大乱闘スマッシュブラザーズ 攻略総合

ファイター解説、布教まとめ

223 コメント
views
3 フォロー

今までのファイター解説のまとめです
引っ越し前のポケモンBBSの物も含めて大体置いてありますので見たくなったらこのページから辿りましょう。

・ファイター解説の制約
100行の文字制限が存在し、画像は30枚制限

・追記、修正も受け付けてます。その場合は通報欄に追加、削除して欲しい部分書いて頂けると管理人(テンクーコング)が修正します。
ただしポケモンBBS時代の物は修正を受け付けてませんのでご了承ください

Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人
作成: 2016/05/29 (日) 20:51:22
最終更新: 2016/11/02 (水) 21:48:13
通報 ...
  • 最新
  •  
196
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2016/09/21 (水) 15:12:38

・空前:メテオナックル
低学歴パンチ相手を真下に叩き落すメテオ技。場外でこれを命中させればほぼバースト確定なので是非とも狙って行きたい技。しかし部位によって変わり、出だし、中間、終わりの三段階で別れており中間がメテオ。これ以外は斜め前に飛ばすカス当たりなので上手く命中させて相手を叩き落してやろう。ただし、ドクターグーパンチよりもクリティカル範囲が狭くなっているのでより正確に狙う必要がある点は注意。
ちなみに地面があってもその後跳ね上がるので空中追撃がしやすいマリオにとっては展開は良好。空上等で追撃してやろう。
出が遅く後隙がでかいので空N目的の暴発にはくれぐれも注意しよう

画像2
高%だと下投げから繋がる。これぐらいの高さに撃ちあがったら...
画像1
スカっとメテオ。非常に気持ちがいい。
画像3
クリティカルヒットすると真下に飛んでいく。
画像4
カス当たり。展開自体はそこまで悪くは無いがペチって効果音が鳴る為後味が悪い。

空上:エアスラッシュ
マリオの主力技。通称「エアスラ」。初代から続くマリオ最強クラスの技で、単発の威力こそ大したことがないが、出の速さ(4F)と全体フレームの短さによる運びが強く、一気に上方まで持っていくことが可能。バースト出来る可能性すらある。下投げから上強が繋がらなくなったらこちらに切り替えていこう。

画像1
ベクトルは斜め上気味。その方向に打ち上げる下投げや下強と相性が抜群。
画像2
高%ではバーストも狙える。

空後:ドロップキック
マリオの主力技。ダメージが10%と結構でかい上連発可能、その上リーチもマリオにしては長いとかなりの性能を誇る。全ての用途で扱えるのでどんな状況でも必ず撃てるようにしたい。マリオの高い空中機動力から、ドクマリやルイージより運び性能が非常に高いのでどんどん運んでいこう
その性能から押し付け技としてかなりの性能を持つが、過信して振りまくるとガードから手痛い反撃を貰う可能性があるので注意
また、反転から放つことが可能。やり方としては、走行反転→ジャンプでキャンセル→空後とやるとすぐに放てる。
更に崖最低空空後というテクニックも存在する。やり方は、崖端に到達→振り向いて崖から飛び出た瞬間に空後。緊急回避等からやると成功しやすい。個人的なコツとしてはその回避の音が途切れた瞬間に空後入力するとやりやすい。
画像1
画像2
ドクマリ、ルイージと異なり小J(ジャンプ)から最速で撃てば二回目が放てる。ただしその分両者より威力が控えめ。
画像3
範囲はこれぐらいで意外と広め。
画像4
ここら辺から...
画像5
崖際に回避して...
画像6
この飛び出た瞬間にすかさず空後!
画像7
そうするとこの通りになる。ちなみにこのステージでは攻撃判定が起こらないので注意。

197
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2016/09/21 (水) 15:17:47

横スマッシュ:ファイア掌底
マリオの主力バースト技。マリオの中ではリーチの長い攻撃だがリーチ自体は横強に僅かに劣る。発生はそこそこ、後隙も少なめで威力は上々という事で積極的に使いたくなるが、ガードされると反撃は貰う後隙はあるので過信はしない事。
着地の誤魔化し、振り向き、位置調整等から放つと当たりやすい。おおよそ80%辺りからバースト圏内。
ちなみに炎の部分は相殺判定なし。
画像1
先端部分は強力な炎の一撃。ちなみにアップデートで範囲が強化された技。
画像2画像3
リーチはおおよそこれぐらい。

上スマッシュ:スマッシュヘッドパッド
ニイハオ!マリオの主力技兼主力バースト技。非常に発生が速く、後隙もトップクラスに少なくて威力も高めのスマッシュなのでかなり使い勝手がいい。それでいて地上相手にも当たるのでどんどん振って行きたい。
ただし立ち回りでも多く頼る事がある以上高%バーストになりやすいのでバースト面には期待しないほうが良い。非常に短い後隙を利用して釣り行動にする事も可能。上スマッシュというだけあって対空に優れ、更に頭部分は無敵付きなので判定の強さも保証できる
上スマッシュなので走行中から出す事も可能なので走って突撃してぶち当てるといった行動も強力だ。更に反転上スマッシュも可能で、反転空後と違いジャンプを上スマッシュでキャンセルする必要があるが手順としては非常に似ているので覚えておこう。走行反転→ジャンプ+上スマッシュがやり方。後ろから攻撃判定が出る性質も相まって使いやすい。
おおよそ105%辺りからバースト圏内。
画像5画像4
上手く無敵判定を活かせば急降下技にすら撃ち勝てる。
画像6
ただしクッパドロップは落下速度が速い故相打ちになる事も多く、威力も破格なので無理に迎え撃つのは禁物。
画像8画像9
ドクマリ、ルイージの物とは違い攻撃範囲が狭いのでダッシュから機動力を活かして突っ込みやすい物の使い勝手では劣る。
画像7
なので速い攻撃判定も活かすことの出来る反転上スマは非常に重要な技となる。

198
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2016/09/21 (水) 15:18:14

掴み
マリオを扱う上でトップクラスに重要掴みからありとあらゆるコンボに移していける他、ガードを固める相手に効果的なので積極的に掴んで行きたいところ。
発生は6Fとそこまで速くはないので注意が必要。序盤は上投げ、中盤以降は下投げ、バースト帯は基本後ろ投げという具合に使い分けるとベスト。
掴み打撃は3%と大きめだが、連射間隔はそこまででもないので1~2回入れて投げるぐらいで良い。コンボに繋げたい場合は即投げよう。

後ろ投げ:ジャイアントスイング
バースト投げ崖端では強力なバースト択になり強力。おおよそ150%ぐらいからバースト範囲内に入る。
ほかほか補正と呼ばれるダメージがかなり蓄積した時に攻撃力が上昇する仕様と相性が良いのでこちらも積極的に活用していこう。
振り向き掴みとも相性が良い。振り向き掴み→後ろ投げの流れで華麗にバーストさせてやると見た目もかっこいい。やり方は掴み入力→走行反転**。
乱闘では振り回している時に攻撃判定が出るので場を丸ごと吹き飛ばしたい場合にも活用していこう。遠距離からの飛び道具には注意。
画像1
吹っ飛ばし力はかなりの物なので迷った時に頼るのも可。ダメージも11%と中々。

