルあるから大丈夫!
ジョブにつけなくなる制限つけました!!

6008

リソース問題はコストでジョブに就くことを禁止にしたらいいんじゃない?
「レベル0でカンストマスター並みのステータスを誇る。」が特徴ならそれでも良いでしょ

6009

そもそもの話として疑問なのだけど、
15の1.01乗って小数点以下だから切り捨てになるのではなかろうか?

6010

切り捨てずに実際には反映されないマスクデータとして残しておくのかもしれない

6014
syou_TRAHA 2020/08/06 (木) 21:30:37 >> 6008

上の方が言ってるように小数点以下は2桁ぐらいまでマスクデータとして残されます。
実際にステータスに反映されるのは整数部分。

代償として、ジョブにつけません。

ん?MP無駄じゃん?

てことで、特典武具は強い代わりに消費が多いものばっかりです。

大体、30回死ねばステータスが初期ステータスの倍になります。60回で初期の4倍。

6002

【群葬激  ルキフィガ】TYPE:レギオン
モチーフ:ゴキブリのラテン語の異名『光を厭うもの』。
特性:増殖特化。
特記:増殖量と増殖速度にリソースを割いており、ステータスはAGIが抜きん出て高いだけで、凄く低い。
《一匹見たらもう諦めろ》:読み「ワン・ロケィツ・ギブアップ」。たった一匹から無限の如く増殖するSAN値直葬スキル。それぞれの個体が何かを摂取すると、そこから得たリソースをステータスUPに回すため、放置すると数は増えるわステータス高くなるわで手がつけられなくなる。顎の強さが異常。
《家庭に這い寄る最恐の悪魔》:必殺スキル。現在増殖させているゴキブリ全てを融合させ、全てのゴキブリのステータスを合体させた悪魔を現出させるスキル。増殖させた量が多ければ多いほど強くなるため、実質無限に強くなれる。このスキル発動中も普通のゴキブリたちの増殖は続けられる。種族は悪魔となり、増殖させたゴキブリたちを変換させた圧縮重力による攻撃魔法まで使用可能。デメリットは増殖量が半端だと弱い悪魔になることと、1日に一度のスキルだということ。

6004

【反転法則 アンラマンユ】
type:アナザールール
エンブレム:黒い玉
特性:反転
補正:HPMPSPがS他はF前後。
《正道と相反せし悪虐の理》アンラマンユ
パッシブ必殺スキル。解除不能。下位互換あり。
自身に対するあらゆるダメージ、状態異常、デバフを反転させる。
代償に自身に対するあらゆる回復、状態異常回復、バフを反転させる。
反転した結果のダメージ、回復、バフ、デバフは反転しない。
コストはダメージでは無い。
装備には反転の影響が無い。
状態異常回復反転はぶっちゃけメリット効果(状態異常の効果が反転している為)
このスキルの真に恐ろしいところは自然回復の類も反転するため何も対処しないと寝てる間に死ぬところ、完全回復魔法とかくらったら多分HPジャストの固定ダメージで肉体が消し飛ぶ。
戦闘スタイル的には自身に状態異常を与える呪いの装備の類を【暗黒騎士】にならずに装備して、通常は継続ダメージになるデメリットの類で無理やり回復させる。
対応手段としては、回復魔法、アイテムを使う。もしくは全てのHP回復用装備を全損させる。

6016

微妙にモチーフと合わないというかそれ反転かぁ?ってなる。

6017

司祭と呪術師の効果逆転みたいな感じのコンセプト

6005
世界派マスター 2020/08/06 (木) 00:46:37

別に悪く言うつもりはないけど最近、ダメージ反転とか多くない?

