終末要因、第四。
その汚名は無感動。
無個性な世界。
掛ける言葉などありゃしない。