199
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2016/09/21 (水) 15:25:35

NB:ファイアボール
マリオ唯一の飛び道具。近距離では威力の低さから全く持って使えないが、中距離以上だとマリオの届かない範囲でもダメージを蓄積させる手段となり非常に使いやすい。ファイアボールを盾に攻める、ファイアボールを盾に逃げる、軽く吹っ飛ばした相手に更に追撃するといった感じで牽制手段には最適なので手堅く立ち回りたいなら上手く使っていこう。
ちなみに威力の低さを逆利用してダウン連に使える。
画像1
ジャンプ撃ちするとファイアボールのバウンドが高くなるが、地上で撃つよりリスクは低い。なのでジャンプ撃ちを基本としよう。
画像2
撃ったファイアボールを追いかけて...
画像3画像4
怯んだ隙に掴みを入れるというのは非常に有効。

横B:スーパーマント
相手の飛び道具を反射する技。反射した飛び道具は自分の攻撃になるので飛び道具が来そうだったら放ってみよう。ちなみに相手そのものを反転させることも可能。突進系の復帰技や上B発動寸前に返してやるとそのまま復帰阻止出来るので狙えるならやって見る価値あり。
空中で使うと少し浮く。ただし浮くからといって復帰には使えないむしろ空中機動力が下がって復帰力が落ちるので復帰にはタイミングずらし以外には使わないようにしよう。ちなみにこのせいで空ダマントの実用性は低いので、使いたければ機動力の落ちないドクマリを使おう。
ちなみに崖から落ちるタイミングで反対側にマントを放つと即崖捕まりがやりやすい。
画像5
ロックマンが横スマッシュを溜めている
画像1
発射。当たればピンチ!
画像2
マリオ2人分ぐらいの射程まで近づき、当たりそうになった所ですかさずマントを取り出す。
画像3
そして反射!
画像4
見事に命中。
画像5
更に反射の効果で威力も倍増しているので、ロックマンの横スマのような攻撃だと逆にバーストさせれる事も。
画像1
クラウドのクライムハザードように崖から飛び出やすい復帰技にマントを当ててやると高確率で沈んでいく。使うならガードで攻撃を受け止めるのも忘れずに。

200
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2016/09/21 (水) 15:26:06

その他の技
まとめて解説。

ダッシュ攻撃:スライディング
よくも悪くも普通のダッシュ攻撃。姿勢がかなり低いので相手の攻撃を交わしやすく背の低い相手にも当たるが、外したりガードされると反撃を貰うリスクが高いので多用は禁物。

横強:ミドルキック
マリオの技では最長リーチ。主に牽制に使用可能で発生も5Fとそこそこ。ただし威力はあまり無いので主力技としては据えにくい。

下強:スピニングローキック
攻撃力も吹っ飛ばしも控えめで一見使えない技のように感じるが、程よく浮いてくれるので連携の起点になる。かつては後半部分の謎のしゃがむモーションがキャンセル出来ず使えない技だったが、本作ではキャンセル可能になったので当てたらどんどん連携やコンボをしていこう。

空下:マリオトルネード
元マリオの下B。多段ヒットで巻き込み最後に上方向へ強く吹っ飛ばす。ただし巻き込み力は必殺技時代やドクタートルネード、ルイージサイクロンに比べ大きく劣っている上オートリンクベクトル※が無いので擬似メテオが出来ない。更に連打しても上昇しないので復帰することは不可能になっている。
吹っ飛ばしはかなりあるので下から突き上げるように当てていこう。
※オートリンクベクトル→相手を自身の方向に引き付けるシステムで、連続ヒット技など一部の技に付けられている。
画像1
相手を巻き込んで...
画像2
吹っ飛ばす!

下スマッシュ:ダブルキック
周囲を覆う攻撃範囲を持つ攻撃。後ろのほうが威力が高め。前作までは中々の攻撃力により万能技として使えたが、本作では威力が大幅に弱体化したのでバースト技としては後方含めてあまり期待できない。ドクターマリオやルイージの感覚で安易にバースト技としては頼らないようにしよう。
咄嗟の反撃手段としては優秀。

201
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2016/09/21 (水) 15:26:34

上B:スーパージャンプパンチ
復帰技。連続ヒット技で、出だしに無敵が付いているので復帰阻止されにくい。距離もそこそこで信頼できる技。また発生3Fという脅威の速さによぅて暴れ手段に使えるが、威力の関係でドクマリに比べるとその性能は大幅に劣るので一部限定にしておこう。
ちなみにほかほか補正の影響をかなり受ける。
画像2
連続ヒットで突き上げる。そこそこの範囲を巻き込めるので咄嗟のタイミングで頼れなくも無い。
画像1
無敵が付いているのはこれぐらい。

下B:ポンプ
攻撃判定が一切無い溜め技。ポンプの名の通り水を発射する。溜めれば溜めるほど水の威力が上がる。
一見全く使えない技に見えるがこの技の最大の真価は復帰阻止で、特に空中ジャンプを切らした相手に合わせて放水すれば相手の復帰を絶望的に追い込める。それ以外にも相手との間合いを引き離す時に使えたりするので使えると思ったタイミングで使ってみよう。
ちなみにこの水に当たった瞬間にマリオの得点になる性質を持つ。技なんだから何を当たり前...って思っているかも知れないが、これの凶悪さは大乱闘において発揮する
例えば相手が最後の切り札(ここでは大天空を例とする)を発動して相手がかっこよく乱舞を決めて最後に叩き付ける瞬間にポンプを発射するとしよう。そうすると先ほど述べた水に当たった瞬間にマリオの得点になる性質により、攻撃したのは切り札使用側であるが、実際はマリオが得点を手にしたという現象が発生する。なのでこのような性質の技を見たら傍観しているのではなくポンプを溜めて放出してやろう。上手く行けば大量得点に期待出来る。
ただ勿論であるが自身は最後の切り札に巻き込まれないようにするのが一番だ。
画像3
相手が復帰している状態を狙って...
画像4
ポンプ発射。ポンプは向きを変えれるので相手の位置に合わせて水流で押し戻そう。

202
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2016/09/21 (水) 15:28:23 修正

コンボ、連携
マリオの真骨頂とも言える部分。まだスマブラの操作に慣れていない初心者は無理に覚える必要は無いが、簡単な物から始めていこう。
スマブラに慣れている人はどんどん高火力コンボや連携を行って大ダメージを狙っていこう。

コンボ
下投げ→上強×n
マリオを代表するお手軽投げコンボ。暴れ性能の高いファイターには抜けられやすいが、逆に暴れに乏しいファイターには吹っ飛ぶようになるまで延々とお手玉可能。おおよそ30%ぐらい稼げる。

下投げ→上B
こちらもお手軽コンボ。初心者にはおすすめ出来るがリスクとリターンが釣り合ってないので他のコンボが可能なら辞めておいた方が良い。ダメージは17%

下投げ→空上→空上→上B
バーストコンにすらなり得る高火力コンボ。ダメージは上B全段ヒット時で26%

空上→空上→空上→空上→上B
起動技を空上にしたコンボ。ダメージは40%。最初の空上は着地際に撃って起動しよう。

上投げ→空下→空前
最序盤に可能な高火力コンボ。見た目が非常にかっこいい。下投げ上強が入らない間は大体これが当たる。ただしマリオトルネードの部分の最終段が確定ではないので注意。ダメージは30%