6006

ぶっちゃけ思いついたの出してるから傾向はわからん

6011

【夢遊錨 マクラガエシ】
TYPE:ガードナー
特性:スピリット化
モチーフ:妖怪まくらがえし
形状:人が一人入れるカプセルにメカの足。

《魂安らぐ蔵》
 カプセルの中に入ったマスターを強制的に睡眠状態にし、カプセル内にいる間他の状態異常にかかりにくくなるスキル。
 マスターが睡眠状態でもマクラガエシは適当に動き回る。

《魂蔵より魂出でる》
 中のマスターが睡眠状態の時にマスターのMPを使用し、マスターの意識を載せたスピリットを生成する必殺スキル。

 スピリットは物に触れられない代わりに、自身生成時に使用したMP分魔法を使用することができる。

 魔法ダメージを受けた場合やMPを使用するとスピリットが小さくなり、残存MPがゼロになると消滅するが、本体のマスターに影響はなく再度使用すればまたスピリットを生成できる。

 欠点は本体を狙われることと、スピリットと本体が離れすぎるとそのままスピリットが消滅すること。

6012

【死翅粉塵 プシュケー】TYPE:ガーディアン

紋章:毛玉
モチーフ:ギリシア神話に登場する娘の名前、古代ギリシア語で「蝶」
特性:怨念とデバフ
形状:
戦闘力を持たない白く柔らかい毛に包まれた20cm程の蝶のぬいぐるみのような外見の怨念徴収特化の形態と、ENDとAGIに秀でた純竜クラスのステータスを持つ紺色の硬い外骨格に覆われた4メテル程の戦闘形態がある。

モンスター素材、怨念、MPを材料に作り出す赤紫色の鱗粉を媒介とした戦闘を行う

:スキル

《怨念吸引》
怨念徴収形態が唯一使用できるパッシブスキル、広範囲から周囲の怨念を徴収する、
使用中はプシュケー本体が身動き一つ取れなくなるが、至近距離であれば下級のアンデッドを一瞬ぇ消滅させられるほど、徴収の効率は高い。

《骸粉生成》
マスターのMPとモンスター素材と怨念を消費して状態異常効果のある赤紫色の鱗粉【骸粉】を作り出す、使用したモンスターの素材によって状態異常の種類が変わり、プシュケー本体から空中にばら撒く際に状態異常の比率をある程度調整できる。

《怨崩鱗》
MPを消費して、【骸粉】に触れた生物に毎秒【かかっている状態異常数】×50のダメージを与える、与えたダメージに応じてプシュケーのAGIとENDを上昇させる。

《塵技累重》
怨念を多めに消費して、マスターのスキルを【骸粉】を通して放つアクティブスキル、マスターとどれだけ距離があっても【骸粉】からスキルを放てる。
そのため、対象に【骸粉】が付着していたり、対象が【骸粉】が漂う領域内に居れば、放つスキルはほぼ必中となる。

上級に進化してからは、怨念の消費を更に増やすことで、放ったスキルの数を最大×10し、一度のスキル使用で、同時に10体の敵に状態異常を付与するといった芸当が可能になった。

:必殺スキル
《骸を纏い羽ばたくモノ》
プシュケーとマスターを合体させる、本来プシュケーのスキル使用にしか使えない怨念などのリソースをマスターのスキルにも使用できるようになる

6018

【無貌再姫 ニャルラトホテプ】
type:メイデンwithワールド・キャッスル
形状:異空間
メイデン形態:人間離れした美貌の黒髪のアジア系美女
食癖:七割食べる
特性:アバター生成(MMOでよくあるサブキャラ、サブ垢がコンセプト)
メイデン特性:可能性の創造
補正:全てC
《無貌ナルモノ》ニャルラトホテプ
必殺スキル。下位互換あり。
自由に容貌を設定できるアバター(レベル0相応ステータス、ジョブにもつける、ジョブはそれぞれ別枠【ニャルラトホテプ】を宿す)を生み出すスキル。
司祭系統のアバターと整備士系統のアバター等を個別に作れるレベル上げは別々(カンストの場合は他のアバターにリソースが入る)。
産み出されたアバターは異空間内に保存される。
破壊された場合再構築が可能だがリソースを補給する必要がある。
装備等はそれぞれのアバター事にログアウトログインと同じ処理。
最大保存数は1000体。
《置換顕現》
異空間内のアバターと入れ替わるスキル。
アバターが破壊された場合別のアバターと自動で入れ替わる。
《並列顕現》
アバターを【ニャルラトホテプ】が利用することで同時に2体のアバターを起動するスキル。

6019
syou_TRAHA 2020/08/07 (金) 06:48:51 >> 6018

ん?戦闘中も自由に入れ替われる感じ?
相手に有利な相性選べていいね!
装備のお金かかるし、特典武具アジャストどうなるのか不思議だけどコンセプトとして面白そう

6020

よき
これは面白そう

6022

千体も作れるかどうか微妙かな?超級でも100体ぐらいじゃね?

6023

「レベル0のモンスターを1000体作成し、自由且つ即座に出し入れ・操作可能。成長分は記録される」って考えればそう無理もないぞ。流石にジョブの適性は怪しくなるが。

6026

レベル0のアバターを作れる
作れる量は1000(コストはかかる)
1度に使用できるのは1~2
レベル上げは別口
だからそれよりもさらにコスト的にはかかって無いはず。
ぶっちゃけ単体のアバターの性能だけで考えたらかなり弱いし

6021

普通は千体レベルカンストしなきゃいけないようなアジャストはありえんから、身近にレベルあげ補助してくれるエンブリオ持ってる人がいそう。

6024

これ指名手配受けた時の処理はどうなんの?アバターごとに別々?

6025

発生地点は弄れないし名前とエンブリオは共通だからそのまま監獄おくり

6027

セーブポイントの登録はどうなってる?アバター全部共有か?

6028

共有、なんていえばいいのか微妙だけど
スマブラでアカウントは1つだけどキャラは好きに使える。的な?感じかなぁ

6029

セーブポイントの登録と指名手配がアバターごとに共有するかどうかで悪用できる範囲が違うからな
別々だったら移動式セーブポイントと合わせて転送業できるし

6030

共有なのは
キャラネーム、エンブレム、エンブリオ、位置座標、指名手配等各種要素(ジョブ条件も満たしている扱い)
非共有
肉体状況(HPとか状態異常とか)、所持品、容姿、レベル
辺りかな

6031

本当に別垢なんすね

6032
syou_TRAHA 2020/08/07 (金) 18:48:06 >> 6025

所持品は別なのか、
ゲームの同アカウント別キャラってことか
器用貧乏になるけど、デンドロだと相性大切だから、格下に安定して勝てるマンになるのかな?

6033

あれかな。セーブデータが違うからステータスとかジョブとか所持品は違うけど、同じプレイヤー(意識)が操作してるからやりたいこととかは共有されていて、ゲームによくある実績(トロフィーとか勲章とか呼ばれる奴。この場合は指名手配とかジョブの条件とか)も共有されてる、って感じ?

6034

それだ!そんな感じ

6035

【一撃必中 ディアフライシュッツ】
type:エンジェルカリキュレーター
モチーフ:魔弾の射手
形状:単発式拳銃
特性:必中
保有スキル:
《魔法の弾丸》アクティブスキル
 自身が詠唱した準備段階の魔法を弾丸として装填する。
 装填された弾丸は着弾と同時に魔法の効果を発揮する。
 弾丸には申し訳程度の追尾性能がある。

《汝、外すことなかれ(ディアフライシュッツ)》必殺スキル アクティブスキル
 《魔法の弾丸》によって装填され、発射された弾丸を銃を向けた対象へ転移させることによって必中させる。
 また、対象に当たる部位を任意に決定できる。つまり心臓めがけて撃つことも可能。
 ただそれだけにほとんどすべてのリソースを傾けているため事実上銃を向けて引き金を引くだけで必ず命中する必殺スキルとなった。

 《彼方伸びし手・地踏む足》にひたすら特化したらどうなるかな、と思って作ってみた。
 この特化っぷりはメイデンでは……とも思わなくもない。

6036
名前なし 2020/08/08 (土) 22:42:01 修正

【魄手喝砕 テノメ】TYPE:アームズ

能力特性 :掌の操作
モチーフ :妖怪「手の目」
紋章:重なった二つの手
ステータス補正 :STRとENDがB
形状 :手首から先がエンブリオに置換されている、見た目は普通の手と同じ

スキル:
《掌目連導》
一度視認した対象の掌、及びそれに準ずる部位を自身の掌の動きと強制的にリンクさせる。
例としては、手を開き対象に武器を落とさせたり、手を閉じて対象が物を掴むのを封じたり、掌の使い道の数だけ相手の動きを制限できる