上投げ→空後→空後→空後
特定キャラには入るコンボ。想像出来る通り運びに使える。おおよそ20%付近から狙い目。ダメージは37%

空後→空上→上スマ
特定キャラにはコンボカウンターが回る。ダメージは28%

下投げ→空上→空下
台有りステージ等で狙えるバーストコン。軽い相手に効果的。ダメージは22%

下投げ→空前
崖際での即死コン。おおよそ100%付近が目安。ドクターマリオで有名な下投げ高学歴パンチ、下投げグーパンとは異なり内ずらしすると入ってしまうので食らう側は要注意。ただし確定帯は狭い。ダメージは19%

空上→空前
こちらも即死コン。おおよそ70%から狙えるので早期バーストはこちらを選択。ダメージは21%

空Nカス当て→反転上スマ
難易度は高いがバーストコンとして機能する。ダメージは19%

着地空下→下スマ
吹っ飛ばしが低い内は入る。ダメージは17%

着地空下→DA
こちらは少し吹っ飛んでも対応可能。ダメージは15%

空下→空上→上B
上方に追撃する場合はこちら。ダメージは29%

下強→空上→空前
崖際即死コンシリーズ。80%から狙える強力なコンボ。ダメージは26%

下強→空上
最終手段のバーストコン。おおよそ150%以上から狙い目。ダメージは12%

ダウン連

空Nor空後→弱1or2段×3→横スマ
バーストに繋がる行動でもあるので狙ってみる価値は大いにあり。見た目も良し。85%付近から弱で起き上がるのでそれより前辺りから狙おう。

連携
弱二段→下スマ
崖端なら強力なバースト連携となり得る。掴みとは選択。

空下着地→上スマ
上手く決まればバーストにも利用可能。

空上→空下
バースト連携。ワンチャン狙いに。

DA→空前
一応狙えなくはない。ただし状況的には限定的なので復帰力の低いキャラ相手用に。

DA→空後運び
こちらも狙えない事はない。こちらの方が狙いやすさは高い。

203
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2016/09/21 (水) 15:28:37

立ち回り
基本的にはガン攻め意識。強力なコンボや前後隙の少ない技で突撃していき火力を稼いでバーストさせよう。
序盤は積極的に掴みを狙いに行きたいが、あまり露骨過ぎると交わされるのでファイアボールや空後、空N等を織り交ぜたり、相手が突っ込んでくる所をガードで受け止め投げコンボを決めよう。ダメージ1桁台なら上投げ→空上→空前、2桁台に入っていたら下投げ→上強でハメていこう。
中盤以降は下投げ上強が入りにくくなるので今度は下投げ→空上のコンボに切り替えていこう。下投げ→空上→空上→上B等は一気に火力を稼いでいく事が可能。掴み以外だと空後や空Nが倒れ吹っ飛びする頃になってくるので空後を押し付けていくのも良い感じ。上スマッシュで刺しに行くのも悪くないだろう。70%付近で横スマッシュのファイア掌底がバースト技として機能してくる頃なので振り向きで撃ったりダウン連から狙っていこう。

ここまでは結構大胆に動けたが終盤は慎重気味になる必要あり。自身がバースト帯でなければ中盤同様の動きをして貰っても構わないが、相手がバーストを拒否したり、自身が高%の場合はそうもいかない。こちらでは自身も高%の前提で話を進めよう。
まずこちらも技を食らいたくない状況なので出来るだけ地に足をつけた状態を意識する事。ガードや回避がすぐに出せるし、隙の少ない攻撃も多いのでこれらを中心に立ち回ろう。
反転上スマッシュ、横スマッシュ攻撃等は特に使いやすいバースト手段だが、これらに頼ってばかりいると読まれて隙を付け込まれやすいのであえて小技や投げ等で浮かしたり場外に放り投げてから追撃を向かうのも良い。そうなればマリオの強力な追撃性能や復帰阻止性能を圧倒的に活かせるので積極的に向かっていこう。後ろ投げの場合はそのままバーストまで持っていける事もあるので掴みを織り交ぜるのは重要だ。
ただ、それでもバーストしにくいと感じる事はあるだろう。マリオのバースト技は横スマッシュ、上スマッシュ、下スマッシュ、空前、マリオトルネード(空下)、空上、空後、後ろ投げとあるが、上横スマッシュと空前以外は早期バーストが狙いにくい吹っ飛ばし力の為、ドクターマリオに比べるとバースト択が意外にも少ない。ワンパターン相殺の影響も考えると限られたバースト技をいかに温存してここぞという時に打ち込む事のできる感性が重要となってくるだろう。これを普段から徹底して行う事が出来れば立派なマリオ使いだ。

204
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2016/09/21 (水) 15:28:54

まとめ
マリオは、とにかく攻めてコンボで火力を稼いでいきフィニッシュを決めるスピード型バランスファイター。攻撃は最大の防御というレベルの攻めで圧倒していきたい。ただ単純に攻めるだけでなく、色々な動きを見せ付けて択を増やして投げコンボに持っていく工夫だったり、復帰阻止やバーストにおける細かい部分の立ち回りも重要になってくる。扱いやすいファイターではあるがかなり奥が深く極めがいのあるファイターだ。
コンボや復帰阻止を鮮やかに決め、ミスター・ビデオゲームに恥じない動きを見せつけよう!
画像1
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけ
画像1
マリオ解説終わり!閉廷!以上!

205
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/01/29 (日) 20:05:31

画像1
トゥーンリンク解説
筆者:邪武悪事惨

206
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/01/29 (日) 20:07:47

トゥーンリンク

画像1

スマブラではXでこどもリンクに変わる隠しファイターとして参戦。
リンクと似たモーションを持つが機動力が高い、リーチが短い、技の回転率が高い、など差別化されている。

トゥーンリンクの特徴
基本は飛び道具で相手を牽制&攻撃して飛び道具で自由に動けない相手にダメージを与えていくといったことを得意とする。そのため、飛び道具をどこに撒くかといった空間計算能力やコツコツダメージを積み重ねていく根気のある堅実な人向け。如何に相手を飛び道具で近寄らせない展開を作れるかが上手く扱えるかのコツ。

長所
・機動力が高い
・技の発生が優秀で後隙が少ない
・体が小さい
・優秀な飛び道具が豊富
・中~遠距離が強い

短所
・リーチが短い
・復帰力がやや低い
・軽い
・空中での暴れ手段に乏しい

画像1

ダイアグラムを作成。
基本的に遅い、体が大きい、優秀な飛び道具がないといった要素を持つファイターに有利を取りやすい。ガノンはカモ
反対に速さとパワーでごり押す、飛び道具が豊富、優秀な飛び道具を持つ、リーチが長い、飛び道具を反射吸収できる、飛び道具を阻む手段があるといったファイターは苦戦する。特にロゼチコ、ミュウツー、ヨッシーは機動力が高く上記の要素があるため天敵。クラウドは辛くないかという意見があったが、実はそこまで苦戦しなかったりする。クラウドの飛び道具はあまり強くないのでこちらが自由にフィールドを作れてしまう。更に場外に出せば爆弾を下に投げて空前するもよし、空下でメテオするのもよしとかなり復帰の弱さにつけこめるため案外なんとかなる。
その他のファイターは自分の腕勝負なので、上手に飛び道具を使っていこう。

207
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/01/29 (日) 20:09:49

主力技解説

地上技
上強 半月斬り
回転率のいい地上技で大事な技。発生早い、後隙短い、連射できる、範囲広めと優秀。自分の後ろに回り込んでくる相手や至近距離の相手に刺さる。
ヒットしたら連続で相手に当てられるので〆に上スマを決めてやろう。トゥーンリンクの中で貴重な、大量にダメージを稼げるコンボなので積極的に狙っていきたい。
掴み
ワイヤー掴み。発生が遅く、後隙も大きいためあまり振ってかない方がいい。
しかし、トゥーンリンクはガードを固められると厳しいのでしばしば頼っていかないといけないが、如何せん投げからのコンボがないので使いづらい。なお、相手が高%なら後ろ投げでバーストできるため上スマと掴みの二択で迫っていくのが強力。あくまで迫るのが強いので上スマを多めに見せた方が決まりやすい。

空中技
空N 二段斬り
トゥーンリンクの空中技の中でも発生が早い技。
主な用途は爆弾で浮かせた相手を攻撃するときに空前では間に合わない場合や、着地ごまかし、暴れに用いる。但し、暴れに関しては下方向に判定がないため暴れ手段としては微妙。

空前 斬り上げ
お ま た せ
トゥーンリンクの空中技で一番使う機会の多い技。
発生自体は遅いが高威力、後隙の少なさ、リーチの点で優秀。
主にブーメラン(至近距離ヒット)と爆弾が当たった場合に振る。
万が一当たらなくてもトゥーンリンクの空中制御も相まって、振って引くということができるため反撃はもらいにくい。但し、着地隙は大きいため対地で振ることはオススメしない。
バーストが狙えるため、爆弾を投げたらヒットの有無に関わらず振った方がいいかもしれない。

空上 上突き
トゥーンリンクのバースト手段の一つ。早めの発生、高威力、長い持続、上への判定の強さとかなり優れている。特に持続はクラウドの空上並みで相手が空中回避しても当たるぐらい長い。相手が真上付近にいたら積極的に振ることをオススメする。相手が暴れても最悪あいこまでもっていける。
高%時は爆弾からも繋がるのでベク変が怖かったらこっちを振ってもいい。

空下 下突き
真下に急降下する技。主に暴れやメテオ、道連れに使う。
トゥーンリンクは空中での暴れ手段に乏しいためどうにもならない場合は意表をつく形で振ってみるのもあり。着地隙が大きいが、着地時に衝撃波が出て相手を押し出すので意外と反撃はもらわない。
メテオに関しては攻撃判定直後にメテオ判定があるので崖際で使う。主にクラウドなどの復帰時に頭が出るキャラや無敵が切れてる相手に対して振ると問答無用で落とせる。トゥーンリンクのクラウドに対する貴重な対抗手段なので積極的に狙うこと。くれぐれも間違って自分も落ちないように… <●><●>ヒャァッ → ><ギャッ

空中Z(空中掴み攻撃)
トゥーンリンクの中でもかなりリーチがあり、発生も早く、急降下しながら打てば着地隙もほぼないという優秀な技。主に着地をごまかしたり牽制したりする場合に使う。
ガードされても反撃はほぼないため安心して使えるのでどんどん振ってもよし。吹っ飛びが弱いため、相手にヒットしてから上スマが入ることが多いのできちんと狙っていこう。

208
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/01/29 (日) 20:11:08

必殺技

NB 勇者の弓
弾幕張るための飛び道具。リンクと違うのは弾速と飛距離。リンクより遅く長いので弾幕が張りやすい。他にも足止めやダウン連などにも起用する。
ダウン連は相手が120%前後時、
空中Z攻撃→相手受け身失敗→弓矢(溜めなし)

横B ブーメラン
リンクより優れている飛び道具。違うのは戻ってくる時にも攻撃判定があること。そのため、相手は戻りブーメランにも警戒せねばならないので、行動を制限できるのが強み。しかも、戻りブーメランヒット時に攻撃が確定することがあり、相手は上スマの餌食になる。相手からしたら凶悪な飛び道具といえよう。投げる角度も変えられるので相手の空中からの差し込みも制限できる。 
ちなみに、村人にブーメランをしまわれても再度出すことができる。予備のブーメランがあるらしい。

下B 爆弾
お ま た せ
トゥーンリンクのコンボの起点。爆弾を取り出すときは隙だらけだが投げた後は隙が少なく、ヒット時の展開も非常にいいという高性能な飛び道具。加えて前後左右に投げられ、投げた方向(左右)に体が向くので空中でヒットすればそのまま空前などに繋がる。
投げる方向によって用途も変わってくる。
左右でコンボを狙い、上に放って空中を牽制、下に投げて下にいる相手を縛り、空中Zでその場に落とす。スティックの傾き具合によって投げるスピードと距離を調節することもできるため相手からしたら非常に厄介。
小テクニックだが爆弾を持ったままフックショットで崖に捕まるには、空中回避を挟んでからフックショットを出すと爆弾を所持したまま崖を掴んでくれる。大事なテクニックなので覚えておこう。
なお、爆弾を所持して崖に捕まったら崖ジャンプ起き上がりモーションの時に空中Z(空中掴み)を使うと爆弾を崖外に落とすことができ、相手の復帰を妨害できる。

上B 回転斬り
リンクより高く飛ぶ復帰技。地上で使うと左右に判定の出る連続ヒット攻撃になる。
主に使う場面は、相手の空中攻撃をガードして相手が左右どっちにいるのか分からないときにガーキャンから出して使う。上強では間に合わないことが多いので結構重宝する。一回当たれば最後まで当たってくれるが、外した場合は隙が大きいので無闇に振らないこと。

スマッシュ

横スマッシュ スマッシュ斬り/踏みこみスマッシュ斬り
二段ヒットの高威力なスマッシュ。発生はそこそこでトゥーンリンクの技の中では一番リーチのある技になる。長所は一段目で当たらなければ二段目をキャンセルできること。二段目は後隙が大きいので当たらないと判断すれば逃げれば良い使い勝手の良さがある。なお、二段目の受付時間がとても長いので逃げるふりして受付終了間際に不意打ちで打つのもあり。ただ、その受付時間の長さ故に掴みに移行すると二段目がでてしまうため掴みは得策ではない。
リンクと違い、一段目のどこを当てても全く吹き飛ばないため二段目に繋がりやすい。ただし、相手の%が高い場合一段目がヒットしても二段目が当たらないことがある。ヒット確認をしてからでは遅いので当たると確信したら迷わず打とう。
また、一段目は下方向にも若干判定があり、崖捕まりの無敵が切れた相手に空下では間に合わない場合などに振るとそのままバーストに繋がることがあるので覚えておこう。