《木偶の掌》
自身のSPを1割消費して、対象の掌の形を10分間固定する、この固定はマスターの視界から外れても効果が残る

必殺スキル:
《其の掌、我の掌》
相手の掌と自分の掌をそっくりそのまま入れ替える

その際、ステータスはもちろん、掌に装備していた武器、武装、発動しようとしていたスキル、魔法、全てが掌に付いてくるため、相手の切り札が掌を介して発動する物であった場合、カウンターとしてそのまま用いることができる。

6037

【禁愛皇妃 ゴティクス】
 TYPE:メイデンwithワールド
能力特性:愛者抹殺
モチーフ:戦争での勝利のために兵士の結婚を禁じ、聖ヴァレンティヌスを処刑したローマ皇帝“クラウディウス・ゴティクス”

《余は愛を強奪す》
結界内の存在が愛(友愛、親愛、恋愛、情愛など、どんな種類でも)を抱いてる場合、それを奪い、他の固有スキルを発動するコストとする。(奪われた者からはその愛がなくなる。しかし、それが表面上の上っ面なものでない場合は、数分~数時間で元に戻る。〈マスター〉相手だと愛はなくならないが、スキルは発動し、コストとして貯めることができる)。
《愛が体躯を鈍らせる》
結界内の存在が愛を抱いてる場合、その強さに応じてステータスを減少させる。結界内で5分経過するともう一度、その時に抱いている愛の強さに応じてステータスを減少させる。
《愛が技術を錆びさせる》
結界内の存在が愛を抱いてる場合、その強さに応じてスキルの効果を減少させる。結界内で5分経過するともう一度、その時に抱いてる愛の強さに応じてスキルの効果を減少する。
《愛が自滅を誘わせる》
結界内の存在が愛を抱いてる場合、その強さに応じて減少するHPMPSPと消費するコストの量、デメリットを増加させる。結界内で5分経過するともう一度、その時に抱いてる愛の強さに応じて減少量とコスト、デメリットを増加する。
《故に余は愛を否定する(ゴティクス)》
必殺スキル。貯まっているコストを全消費することで、固有スキルの効果を数倍に引き上げ、消費するコストを0とする。効果時間は消費したコストの量により決まる。

メイデン体:金髪碧眼長身巨乳。胆力ある男勝りであり、面倒見の良い姉御肌。言動がめちゃくちゃカッコいい。だが、たまに見せるデレた姿がマジ可愛くて萌える。
備考:メイデンとしてのジャイアントキリングは“愛する者の否定“。《体躯》《技術》《自滅》はそのままだと愛を抱いていないモノ(感情を抱かないゴーレム、怨嗟に囚われている死霊など)には効果がないが、消費するコストを増加することで、愛を抱いているのと同じ状態でスキルの効果を与えることも出来る。(これは元からではなく、第4形態でのゴーレム型の〈UBM〉との戦闘の際、■■■で緊急進化した結果)。

6038
名前なし 2020/08/09 (日) 16:16:26 修正

【器死壊醒 ヴィーティング】
TYPEルール•アドバンス
モチーフ スカルド詩『コルマクのサガ』決闘剣ヴィーティング
能力特性 武器消耗度反比例強化
備考 使用する武器が壊れている程出力を比例強化するエンブリオ。使用する武器に搭載されるアドバンスのルール。モチーフの決闘剣は決闘中に欠けて飛んだ剣の破片が所有者に逆転劇を齎らした。
《Together until death(死するまで共に)》アクティブスキル
装備している武器の性能を消耗度に応じて反比例強化する。強化の範囲は強度や補正、保有スキルまでで、武器として使用しているのであれば防具のカテゴリーである籠手や具足も対象内。使用にSPとHPの両方を消費する。
《Broken duel sword(ヴィーティング)》パッシブスキル
ヴォーティングの常時発動型の必殺スキル。下位互換に強化上限値が劣り、使用にコストが存在するスキルがある。光属性の遠距離攻撃可能な長剣を破壊寸前で強化した場合、◯クスカリバーごっこが出来る。また、武器の性能の中で保有スキルのみ、攻撃力のみ等限定することで更に強化上限値が上がる。コル•レオニスとの相違点は破壊寸前のギリギリを見極め無いと強化上限値が劣る点とスキルに自動修復が有れば強化され、修復可能であるという二点。