上スマッシュ 天空斬り
<●><●>デヤァァァ!!
お ま た せ
全ファイターの中でも一、二を争う強さのスマッシュ。
発生が早い、後隙が少ない、高威力、バースト力十分、広範囲と極めて高性能。
それに加え、トゥーンリンクの足の速さと相性抜群で、よく滑る。
ガードされても遅めの技であればガードが間に合うくらいで気軽に振っていけるのも強み。
序盤の爆弾当てから繋いだり着地狩りに使ったり様々な場面で使えるため、多くの人が苦手意識を持つスマッシュである。
そんなスマッシュだが意外にも欠点がある。使う機会が多い故にワンパターン相殺がかかりやすいため、なかなかバーストできないといったことがしばしばあるのだ。トゥーンリンクは地上でのバーストをほぼ上スマッシュに頼っているので読まれやすく、拒否されると地上でのバースト手段が後隙の大きい掴み(後ろ投げ)だけになってしまうのでバーストに困るという状況になりやすい。ここぞというときに使うためになるべく控えめにしといた方がいいだろう。

下スマッシュ 前後足元斬り
ガノンやクラウドのようなスマッシュ。前の方が当たった場合、後ろに吹っ飛ばすという変わったスマッシュ。バースト力は大したことがなく、上スマで事足りることが多いのであまり使わないが、上スマを振りすぎた場合に振るという手を使うのもあり。

209
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/01/29 (日) 20:11:44

その他の技


発生が早い。リーチがなく繋がりにくいためあまり使わない。使い道としては地上で本当に困った時に暴れとして使うくらい。

横強
リンクと同じモーションで後隙も少なめだが、威力が低くリーチもないため振らないほうがいい。

下強
トゥーンリンクの中ではリーチが長めの技。転倒効果があるがあえて狙う程のものではなく、リーチが長いといっても弱とそんなに変わらないためあまり振る機会はない。

DA
トゥーンリンクの技の中で一番弱い(断言)
遅い発生、低威力、長い後隙、短いリーチのため、着地狩りなどに向かない。封印技。

空後
発生が遅めで後隙も長い技。主に相手に爆弾ヒットがして自分の後方に飛んだ場合に咄嗟に使う。他に使う場面でも「咄嗟に」で振る程度。吹き飛びベクトルが上方向のため、相手がだいたい130%くらいでバーストが可能になる。あえて振る程ではないが、着地隙は空前よりは少ないので普通に振っても問題はない。

210
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/01/29 (日) 20:12:03

立ち回り

豊富な飛び道具を生かして相手を寄せ付けずに、たまらず近づいてきた相手を攻撃するという待ちスタイルが基本。弾幕を切らさないようにし、常に相手の行動を制限できるようにしていきたい。爆弾とブーメランを基本に空中Zや弓矢で牽制し、隙を見て爆弾からのコンボや掴みなどに繋げる。特に爆弾からのコンボはトゥーンリンクの中で重要なコンボなので絶対にマスターしたい。
トゥーンリンクは差し込みに困る。そうすると、どうしてもガードを固めてる相手に掴みを通していく必要がある場面が出てくるため、読まれないようにフェイントを絡めながら掴みにいこう。
懐に入られると弱いので間合い管理をしっかりすることが大切。スピードキャラには爆弾を取り出すときに攻められるので弓矢やブーメランを放った後に出すと安全。
バースト技がわかりやすいのでフェイントを混ぜていくことが大事。バーストには極力爆弾からの空前or空上を使い、上スマに頼りすぎないようにしよう。いずれも地上のバースト技は読まれやすいため、振りすぎないこと。
リーチがないため、技が当たらなかったらさっさと逃げて体勢を立て直そう。軽いため、無理をするとバーストされてしまう危険性が高い。焦らず着実に隙を狩っていこう。

211
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/01/29 (日) 20:12:25

まとめ
リンクと比べるとパワーとリーチに欠けるが機動力が高く、攻めと守りが行いやすい。
バーストまで時間がかかるが、コンボがちゃんと決まったときは気持ち良く、カッコイイためハマってしまう。待ちキャラなので相手に合わせて展開を運んでいく必要があるため、自然と相手の動き方が予想できるようになったり、飛び道具の対処方法も分かってくるようになってくる。読み力を鍛えたいという人や、飛び道具が辛いという人は是非使ってみてほしい。使えば使うほど楽しくなってくるハズだ。

これにて解説終了!最後まで見てくれてありがとうございました!お疲れ様でした!

212
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/06/27 (火) 16:50:56 修正

画像1
Ike Reterns
筆者:Aether Kong(テンクーコング)

213
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/06/27 (火) 17:49:21 修正

アイクについて
本人やスマブラでのアイクに関しては前回での解説>> 148>> 149>> 150を参照

長所
・全体的に吹っ飛ばし力が高い攻撃が多く、高%ではほぼ全ての技がバースト圏内になるぐらい強力。
・リーチが比較的長く、技の範囲が広め。
・運びによるコンボが多く空中での火力に優れる。上手くいけばそのままバーストまで持っていく事も。
・剣士キャラにしてはあり得ないぐらい数多の投げコンを持つ。
・使い勝手の良い地上での暴れ技があり近接キャラにも対応しやすい。
・ステップ等の性能が優秀で地上での立ち回りにある程度小回りが利き、空中機動力も悪くない。
・一応投げバーストも兼ね備えている。
・復帰距離が長め。
・比較的ラインを管理するのが得意なので詰められたり引き離されても割と自身に有利なラインを取り戻しやすい。
・崖上がりや崖掴みを狩れる技が多い。
・重い。上方向は全体5位と中々の重さ。横も十分な重さがありほかほか補正の恩恵に乗っかりやすい。
・ベクトルが低めな投げを持つ為チームでは連携に使いやすく、1on1では追い出してからの復帰阻止に使いやすい。
・全ての投げが重量による補正を受けない。これによりある程度は全キャラに対してコンボが入りやすい。

短所
・発生が遅く後隙が大きい技が多い。反撃の面だけではなく攻撃面でもバーストが難しかったりと様々な影響がある。
・それに関連して差し込みが弱め。攻め自体は決して弱くはない。
・技の多くが単発ヒットで一度ガードが成立すると反撃を貰うケースが多い。
・歩行速度が遅めでやや使いにくい。走行速度は決して速くはないがそれでもルイージやリュカ並にはある。
・投げコンを通せないとほかほかが溜まらなければ火力が控えめ。
・復帰阻止に弱い。横Bはある程度タイミングをずらして復帰できるのでむしろそこそこ優秀な部類だが、天空は欠陥だらけで簡単に対応できる技を持つファイターが相手の場合は真上からも横からも簡単に阻止される。飛び道具を使った阻止は縦横共に苦手。また斜め下に吹っ飛ばされるとほぼ無力と化す。カウンターにも弱い。
・着地がやや弱め。落下速度は速いのでこれと空中技の組み合わせで工夫しよう。
・対剣キャラ限定の事情ではあるが、自身の主力技より発生が速いもしくは後隙の短い剣技には対応しにくい。
1度の掴みによる掴み攻撃でワンパターン相殺が1回しか回復しない。特別連射速度が速い訳では無いのだがマリオ等のように連打する事でワンパターン相殺を分散させようとしても回復しないのは致命的な欠点である。

先述したように全体的な火力は高く、そこそこの機動力から割と細かい立ち回りも得意でガードを固められても崩せる投げコンを多数持つが、復帰面が主に弱く全体的に発生が遅いのでこの点が難易度を引き上げいわゆる我慢を要求させてしまう
復帰面に関してはなるべく飛ばされない事を心がけつついざ復帰技を使った時はしっかり工夫して復帰したい。空中ジャンプで復帰できる時はなるべくこれで復帰しよう
また投げコンは決めれるようになれば強力な手段ではあるが慣れるのがやや難しく最終的には慣れて覚えるしかない。トレーニングモード等で練習しよう
最終的に堅めの立ち回りになるか、バースト帯で強力な技をブンブン振るう強気な立ち回りになるかとで結構変わってくるので自分に合った戦い方を把握してそれを元に極めていきたい。

214
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/06/27 (火) 18:14:59

技解説
主力技解説
・弱攻撃:殴打→蹴り上げ→振り下ろし
地上での主力技。また発生4Fとアイクの技では最速の部類なので貴重な暴れ手段の一つ。ダメージも11%と悪くない。高%で自分も大胆に動けない時とりあえず追い出しつつダメージを稼いで崖上がりを狙うというシチュエーションでも重宝する。
弱1段目は全体フレームが比較的短めなのでそこから掴みや下強に派生させたり高%である程度浮く相手なら横強で初見殺し気味のバーストを狙うのも悪くはない。
ただしジャンプ抜けには弱い。この場合2段止めにして少し前に相手を押し出してからジャンプ抜け読みで空前等を置くとかなり効果的。
また暴れで出す場合は止めてしまうと反撃を貰うケースが多いため素直に弱3段出しきってしまった方が良い。

・横強:振り抜き
主に牽制、反確、暴れ潰し、差し返し、拒否で使用する。先端だとバースト力が上昇する。
空前、空N、空後等で空中での隙が生まれるような局面で刺さる。普通に撃ってもガードされてしまえば出も後隙もでかい隙だらけの技になってしまうのでなるべく先端を意識して反撃を取られない使い方をしたい。近距離ガードされると反確でそのままバーストされてしまうって事もあるので尚更である。
速い相手にはステップやステップからの攻めに対する拒否の手段として仕事する。

・下強:斬り払い
地上での重要な展開始動技。発生の速さもだが当たれば真上から斜め前に飛んでいくので実質威力20%越えの超優秀技になる事も少なくない
歩きから出せば微妙に滑る事を活かして差し込みに使えるし、攻撃キーコンなら着地狩りにいわゆる立ちキャンを使ってすくい上げたり、崖掴まりの1Fに当てたりと様々な用途で使える。
また上投げよりも打点が低い分高%でもこちらの方がコンボが繋がる事も多い。
その一方ガードされた時の後隙は案外馬鹿にならず、高%で当ててもアイクの技では珍しく大して吹っ飛ばないので注意。
また打点が低すぎて浮いてる移動攻撃には当たらないってケースもままあるので過信は禁物。ダッシュ攻撃などに合わせたい場合は注意。

215
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/06/27 (火) 18:46:55 修正

・空N:斬り回し
アイクの三大空中主力技の一つ。当てると斜め上方向に飛ぶ為コンボが繋げやすく、また後述する空前に比べ、前方向に対する発生が速い為近接ではこちらの方が使いやすく、かつコンボを繋げていけるので極めて優秀。空対空での牽制でも使いやすい他、着地狩りの展開に持っていくのも悪くない。
差し込みで使える他、めくりで後ろ際に当てたり、引き際に当てて相手が突っ込んでくる所に置いたりと様々な用途で使える。高%なら空上に繋げて早期バーストが狙っていける他、更に高%になればこの技で直接バーストが狙える。また、空前運びが出来る物のそこまで吹っ飛ばず継続出来ない時、こちらに切り替えて浮かせつつ再びコンボを起動出来るという事が出来るので上手く行けば一気に70%ぐらい稼げてしまう事も****。
出始めはアイクの技では珍しくそこまで反撃を貰わないが中間以降だとガードされやすく隙が大きいので注意。X程全体フレームが長い訳ではない物の、崖際で使った際の自滅には相変わらず注意が必要。

・空前:斬り下ろし
アイクの三大空中主力技の一つでアイクが最も振るう可能性の高いメインウェポン出こそやや遅いがそれ程悪い訳では無く、ほぼ全ての要素で使う事が出来る万能な技。後隙も割と少なめでこれを活かした運びは強力。フラッグネルと呼ばれる事も。アイクの真上から攻撃判定が出る為戦場のようなステージでも重宝する。
一方で真上から振るうという関係上正面にはやや発生が遅くそこに潜り込まれて隙が出来るという事も。特にスピード系キャラにはガードされてから下に潜り込まれて対空上スマ、掴みを通されてしまう事があるのでこれらには多用は禁物。また引き空前は強い物のステージはどこまでも引ける訳ではなく限界があり、振り過ぎると逆に自身がラインを詰められてピンチになる。そういう事にならないように空N等に切り替えたり、横Bでラインを回復したりという事をしたい
投げコンでは蓄積からバーストまで使用できる為多く使う事になるが、ワンパターン相殺の影響を受けてダメージが落ちると最低9%まで落ちてしまうのでバーストまで使っていきたいなら温存しておきたい。掴み打撃も忘れずに。

・空後:振り向き斬り
アイクの三大空中主力技の一つでこちらも人によっては一番振るう可能性が高い技になる同じく用途は全てだが、空前に比べると若干汎用性で劣る。
発生7Fとアイクの技の中では極めて発生が速い方で主力のバースト技として据える事が出来る。そして威力も14%と空前よりも高水準。吹っ飛ばない頃はそれ程でもない性能だが、吹っ飛ぶようになってくるにつれて強力になっていき、バースト圏内になってくる頃には牽制で小Jから何度も振り回せるぐらいの高性能技と化す。また発生の速い他の剣士キャラに対しても発生負けせず振るう事の出来るウェポンの一つで上の方に判定が広い為信頼できる空対空のウェポンである。空前運びから急降下を織り交ぜて早期バーストに持っていくという芸当も出来る。こちらも引きながら撃っても強い。
やはりというべきか後隙がでかく、特に空後は普通に振るえば着地まで技を振る事が出来ないので隙だらけになってしまう。その性質の関係で慣れが必要なので少しずつ練習して振っていこう。慣れない内は封印しても他二つがしっかりしていれば十分戦えたりする。それを逆手取って隠し玉として使うのも十分有用だ。

217
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/06/27 (火) 22:27:21

・横スマッシュ:叩き割り
アイクの象徴とも言える要素が詰まったバースト用の技。以前は封印安定と言った物の、1年間研究を進めるにつれ普通に使用できる技だと認識したので改めて解説。
確かに出の遅さ、後隙の致命的な大きさ、先端の弱さ、そして横強からうっかり出てしまう致命的な点があるのは事実だが、それを差し引いても威力に優れ当てれば早期バーストが望め、そしてなんと言っても範囲の広さが随一。斜め前から飛んできた相手に刺さったり、めくろうとした相手に刺さったりと相手のミスを狩ってバーストに繋げれる力が強い。崖掴みにも刺さる可能性がある為、地上で出せる重い空前みたいな認識で使えばいくらか使いやすくなるはずだ。

・上スマッシュ:叩き下ろし
広範囲のバースト技。射程範囲に入った相手によく刺さり特に空中から攻める相手に対して刺さりやすい。また長い持続から回避にも刺さる。この技も最終的に地面より低く判定が出るので崖外の相手に対して当たることも。
しかしいつどこで撃つと言う物は実はそこまで明確ではなく、言ってしまえば読みと勘と経験でぶっ放す技になるのでここら辺は慣れて覚えるという事以外は言えない。使い手特有の唐突にぶっ放す魂の上スマと言われる程願望が入った撃ち方になりがちなので、いつどこで撃つかなんとなく頭に浮かべながらここぞという時に撃ち放とう
撃つときにかなり低い姿勢になるので相手の打点の高い技を回避しながら撃つという使い方も可能。

画像1
こちらがその判定を透かして上スマッシュを放つ瞬間。打点の高い直線的な攻撃を筆頭に回避可能。他にも空後が狙い目。

・横B:居合い斬り
復帰として使える技。横には非常に長く移動出来、阻止に弱い分ちゃんと使えば戻ってこれる性能はある。斬りつけの性能も中々。
しかしこの技の真骨頂は空中版だとある程度の高度以下の場合斬りつけが発動してない場合、着地隙が生まれない事にある。これによって引き離されたラインを一気に詰めて回復したり、逆に相手にラインを詰められて逃げるように使ったり、相手への追撃で走行では間に合わない時の追う手段として使ったりとやや低めの移動力を補える性能を持っている。
地上版はダッシュ攻撃と択になるが、ガードされると反撃を貰いやすく、また相手が背後に居ても斬り付けが発動してしまうので注意したい。こちらは近距離での突撃手段としての使用が主。空ダと絡めて変則的な動きをしながら突撃したりするのも悪くはない。

その他の技
・上強:叩き上げ
威力が高いが発生は遅い。持続は比較的長いが持続部分はカス当たりになってしまう。上スマで間に合わない場所における着地狩りや接近狩りに。

・DA:斬り上げ
着地狩りに強く出れるDA。詰めた相手に対する追い出し択としても優秀。ただしカス当たりが存在していたり、根本をガードされると容易に反撃を貰うので多用は出来ない。地味にアイクの技では地上で攻めれる数少ない技。

・空上:振り回し
持続がとにかく長い。剣以上に範囲が広く当たらないと思ったところで当たってバーストしたってケースもよく見られる為上投げからの上空追撃では積極的に振るいたい。特に回避相手には絶好のカモと化す
なお対地技としては当たる事はある物のほぼ一切期待できない。

・空下:叩き落とし
出が遅く後隙長い持続短い...とこれだけならメテオ以外は劣悪な性能に見える。しかしダメージが15%もあり、吹っ飛ばし力も他の技を凌駕するレベルであり空中での暴れの最終手段として使う事が可能。ジャスガでなければノックバックも大きく中々反撃を貰う事が無い。メテオの先端部分では無く根本を当てる事で暴れに期待出来るという他の技とは毛色が異なる技になるので使う場合はある程度慣らしておきたい。空中では普通にメテオ技として使うのがベストだが先述した通り横に飛んでも普通に威力が高いので高%ならどちらでも構わない。

・下スマッシュ:振り払い
前回そこそこ書いたのであまり書く事はないので追記気味に。崖奪いから空後が繋がらなさそうな時に使える択として使える他、一応前の部分でも横強より僅かにバースト力が高い事を活かして初見殺しの入ったバースト手段として使える。

・NB:噴火
前回の解説で書いたのであまり書く事はない。敢えて書くならば、最大溜め直前辺りから撃った直後にアーマーが付いてるので崖上がり攻撃に合わせる事一点に絞った使い方が出来るという事と、空ダ4式を利用した不意打ちが強いという事ぐらい。上方向に範囲が広いので直線的な復帰技に対するバースト手段としても無しでは無い。

・上B:天空
前回は散々ネガキャンしたので今回はある程度ポジキャンしておくと、ダメージは20%とある程度纏まっているのが特徴。またアイクでは数少ない多段ヒット攻撃になる為、特にリュウの暴れセービングアタック対策としてはある程度機能しない訳では無い。
運びから強引に叩き落としたい場合もまとまったダメージと共に地面に落として上げるのでその点もそこそこ強い。カウンターには弱い物の、高い位置から撃てばアーマーの効果で耐えてくれるのも特徴。崖上がりで空前や空Nが差しにくい状況でこれで壁張りながら打ち上げるという使い方もあり。
ただ撃つにしてもすっぽ抜けが怖いのでやはり安易に撃てる技では無い。よって意識の外でも構わない。

・下B:カウンター
倍率1.2倍。最低威力は10%。出は遅いが持続が長い。こちらも前回の解説である程度書いたので殆ど書く事が無い。

218
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/06/27 (火) 23:15:12 修正 >> 217

おまけ:カスタム技編
※通常ルールでは全く使わないので興味のない人は飛ばす事を推奨

アイクのカスタム技は他の技に若干アレンジを加えた程度の技が多い。なので使い方その物が大きく変わる技はそこまで多くないが、微妙に使用用途を変えれる、もしくは違う技もあり一概にコンパチ技とは言い難い物も。今回は全てのカスタム技を解説する。

NB編
・NB2:旋風
いきなり使用用途がやや異なる技。風属性の攻撃となっておりダメージが大幅に抑えられている。その分チャージ速度が速まり反動のダメージも受けず、おまけに攻撃後は風の効果か浮き上がるようになっている。最大溜めはちゃんとアーマーも付いている。復帰阻止に使用する点は変わらないがそれこそアイクの天空のような直線的な復帰技を押し出す時に使いやすくなっている

・NB3:大噴火
通常の噴火よりも更に大きくなった炎を吹き出す攻撃。その大きさはなんと戦場の一番上に届くレベル。ただ大きくなっただけでなく持続も伸びており、そしてどれだけ溜めても縦ベクトルにしか飛ばないのが特徴。その分反動も15%になっており、周囲の威力は落ちているのでややバースト力が落ちている点(根本はむしろ上昇している)、ダメージが落ちている点が劣る。何よりも横方向へと範囲が伸びてる分下方向への範囲が狭くなっておりこの点で通常の噴火とはやや異なる使い方をしなければならない。最大溜めが一番威力が高く、最大溜め直前でもダメージを受けるのも大きな違い。
その持続の長さとあり得ないぐらい広い範囲を活かして崖上がりを狩る技としての運用が基本となるだろう。

横B編
いずれにも共通して、復帰距離を短くした代わりに復帰しやすくなっているカスタムとなっている。

・横B2:肉弾
放っても斬りつけが発生せず、高速で体当たりをかます技になっている。一見劣化に思えるが、この技は斬りつけが発生しない代わりに相手をすり抜ける事が出来るようになっている。ガードされててもお構いなし。また体当たりがヒットした時のベクトルは縦になっているためファルコとは違って確定で追撃出来る訳では無いが、着地狩りの読み合いに持っていく事は十分可能な技になっている。
一方でどれだけ溜めても威力は上がらず、また復帰で使っても技が出きった後は慣性を維持するのではなくそのまま元に戻るため結果的に復帰距離が短くなってしまった。無敵がある訳では無いので飛び道具にも相変わらず弱め。
ただそれらの欠点を見てもなお強みの方が大きくアイク屈指の強カスタム技だ。通常と同じく着地隙もほぼ発生しないのでカスタムありではこっちに切り替えてしまっても問題ない。

・横B3:不屈斬り
移動速度を遅くした代わりにチャージ時間が伸び重みのある斬りつけを行う。その威力はクッパを120%程でバーストさせるレベル。また突進時にスーパーアーマーが付いている為上からメテオで狙われようが、飛び道具を撃たれようが問題なく突進して復帰する事が出来るようになっている
しかし距離は肉弾のそれよりも大幅に落ちたため明確に横復帰力が落ち込んでしまう。またアーマーがあると言っても風属性による押し出しには無力なので注意したい。他二種と違いモーション終了後行動可能になるフレームが長く不意打ちでも使いにくい。よく考えて採用しよう。採用する際は進天空と組み合わせるのも候補。

上B編
・上B2:進天空
通常よりも更に斜め上に剣を投げ斜め上に飛んで斬り下ろす。通常の天空は真上に飛ぶ性質を持つので復帰の融通が効きやすくなるこのカスタムはありがたい存在。またダメージも僅かながら上がっておりその点においても強化されている。
純粋な上昇力は下がっている点や斬り下ろす時の崖掴みが難しくなっている点は要注意。崖上に着地してスマッシュ等を食らってバーストしてしまっては目も当てられない。

・上B3:天空波
早い話がファイナルカッターと化した天空。原作で出せた衝撃波を違う形で再現した技となっている。衝撃波はダメージこそそこそこだが威力には期待できずファイナルカッターより少し性能の良い程度の技でしかない。むしろこの技の最大の長所は、全体フレームが短いので素早く縦復帰できる所にある。これにより復帰阻止のメテオや飛び道具等は食らいにくくなる為必然的に復帰阻止に対する生存率が上がりやすい。
しかし全体フレームが短くなっている所が逆に天空では僅かに効いた横への復帰力が無くなっているという事でもあるので若干普通の天空とは使い勝手が異なる。上昇力も少し落ちている為どちらを使うかはお好みと言ったところ。

下B編
・下B2:麻痺カウンター
その名の通り痺れ状態にさせるカウンター。しかし通常のカウンターより持続が短くタイミングがシビア。それに類似した性能である魔女の技はこれよりも持続が長くローリスクに使えるというのに...
しかしこの技も弱い訳では無く、序盤なら安全に掴みを通していけ、100%を超えたなら弱攻撃程度でも上スマが間に合ってバーストさせれるぐらいの隙が出来る為逆転要素になりやすい。
総じて通常のカウンターより癖のあるが上手く使えば強力な切り替えし手段となる物と見るべきだろう。

・下B3:スマッシュカウンター
こちらも名前の通り特大の威力のカウンターになる。その威力は終点中央からボム兵をカウンターすればロボットレベルの重さで一撃でバーストさせてしまう攻撃力となる
しかしあまりに技発生が遅く、モーションの短い技をカウンターしても余裕でガードが間に合うレベルで遅い。また、比較的返す対象として使いやすい空中攻撃に対するカウンターとなると割と高%になりやすい。スマッシュを返すなら通常のカウンターでも割と事足りる事が多いのもマイナス。よって非常に使いにくいがとにかくカウンターによるミスを拾った早期バーストをしたい人用向けの技。
なおこの技を使うと通常のカウンターのモーションをじっくり見る事が出来るためモーションに興味のある人は見るのも一興。

219
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/06/30 (金) 11:53:58

立ち回り考察
先述した通りこのキャラは人によって非常にプレイングスタイルが変わりやすく、一つの技を主力として振るっててもそれが大雑把に待ち重視、攻め重視と分かれてくるので全てのアイク使いがこうであると決めつけた立ち回り、と言う物は存在しない事を前提に置いておこう。
共通しているのは空中技を主軸に置きつつ掴みを通して火力を稼ぐ点と、相手の僅かな隙を見計らって技を撃ちこむ点だ。この二つは使うならば必ず意識しておきたい。

アイクは全体的に技が当てにくく特にバーストの局面では苦労し結果試合展開が長引きがちになる。なのである程度相手の癖を読んで行動する必要があるが、主に技を喰らったり外した時に防御側の行動を見て少ない時間で相手の癖をある程度仮定しつつその後どういった行動をするか読みつつそれに対応した技を振るっていけば技が格段に当てやすくなり有利な展開に持っていきやすい投げ、空N、空前、空後、下強と相手の動きを見やすくさせる技をアイクは複数所持している為これらの技を当てようとした時に相手がどういった行動を取ったかはしっかり確認しておこう。
と、こう書くと読みが重要だと思われるがそれは立ち回りがあってこそという事を忘れてはいけない。立ち回りによって相手の癖を導き出しつつ火力を稼いだりバーストに持っていくという過程がある以上常に振る技の振り方や距離管理、何より追い出されたら一部キャラ相手には詰んでしまう防御面の脆さをカバーする為にもやはり立ち回りを鍛えるに越した事はない。技だけでなく、ステップや急降下など動きの面でも相手がどういった行動をしてくるかは多少なりとも影響させれるためテクニックを駆使するのも有効。

基本的にはジャンプから行動していくキャラだ。相手の接近に対して空Nを引っ掛けたり、ステップに空後を置いたり、相手が引くところに空前で追撃したりと空中だけで色んな行動が出来る。しかし空中技ばかり振り過ぎると大きめの隙が露呈してしまい簡単に潜り込まれて劣悪なコンボ耐性により素早く火力を稼がれ劣勢に陥る事も多い。それらの隙を隠すためにもガードには掴みから絶大なリターンを取り、暴れには弱、反撃から火力を稼ぎたい場合は下強と地上技の駆使もまた重要
浮かせてからは飛んだ方向にもよるが基本的には空前などで運びやすいベクトルになっているので撃ち込みたい所。ただし浮きすぎたり回避が間に合うケースや、逆に飛ばなさすぎるケースもあるためそういった場合はタイミングを置いてから放つと当てれるケースが多い。
投げからの展開はいわゆるベクトル変更がされる場合があるが、火力の面でもバーストの面でも対応した撃ち方があるので相手をよく見て繋げていこう。

これまで書いてあった序中終盤の立ち回りは今回は省略。その代わり主に行き詰まりがちなキャラに対する個人的な対策を数キャラ分書くのでこちらを参照。

220
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/07/05 (水) 07:23:52 修正

キャラ対策
マルス&ルキナ
画像1画像2

マリオ
画像1

キャプテン・ファルコン
画像2

222
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/07/05 (水) 10:38:20

動画
今回からYoutubeの限定公開機能を利用した動画を用意する事にした
1つ目はアイクの主要なコンボメニュー+崖奪い関連、2つ目は実際の試合のリプレイとなっている。見たい場合は折りたたみからどうぞ。
コンボメニューは解説を合わせて読んでおくとより理解が進むと思われるのでこちらもセットで。

223
Aether Kong(テンクーコング)@Radiant_Doctor スマブラ攻略総合管理人 2017/07/05 (水) 10:45:51

終わりに
一通り終えたのでひとまずはこれにて終了。
前回の解説も一部参照できる物の、大幅に内容を濃くして書き画像をほぼ削った代わりに動画まで付けたのでこれでよりアイクに興味を持って頂けたり理解度を深めて頂ければ嬉しい限り
追記修正がある場合はこっそり書いていきます